« 「ジョー ブラックによろしく」を見て | トップページ | ひやひやついでに・・・・・ »

2008年4月 8日 (火)

2本立て

ベルリンにて、子供達を義父母に見ていていただいて主人と一緒に映画、食事にでかけました。
特に「コレ」という映画はなかったのですが、久しく映画館に行っていなかったので、上映中のもので一番興味を持った映画を見に行くことにしました。
私たち、だいたい映画はポツダム広場のCinemaXでみますが 今回も例にもれず・・・・・
選ばれしは「Der Beste kommt zum Schluss」、邦題はわかりません。
ジャック ニコルソンとモーガン フリーマンの映画です。
末期がんを宣告された2人が同じ病室に入院。そこで奇妙な同情というか友情をはぐくみ
残された時間やってみたいことをすべてやろう!と世界旅行に出かける、という、まあ、
コメディーでした。
コンセプトがコンセプトナだけに観客は年配の方が多かったような気もしましたが(若い方もいましたよ!)年齢に関係なく私や主人でも十分楽しめました。
エジプト、インド、中国・・・・・遺産での大盤振る舞い、映画やのぉ~、いくらお金があってもやらせてくれないでしょ?!(笑
スカイダイビングにカーレース・・・・・・やりたいことは その気になればいつだってなんだってできちゃう。「死」が宣告されたから・・・・・彼らは余命半年の残された時間を思う存分に生きたけれど、「死」は宣告がないだけで 誰にだっていつ何時訪れても不思議がないものなのだから 余命宣告されなくともいつだって余命宣告されているつもりでいれば よりアクティヴに生きられるんじゃないのでしょうかねぇ?
まあ、人間欲張りなので どんな状態で死が訪れても「しまったなぁ、あれやっときゃよかった」と思ってしまうのかもしれませんけどね・・・・・?
ジャック ニコルソンが 娘にあいに行くシーン、よかったでした。意地やプライドや欲さえ捨てられれば 人はもっと楽に心優しく生きて行けれるのではないでしょうか?
それも難しいことなのでしょうね。

食事後、8時ごろでしたが・・・まだ早い、さて何をしようか?という話になり、次にいついけれるか保証がないので(映画の影響でしょうかね?) もう一本映画を見に行こう~!!!!
ということになり ポツダム広場に逆戻り。

今度は「10000 BC」を見ました、主人が見たがったので。
映像には迫力がありましたが(CGってすごひ)・・・・・・・
内容は あまり面白くなかったでした~
ヒロインが連れ去られ、ヒーローが奪い返しに行く、お話でした。
土壇場で殺されてしまったヒロインが 彼女の生まれた村に残っていた魔法使い?の気を受け継ぎ生き返りハッピーエンド~。
わたし、生き返り、反対!!!死んでしまった人間は生き返らないから!

義父母さま、おりこうさんにしていてくれた子供達、楽しい時間をありがとうございました。

|

« 「ジョー ブラックによろしく」を見て | トップページ | ひやひやついでに・・・・・ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ジョー ブラックによろしく」を見て | トップページ | ひやひやついでに・・・・・ »