« 人の使命 | トップページ | 息子を持つお母さん »

2006年8月 6日 (日)

低音の小鳥

ベルリンに行っている間 今年のザルツブルグ音楽祭で演奏された「フィガロの結婚」が放送された。その日は義父母につきあって11時半頃までシャンパンを飲み そのあと眠りに行って テレビをつけたら ARDで流れていた。
ちょうどスザンナのアリアのところだった・・・・・とてもうまい歌い方、へえ、こんなうまい人なかなか聞けれないわ・・・・と思ってしばらく聞き入っていた。
ただ うまい、のだけど 声質はスザンナではなかった。スザンナは14から16歳くらいの小間使い。どうみても声の感じから23から25歳くらいにしか見えない。
・・・・・・・・・・・と、よく見てみると・・・・・・・
アナ ネトレプコじゃないか!!!!!!
アナは 今たいへん脂が乗ってて人気もでてきて 確かにうまいけど、アナはスザンナじゃないでしょ?!
ようは 演奏する楽器が違う、ということであって、例えば 小鳥の声を表現するのに、木管を使うのであったら ピッコロやフル-トを用いる。それを ファゴットやチュ-バを使ってしまうのと同じことである。さわやかな風を弦で演奏するなら 間違いなくバイオリン、でもそれをコントラバスを使う、それと全く同じことだ。
なんじゃこりゃ?
結局最後まで見てしまったけど、アナ、拍手少なかったわ。。。。。。
音楽の演奏家は 作曲者が何を伝えたかったかを正確に勉強し それを自分の解釈に置き換えて演奏していくのだけど 話をかえてしまっちゃあ いけないでしょう?!
たとえアナがすばらしい演奏家であっても!
演出家がどうしてもアナを使いたかったのか?なぞ。

でもアナはすばらしいとおもう。ヴィラツォンと組んで今世界中を演奏しまくっている。
来年8月22日、実はうちの隣村にあるスタジアムで彼ら二人はリサイタルをする。
そのチケット、うちはすでに入手しているのさ。

|

« 人の使命 | トップページ | 息子を持つお母さん »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ほほー。調べてみたら、椿姫が十八番らしいね。今度買ってみようかなー。
最近オペラも全然聴かなくなってしまった。
1000円とかでぷらぷらオペラ観に行っていた日々が懐かしいです。
オペラに限らず、いろんな意味で本当に贅沢な日々だったなぁ。
まぁ今も贅沢に過ごさせてもらっていますが!

投稿: mico | 2006年8月 6日 (日) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53394/2955787

この記事へのトラックバック一覧です: 低音の小鳥:

« 人の使命 | トップページ | 息子を持つお母さん »