« 私は真っ赤な林檎です♪ | トップページ | 2007年を振り返って~そして2008年に向けて »

2007年12月18日 (火)

左手に武器を隠し持つ男達

その後私はネットで2回、こちらのレンタルで1回「どろろ」を見てしまった。
こんなにはまった映画は2001年の「マレーナ」以来、2005年の「カンフーハッスル」も
楽しかったけど、ぶっ続けで3回はみなかったし・・・・
何が私をこんなにひきつけるのか?
強い男がすきなのだった、しかも口数が少なく、設定がシリアス・・・・・・
今は話し全体で「おもしろい」ととらえているけれど コレ、花も恥らう高校生のころだったら 私は絶対にこのキャラに狂っていたと思う、だって妻夫木君を素敵、とかはぜんぜん思わないし、百鬼丸すてき~、とかも思わない、でもこの話、好き。
パソコンの待ち受け画面は娘にせがまれての「プリンセス達」からいともたやすく「どろろ」
に換えられてしまった~

そうそう、高校生のころ、わたしは「スペースコブラ」のコブラに狂っていた。
空を見あげて「早くタートル号で私を迎えにきて~」と願っていたものだ。
彼は口数は少なくはなかったけれど あの強さ、勇敢さ、判断力、そして設定は以外にシリアス。
テレビ放映全話ビデオに録画したものは 今だにわたしの宝である。
そして、なんと!彼らは共に左手に最強の武器を隠し持っているという共通点を発見してしまった~!(別にたいした発見ではないけれど)
こんなことで喜べるとは、私もまだまだ捨てたもんじゃないぞ!!

強い男が好きな私も一緒に暮らす夫は 平和で温和な武器とは全く縁のない人。
現実なんてそんなもんなんですなぁ~
寺山修司の「現実世界と空想世界を自由に行ったり来たりできることは・・・・・」という一節がふと思い浮かんだ。






|

« 私は真っ赤な林檎です♪ | トップページ | 2007年を振り返って~そして2008年に向けて »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私は真っ赤な林檎です♪ | トップページ | 2007年を振り返って~そして2008年に向けて »