« わすれちゃった☆ | トップページ | 愛をかける »

2008年7月30日 (水)

父の背中

うちの実家は自営業を営んでいます。
朝は開店と共に家族そろって店先の掃除。
その後、父は店内に並ぶ品物をこまめに拭き掃除。

ドイツに帰ってきて~
パパさん、しっかりハウスキーパーしてくれてましたけど、やっぱり詰めが甘いというか、家具はほこりをかぶってしまっていた。
一月分のほこりってすごい量だ、一週間だって結構なものだ。

昔は 父を見て「なんで毎日拭き掃除しなきゃいけないかなぁ?」と冷たい視線を送っていたものだけど、今はよくわかるよ・・・・・
毎日微量な・・・しかし確実に溜まっていく目に見えない量の埃を拭き続けるって なかなかできることじゃあないよね。
ああ・・・・父は あの店を愛しているんだ。
店内を明るく清潔に見せる・・・・私には話してくれないけど きっと彼が修行で学んだ商売の基本なんだろう。

私は この家だって毎日ところを替えて拭き続けることなんてできない。
玄関の前の掃き掃除だって、玄関のドアの拭き掃除だって 毎日やらない。
昨日やったから・・・そんな理由で・・・・。
でも それをやっている家とそうじゃない家って きっとどこかで大きく印象がちがうんだろうね。
父はそれをしっているんだ。

昔は 自営業を恨んだりもした、親にかまってもらえなかったのは店のせいだといって・・・
でも 両親は 別の愛情の示し方で子供を、家庭を支え護ってきていたのだね・・・

どうかいつまでも元気で 拭き掃除する姿を私達に見せてください。

|

« わすれちゃった☆ | トップページ | 愛をかける »

2008年日本滞在記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わすれちゃった☆ | トップページ | 愛をかける »