« バイリンガル子育て | トップページ | 出産準備教室 »

2006年3月21日 (火)

森の散歩

うちのすぐ裏には TEUTOBURGERWALDという森があります。
森の中は 散歩道?獣道?が縦横斜めにできていてそこを老若男女散歩、ジョギング、
ノルディックウォ-キングなどするのです。
今はなれましたが こんな人っ子一人通らないような道、を いざ散歩に出るとなんと多くの人と出会うことでしょうか。

今日の午前中も娘と森のお散歩。娘にいわせるところの「木のトンネル」です。
お天気、昨日よりは寒い、日差しも弱いけどぼちぼちなんとか春らしい。
昨日の暖かさで道端の雪はほとんど消滅していた。
まず 近所に住むお知り合いと出会う。彼女は私たちのノルディックウォ-キングのトレ-ナ-。去年の夏にアキレス腱をきってしまって その後わたしは妊娠したのでとんとご無沙汰でした。しばらく立ち話。彼女の子供たち、彼女の仕事のこと、私たちの近況などなど。

その後ご老人たちのノルディックウォ-キングチ-ムがぞろぞろと歩いていた。

森の中はマイナスイオンがいっぱいというけれど 本当に気持ちがいい。
どこかできつつきが木をつつく音が聞こえていた。
地面には なんの植物だろ?球根かららしい芽が芽吹いている。
もう少し暖かくなると こちらも花粉が飛び出す。
わたしは ハンノキ、白樺に反応してしまう。くるみも怪しい。

早く暮らしやすい気候になるといいなぁ。

|

« バイリンガル子育て | トップページ | 出産準備教室 »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

ノルディックウォーキングってどんなん?雪上散歩って感じ?

投稿: mico | 2006年3月23日 (木) 11時24分

ノルディックウォ-キングは ストックを使い 心拍数をコントロ-ルしながら歩くいわばスポ-ツです。雪の上ばかりじゃなく普通の道でもできます。
グル-プに参加しても 団体行動にあまり意味がないドイツ人たちとの行動なので
本当に自分のぺ-スで歩けます。
しっかりやりたいときには バリバリと、
景色を楽しみたいときはゆったりのんびりと。田舎なんで 牛、馬、羊を眺めながらの
ウォ-キングはまたよいものです。

投稿: ○さん | 2006年3月24日 (金) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53394/1115762

この記事へのトラックバック一覧です: 森の散歩:

« バイリンガル子育て | トップページ | 出産準備教室 »