« インフルエンザ | トップページ | 天気 »

2008年3月11日 (火)

語学テスト~お母さん友達との話

デュッセルドルフに住む仲良しの独日夫婦ママさんと 娘が「Delfin4」の1次に通らなかった話をした。
彼女の息子さんの幼稚園では明日から同じテストが実施されるらしい(デュッセルドルフも
うちと同じ州、彼女の息子さんも4歳、娘の誕生日と2日違いってことで子供の成長を結構よく話す)。
彼女の考え方はこう・・・・・
いっそのこと三次まで行ってしまって就学前にしっかりドイツ語の補習や発音の練習に通わせたほうが(たとえば正しくRが発音できなかったりすると発音の先生のところに行かなくてはいけない)、私達のような2つの文化の中で子供を育てていこうとする場合はいいのではないか?というご意見。
なるほど、それも一理ある。
できないことは早期発見、早期治療、そう考えればいいことかもしれない。
やっぱり二親ドイツ人でない家庭で しかも近くに祖父母がいなくて・・・・・・彼女の家の環境もそうだけど それで同じようにドイツ人の家庭と言葉の面で肩を並べていこうというのは難しいと思う。
ましてやうちの娘のような性格では思慮深い娘の性格が裏目にばかり出てしまうだけじゃないか。
さてさて、できないこと、できなかったことは結果であったとして、先に目を向けよう。
きっとこのテストでの結果なんて将来になんの影響もないんだろう、こんな目先だけの判断にちまちま心惑わすのは私もやめよう。
かけている部分は補う、悪い部分は直す、それは子育てではあたりまえのことなのだから。








|

« インフルエンザ | トップページ | 天気 »

ファイトだ!バイリンガル育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザ | トップページ | 天気 »