« 教会のお手伝い | トップページ | 三度 死闘! »

2008年9月 8日 (月)

Weinmarktに行ってみよう♪

この週末はわが村と隣の街の2箇所でそれぞれワイン市が行われ、私達はわが村の市には土曜日夕方、隣町には日曜日のお昼に行ってきました。

この村に住み始めてから4年にもなるというのに、この村主催のワイン市に出向いたのは今回初めて。
今年のわが村は村政750年という記念すべき年で 毎年この時期に行われる祭りも 今年はずいぶん盛大に行われる・・・・・という振込みがあったにもかかわらず、私達がでかけた夕方5時45分・・・・・・路上の祭りの露店は閉まっているし、人はまばら・・・・
心細くなりながらワイン市会場へ着くと、まばらながらもぼちぼち人が~
まずはぐるっと店舗を一回り見学。会場を囲むように立ち並ぶお店は村のレストランや食材店がそれぞれに店を出していて
義父母のいつも泊まるホテルのオーナー婦人やイタリア食材店(ブログにも登場しました!)のおばさんの娘さん、いきつけの酒屋さんで働いているおにいちゃんなど顔見知りさんもおり 簡単に会釈。
人が少ないおかげでテントの中に一席確保でき、 ワインや食べ物を調達しに行くパパさん。
まずパパさんが持ってきてくれたのは タパス(スペインのおつまみもりあわせ)とスペインの赤ワイン。最近赤、しかもヘビーなものが私に好まれるですが、なかなか出会えません。1999年のプラハで買った赤、あんな濃い、渋い赤にもう一度出会ってみたい~
お姉ちゃんは生ハムをがっついてましたが、僕ちゃんはちょっとおなかの調子が優れず
食欲もなく、どちらかというと中心にある踊り場に出かけて行ってはよそのお子様達と遊んでいました。
ご機嫌なお姉ちゃんはここでも絶好調で歌唄いまくり~♪  また唄う歌があいかわらず
魔笛の夜の女王のアリアだったり ペーターと狼のペーターの曲だったりするもんだから
私達の周りに座っている人たちは 唖然!拍手もらってました。
次にパパさんが持ってきてくれたのは これまた私の大好きな Federweisserという発酵途中のワイン。去年はこの時期日本だったし、おととしはなんだかんだで飲めなかったし・・・・3年ぶりに飲むFederweisserはやっぱりおいしかった~
パパさんは Spaedburgunder、おつまみはワイン市ににはかかせない、Zwiebelkuchenというたまねぎとクリームソースがトッピングされオーブンで焼かれたパン。
ここのはちょっとやわらかかったです、ふわふわのお好み焼き、といったところでしょうか?
しかし、どうも子供と一緒だと落ち着かないので、腹が膨れたところで 家に帰って飲みなおし、ということで帰宅。
ちょっと寂しい気もするけど、静かで安らぐねぇ~ 私にはこれくらいが調度いい。

日曜日、お昼は隣町のいささか規模の大きいワイン市へ。
とにかく子供をつれての人ごみは嫌なので 空いている時間を狙ったのですが・・・・・・・・空いてました。
ここのワイン市も昨日と同じようにこの街のレストランや食材店、ワイン専門店が露店を出し、それぞれのピックアップしたワインや料理を提供しています。
ここでも 簡単に席を見つけ、まずのおつまみはFlammkuchenという ピザのように薄くのばした生地にベーコン、たまねぎ、クリームソースがかかっていてオーブンで焼かれているもの、飲み物は今日は子供達にはぶどうジュース(ちなみに昨日は家から持参した水でした)、わたしは再びFederweisser, パパさんはボルドーの赤(くわしいことはあいかわらずすっかり忘れましたが)。
とにかくここのワイン市は あっちでもこっちでも、なので 場所を変えて、今度はザウアークラウトと豚肉のローストの薄切りをパパさん、私はタイ風焼きそばとパルメザンチーズとオリーブの盛り合わせを注文。
私はここでも渋いヘビーな赤・・・・を求めたかったけどやはり出会えず。
そういう好みの強いものは こういった多くの人が集まる場所では需要が少ないのかもしれないね。
タイ風焼きそばは前回(2004年だけど・・・・・4年ぶりなのね・・・・・)おいしくって、またそのときと同じお店にメニューがあったので注文!甘さと辛さがたまらない~
パルメザンチーズをブロック買ったことはまだないけど、ワインにとても合っておいしかったでした。
でもチーズって、本当にものすごい脂肪なので また遠い将来?家で試しましょう。
パパさん、赤2杯、私は白を一杯頂いて 限界の子供達と一緒に家路に着きました。



 

|

« 教会のお手伝い | トップページ | 三度 死闘! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教会のお手伝い | トップページ | 三度 死闘! »