« 今日から4連休♪ | トップページ | 2歳になりました! »

2008年5月24日 (土)

Zeckenなんて怖くない?!

昨日プールに行く前に 家で水着に着替えていたら・・・・・
お?!わきの下からちょっと下のところに・・・・・・
こ、これは?!!!
Zeckenだぁ~!!
Zecken,それは日本語に訳すと「ダニ」。
しかしこの「ダニ」、日本人の知っているダニとはちょっと違う。
まず、森、草むらに生息、人に食いついて血を食らうのだけれど、食いついたら
そのまま食いついている。
なので 私も私に食いついたままの状態のZeckenを発見。
間違いなく、木曜日の散歩で食いつかれたのだろう。
このまま放っておくと 最悪の場合、日本脳炎のような脳膜炎にかかる恐れがある。
まずは このZeckenを速やかに除去することだ。
パパさんに救援を要請、Zecken専用のピンセットにてZeckenを除去。
そんなに血を吸われていなかったのでたぶん大事にいたることはないと思うけれど
(血を吸うとお尻が風船のように膨れてかなりおおきくなっているらしい)
これから一週間ほどは 吸われた場所をチェックして、もし 万が一 直径10セントほど
の赤い腫れ物になってしまったら 即病院へいかなければならない。
ドイツに住んで 私がZeckenに刺されたのは初めて。
Zeckenに初めてお目見えしたのは 2004年?
主人がどこやかで ふくらはぎを刺されて帰ってきた。しかし見つけたときはすでにつぶれていて 何事も起こらずに終わる。
その次、2005年?娘のわきの下にほくろのようなものがぶら下がっていた、Zeckenだった。このときは 経験がなかったので Zeckenを見つけた途端、わなわなおろおろ・・・・
小児科に電話をし どのようにZeckenを取ったらいいのか?すぐ病院へいくのか?
など質問しまくり。。。。。。
Zecken, できるだけ時計の逆周りに回しながら肌に食い込んだZeckenの牙を
肌から抜いていく。最悪、頭が残ってしまっても そのうち押し返されて自然に取れるらしい。
2006年、再び娘、今度は頭皮にて発見、そのときは除去の際 頭だけ残ってしまった。
あわてて救急に飛んでいくも(そのときは 頭を残すとそこから炎症が始まると思っていた)
その知識を教えてもらい 一件落着。2回とも何も起こらずに終わった。
そして今回の森の散歩にてまんまとやられたわけだ。
しかし、服で覆われた部分に噛み付かれていたとは・・・・・しかも虫除け(Zecken専用)
を使っていながら・・・・恐るべし、Zecken。
さらに!!!!プールにて 僕ちゃん左太ももにもZecken発見!!!!!
ズボンをはいていたのに、どこから入るか?!
家に帰って即 除去作業。
プールから家に帰るまで(それまででさえずいぶん時間が過ぎている)食いついている奴ら、恐るべし執念・・・・・・・・
念のため お姉ちゃんもパパさんもチェックしましたが、彼らは刺されていないようだ。
僕ちゃんもここから一週間、傷跡の監視が必要。
Zecken、とにかくあわてることはない。冷静にZecken を除去し、1、長くとも2週間様子をみて 赤くなってきたら病院へ行きしかるべき処置を受ければよいのだ。
これも生活で得て身に付いた知識、あな尊き~

教訓 森には厳重な服装ででかけましょう!





|

« 今日から4連休♪ | トップページ | 2歳になりました! »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日から4連休♪ | トップページ | 2歳になりました! »