« ぼちぼちよい知らせ | トップページ | 夏風邪 »

2006年8月13日 (日)

馬 馬 馬!

お隣の町にご主人の実家があるという日本人の奥さんに誘われて 馬に乗りにでかけました。このあたりはもちえろん、ドイツでは馬は身近な動物らしく 子供の下着なんかにも馬がプリントされていて ちょっと笑えます。
娘は動物が大好き、海の生物はもっと好きだけど ドイツじゃなかなかお目にかかれない。ということで 馬に会える!というニュ-スは彼女をたいへん喜ばせた。
誘ってくれた家族にも子供が2人、お姉ちゃんのりさちゃんは 今年から小学校、弟のレナ-ト君はうちの娘より半年大きくて3人は馬が合うみたいで(洒落じゃあありません)
なかよく遊べてました。りさちゃんは 日本語 ドイツ語をたくみに使いこなす、いわば私の子供たちをああさせたいという目標のお子さん。右に左に ドイツ語と日本語をまるでスイッチを切り替えるがごとく話す。すばらしいの一言。
うちも 単語の数や長文はできないけど とりあえずパパにはドイツ語、私には日本語を
使い分ける脳は出来上がってきたようなので きっと6歳ごろにはりさちゃんみたいに
話ができるようになるわ~、期待!!!!

ということで 馬、といってもシェットランドポニ-に乗ることになった。
娘のポニ-、名をピノキオという。名前もずいぶんと娘の気に入ったらしい。
一人で背中にまたがり パパに手綱を引かれて さあ 一時間の馬上散歩へ。
りさちゃん達の馬はボビ-といいました。わたしはしたの僕ちゃんとべビ-カ-でお供。
お天気にもめぐまれて 景色も素敵で気持ちいい、麦畑、羊の放されている草原・・・・・
鞍からおしりがずれても 一人で直せたり 案外娘はそのすじがいいのかもしれない。
一時間あの姿勢で・・・・娘はたいへんよくやった。
そこには 馬が74頭ほどいるらしく、馬にのるわけではないけどバ-バキュ-をしにこれたり わらのブロックで遊具が作られてたり、ほかにもやぎやろばなどもいて 子供をつれて遊びに来るにはいい場所だ。
帰るとき 娘はピノキオやりさちゃん、レナート君と別れづらい様子。とても楽しかったと見える。
「またこれるよ!また皆でこようね」とたしなめる。
車の中ではすぐに眠ってしまった娘・・・・・・・・よくやりました、本当に また来ましょうね!
 

|

« ぼちぼちよい知らせ | トップページ | 夏風邪 »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53394/3084185

この記事へのトラックバック一覧です: 馬 馬 馬!:

« ぼちぼちよい知らせ | トップページ | 夏風邪 »