« シュニッツェル大好き! | トップページ | 「褒めない」という習慣 »

2008年4月 2日 (水)

誰がクロッカスをちょんぎったのか?

日曜日1週間と2日ぶりに自宅に戻ってきました。
イースターあたりは極寒のドイツだったけどその後ずいぶん温かくなって日曜日は20度近くもありました。
娘と「私たちのクロッカスとチューリップはどうなってるだろうね~」と楽しみに帰り着くと・・・・

なんと!
クロッカス達が刃のようなもので刈り取られているではないか?!!!!

誰だろう?こんな心無いことをしてくれるのは?
でも もしかしてお留守をお願いしたお隣さんがもう花が終わってしまったので 来年の球根のために花を切ってくれた・・・なんてこともありうるかもしれない・・・・・・
でもお願いしたこと以外のことを 気を利かせてやってくれるなんてことは ありえない。
しかも・・・・つぼみの状態のクロッカスまでぶった切られているっていうのは どういうことだろう??????

お隣さんに家の鍵を返してもらいがてら やんわりと聞いてみたが、知らないという。
「はさみのような物で切られているんですよ」
お隣さん「わたし達じゃないわ・・・・いったいどうしちゃったのかしら?」
うそをつくような方達じゃないので 彼らの疑い?親切?説は白紙に戻った・・・・・・

う~ん、チューリップは健全に伸び続けているし・・・・・心無い誰かのいたづら・・というわけでもなさそう。
娘も痛々しいクロッカスを見て「誰が切っちゃったのかなぁ?」と肩を落とす。

しかし!!昨日、犯人が判明したのだ!!!
うちのクロッカスをぶったぎった奴、それは・・・・・・
のうさぎ
でした。
ぶったぎったというよりは、かりかりほおばられた・・・・という表現のほうがこの際正しいのでしょうね。
お隣のご主人が教えてくださいました、「ああ、それはのうさぎの仕業だよ」と・・・・
罪の無い小動物には何の罪も無い。
うちのクロッカスがさぞおいしかったのだろう・・・・?
自然と共に生きていると 「仕方ない」ということも覚えていくのさ。

娘に早速報告、「クロッカスね~、うさぎが食べちゃったんだって・・・」
「ええええ!!!うさぎ?か~わいぃ~!!!!」
答えになってない、これも仕方ないことなのか・・・・?

|

« シュニッツェル大好き! | トップページ | 「褒めない」という習慣 »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シュニッツェル大好き! | トップページ | 「褒めない」という習慣 »