« ある午後のお話 | トップページ | 小学校に いつ入学させるべきか? »

2008年5月20日 (火)

2次試験に行ってきました!

昨日うちの州が行う就学前の語学試験の2次試験が娘が通うだろう小学校で行われました。
テストは10時半から、私と娘は15分くらい早く小学校に着きましたが、担当の先生の時間が空いていたので予定より5分ほど早く試験が始まりました。
担当の先生は2人、2人とも女性、一人は幼稚園へこのテストを実施しに来た方のようで
娘を知っていたし 娘も彼女のことを覚えていた。
最初試験を行う部屋には娘と一緒に入りましたが、テストが始まるときに
「お母さんは外で待っていてもらおう」
ということで私は部屋を出て、2,30分かかるそうなので小学校近くを散歩して時間をつぶしてました。

このテストに際し 土曜日の夜 主人と一緒に話をしました。
① 結果はいつごろ出るのか?
②どのように評価されるのか?ABC?点数?
③何点が合否の境目ですか?
④このテストに通らなかった場合に通わなくてはならない塾の内容はどういったものか?
 グループレッスン?個人レッスン?週に何回行われるのか?
 グループレッスンだった場合→個々のレベルが違うのにクループレッスンで意味がある  のか?
⑤塾が必要なことそうでない子は どのようなテストの結果で区別されるのか?
⑥去年も行われたこのテストで 塾が必要な子供はレッスンを受けていると思いますが
その結果どのようにドイツ語が上達しているのか?

などなど・・・・・・・・・・

小学校に戻ると時計は11時。そろそろ終わるだろう・・・・と思っているとドアが開いて娘と一人の先生がでてきた。
先生「たいへんよくがんばりましたよ!一緒にお話して楽しかったね」
娘「Ja」
先生「これから採点するので しばらくここで待っていてください」
・・・・ということは今日結果が出るということなのね・・・・・
娘としばらく待つ。娘、退屈極まりない~
「お母さん、帰らないの?」を連発。
「美弧ちゃんは小学校にはいるために もっともっとドイツ語でお話ができるようになると、そうすると美弧の大好きな勉強がもっとわかって楽しくなるんだね・・・・
お母さんは これから先生と 美弧ちゃんがもっとドイツ語がお話できるようになるためのお話をするの。だから我慢して一緒に待ってよう」
15分くらい過ぎて 先生が結果を手に出てきた。
先生「こちらが結果です。今日のテストの感じでは娘さんにドイツ語の補習は必要ないでしょう、という結果になりました」
う!!やはりそうきたか!!
私「どれくらいのレベルでの合格なんでしょうか?」
先生「まあ、ギリギリで・・・といえるでしょう」
もっとも恐れていた結果だ・・・・・ギリギリで受かってしまうことには意味がないじゃない?

先生「お宅は 2ヶ国語で子育てをしていらっしゃいますが、そういう家庭でありながら 娘さんのドイツ語はたいへんよく話せているんですよ。普通のドイツの家庭の4歳児のレベルとたいして替わらないドイツ語力を持っています。
彼女の一番の問題は できない、わからない問題になると 顔を背けてしまったり 目を合わせようとしなくなったりしてしまう、ということです。わからなくなった途端にドイツ語が出てこなくなります。
この状況を改善するために もっともっとドイツ語の会話をするようにするといいと思います。娘さんはたいへん賢い子だと思うので それがドイツ語ができないために花開かないというのは たいへん残念なことなのです」
私「私と主人の意見は この子にはドイツ語の補習が必要だ、ということです。ここで受かってしまったのだったら ほかにどのような方法があるのでしょうか?」
先生「小児科の先生に相談して 必要だと判断された場合は 診断書を書いてもらうことが可能でしょう、でも消して『テストでそう判断された』とはいわないでください」
私「親の観察の上で。。。ということで、ですか?」
先生「そうです」
ここでごねる意味はなさそうだ、「この結果を主人に見せた後、彼になにか疑問があった場合、こちらにお電話すれば答えていただけたり 相談にのっていただけるのでしょうか?」
先生「はい、いつでも連絡してください」
よし、今日はここまでだ。
挨拶を交わし娘と帰路に就く。

家で冷静に考えてみたのだけど、結局 合否の境界あたりでうろうろしているドイツ語レベルの子供だったら みんな合格させてしまうのだろうな・・・・
なぜ?州がお金を払わなくてもいいから・・・・・
だったら テストをする意味、本当にあるの?
本当に必要なレベルの子供だけは補習を取らせ あとは・・・まあ、いいでしょう・・・レベルのドイツ語を話せればいい(もちろん、今後就学までのドイツ語レベルの上達は考えられるわけですが)わけですか?
なんなんでしょうねぇ・・・・???

まあ、なにはともあれ、一つおわったよ・・・・
わたしゃ たいへんくたびれました~、母親も知らない場所で緊張してたんでしょうね~

|

« ある午後のお話 | トップページ | 小学校に いつ入学させるべきか? »

ファイトだ!バイリンガル育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ある午後のお話 | トップページ | 小学校に いつ入学させるべきか? »