« 娘の好きなこと~屋内編~ | トップページ | 死闘 Gegen Brombeeren!! »

2007年8月17日 (金)

お褒めのお言葉

昨日は娘の音楽教室第2回目でした。
「音楽いくぅ~」娘のやる気は満々です。
28日から日本へ行くので再来週から10月18日のレッスンまでこれなくなるのでその旨をClaudiaに伝えなくてはいけないので少しはやめの2時に自宅を出発。
先週は村役場の駐車場に車を止めたので 今日もそれを狙っていったのに、なんと
Wochenmarkt、市場になっていて駐車不可能~
内の村は中心部にたくさんの駐車場があるので次の駐車場に駐車して徒歩で行く。
私達は一番目だった。
Claudiaに急ぐことなく用件をつたえ娘を残して私は家へ帰った。
帰りは少しWochenmarktをブラブラ~
チーズやさん、パン屋さん、お花やさん、魚屋さんの車が立ち並ぶ。
Wochenmarktがあることは知っていたけど来て見たのは初めて。
先週はなかったのに・・・・・なぜか?
そうだ、今日から村に移動遊園地が来る、だからMarktplatzが使えないから、今日は
ここに市がたっているんだ、納得。
ひやかすだけで何も買わずに家へ戻る。

お迎えは15時半ぴったり、とClaudiaに釘をさされたので遅れないようにでかける。
小学校の建物にも駐車場があることをチェックしたので今回は小学校の駐車場まで
乗り入れてみることにする。難なくクリアー。
私が駐車するや否や タベアちゃんのお母さんの車も駐車場に入ってきて私の横に駐車。
「2人は仲良く一緒に座ったわよ~」とタベアちゃんのお母さん。
話しながら一緒に教室の前まで行く・・・・・タベアちゃんのお母さんはレッスン中に入室、入ってもいいらしいが私は外で待つことにした、私がいることで娘の集中を邪魔したくなかったから・・・・・
お迎えのお母さん達がどんどんやってくる。
その中で・・・・あれぇ?みたことある・・・・・のお母さんが2人の女の子と一緒にいる。
ちら、ちら・・・と目配せしていたら向こうから「EIKO?」と聴いてきてくれた。
彼女はJuta,娘のハイハイグループの主催者だった女性だ、娘のハイハイグループは
3ヶ月くらいしかいかなかった、何人かのお母さん達の感じがよくなかったからだ。
でもJutaは親切だった、確か子供はKirstenという名前だった、娘より半年以上大きかったと思う。
つれている2人の女の子は双子の姉妹、Kirstenのお姉ちゃん達だそうだ、その上に
Jutaはまた双子の男の子がいるらしい、5人兄弟、二組の双子~
普通は月曜日のクラスだそうだけど、今週は都合が悪かったので木曜のクラスに出席させてもらったのだそうだ、だから今週彼女がいたのは特別なこと。
彼女が私を覚えていてくれて(しかも名前まで)とても嬉しかった。

さて終わりの歌が聞こえて来た♪歌が終わるとともに子供達がドアを開けて飛び出してくる。娘も不安げな目をして出てきた、私が来ているかどうか心配しているんだろう。
私を見つけやっと安心した表情になり「おかあさ~ん」と飛びついてきた。
「楽しかった~♪」一言目にそれが聞けて嬉しかった。
さあ、上履きを脱いで靴をはいて家に帰ろう。
娘が彼女のテンポでのろのろやっているとClaudiaが帰り支度をして出てきて私にかけた第一声はこうだった。
「あなたの娘さんはすばらしいわ。どの曲も一番最初に反応するのは彼女、しかも
ちゃんとピアノが要求する動きをとれるの。私はもう何年も子供の音楽教室をやっているけれど こんな子供は初めてよ!!」

これほど私を嬉しくさせるほめ言葉をもらったことが今までにあっただろうか?

Claudiaと別れて娘を思い切り抱きしめた~「お母さんは猛烈にうれしいんだよ~ん」
「音楽 楽しくてよかったねぇ~♪」

そしてふと、こんなことを思う~
今まで私が手がけてきたことが この娘を育てていく上で彼女にとてもいい影響を与えていると感じる。もしかして この娘を育てるためにわたしは生まれてきて生きてきたのかもしれない・・・とな。
胎内記憶の本にはこうある、親が選ぶのではなく子供が親を選んで生まれてくる、と。
娘は私を選び生まれてきた、そして今のところ 彼女の才能をうまく軌道にのせられるようになりつつある?彼女が生かされるために娘は私を選んだのか?
その彼女を育てる私は 私の母のもとで わたしの娘にしかるべき指導や教育がほどこせるように教育されてきた、私自身も私の母を選んで生まれてきた、らしい?
命のつながり、使命のつながりってなんだろう?
そんな不思議をかみ締めながら 家路についたのでした。



|

« 娘の好きなこと~屋内編~ | トップページ | 死闘 Gegen Brombeeren!! »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

日々の子育て♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 娘の好きなこと~屋内編~ | トップページ | 死闘 Gegen Brombeeren!! »