« 水疱瘡 | トップページ | 金髪碧眼 »

2006年12月27日 (水)

年のとり方

言語をめぐってまた論議?(けんか)が起こった。
正確に言うと 義父の話し方(表現)が陰湿なことについて私が反論をした、のだけど。
9月のときといい、どうしてああいう話の振り方しかできないのか???

私は娘に頼まれて紙を切り抜いてひらがなをつくってそれにテープをはって NHKのわくわくさんをまねしてワッペンとして服に貼り付けていたら 今回はそれが気に入らなかったらしく
「彼女にとっての重要性はなにか?」と 普段きいたこともないようなドイツ語の単語をつかって話をしてきた。
9月のときの経験もあるので 即「私にわかりやすいようにもう一度はなしをしてください」と返答、何を意味するかはわかってたけど
話し方ってもんなあるじゃない?!
私は日本人の母親として日本語を彼女に教えていくのは義務、
彼女とただ遊んでいるだけのことにどうしてそんなに腹を立てる必要があるのか?

娘がひらがなに興味を持ち始めて 彼女は当然アルファベットにも興味を持ち始めているけど たとえばひらがなを教える?遊ぶときに「みかんのみ」と話をしていくけど アルファベットはどのように話をしたらいい?「○○のM」?え?ほんとうにそれでいいの?Mの発音ってどうやっておしえていくの?
やっぱりこれは私には教えられないよ、
だから手を出さないように控えているのに。

昨日の昼、彼はスプーンの持つほうでプリンを食べていた、わざと
娘にみせるために・・・・・
あんた、日本語教育の重要性かドイツ語教育の重要性かを語るまえに
あんたの行動を正すことを先にしたらどうなの?
私は私が正しいと信じて娘に日本語を教えている、私に何が重きかどうかをそれほどまでに言いたいんだったら もう二度と娘の前で 模範とならない行動は控えてくれ!!!

ああ、これが75歳のすることか?75歳にいうことか?
ああいう年寄りだけにはなりたくないよ・・・・・
まったく残念だけど 主人の両親は私の見習いたくない年のとり方の
いいお手本だ。
自分の主張ばかりするが内容がともなっていない・・・・・
いろいろ言う前に よく考えてみてよ、いうだけのことをあなたたちはやってるの?

9月に起こってまたすぐこれだもの、必ず3度目はやってくる。
う~ん、今度はどうやって対応しようか・・・・
思い切って「パパァ~、私と話すときはそんな話し方しちゃいやぁ~ん!」とかやってみるか?
彼を変えることは不可能、(良く)変わっていける自分をラッキーと思おう。大事なのは過去じゃない、やっぱり未来だ。

あ~あ、だんだん強くなっちゃって わたし 日本へ帰って生活ってもうきっと無理・・・・・・


|

« 水疱瘡 | トップページ | 金髪碧眼 »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

ファイトだ!バイリンガル育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53394/4697838

この記事へのトラックバック一覧です: 年のとり方:

« 水疱瘡 | トップページ | 金髪碧眼 »