« ベルリンに行ってきました♪~ファミリーコンサート~ | トップページ | その後の学校についての調査 »

2008年11月17日 (月)

お誕生日パーティーへ!!??

主人のお友達、MさんとDさんのお誕生日パーティーは午後19時から。

ファミリーコンサートは17時ちょっと前に終わって、それから主人の実家まで車で30分はかかるので、到着後、義父の車のトランクに乗っていたスーツケースを出して荷ほどきして
義母に大まかな子供たちのお世話の説明をして、自分の身支度をして・・・・・・
18時20分ごろ、子供たちと義父母に挨拶をして外出~

パーティーが開かれる場所は・・・・・・・
旧東ベルリンの、主人も私も行った事のない場所~
病院の敷地内の博物館って いったい何???いいのか、騒いで???
私はコンサートから戻ってきてすぐに出かけることがわかっていたので、どの路線で行けば目的地につけるか・・・・・主人が調べておいてくれたのですが・・・・・・

まず・・・・・今回は公共交通機関にてお出かけの私たち。。。。。
乗車券を買う時点で、主人~
「あ、お金がありません」と 歩いて5分ほどある銀行まで歩く。
私より先に帰って準備しておくはずだったのじゃないんですかぁ?!
ふぅ~・・・・怒らない、怒らない~
地下鉄Tenpelhof駅にて S-bahnに乗り換え。
どうやら何度も乗換えをしないと行き着かないらしいぞ?!
帰りの電車はあるのか?
環状線にのり Ostkreuzという駅で下車。
しかし し~ばらく待っても目的地行きの電車が来ない。。。。。
駅員さんに尋ねると 目的地に向かう電車到着まで20分も待たねばならぬ、という。
路線図を眺めてみると・・・・・・
目的地に着ける行き方が、3通りもあるじゃあないですか?!!!
しかも、さっきここまで乗ってきた電車で行けて、そこから目的地まで出ているバスや路面電車の数も多そう・・・・・
とうとう、主人に食って掛かってしまった・・・・・
「どのようにここまでの行き方を調べたんですか?一つの行き方じゃなくて、もっとほかの
行き方は調べてみなかったんですか?!!!」
怒って口を利かずにいる間に 20分が過ぎ、乗るはずの電車到着、時間は7時半になっていた。
最初から降りるはずだった駅の一駅前のFriedlichsfelde駅で下車← 私に言われて 主人、路面図にて方法を変更
なんでベルリンの西から東まで移動しなきゃいけないわけ?!!
なんでもっと中心の行きやすい場所じゃないわけ?!!
Friedlichsfelde駅から2駅を路面電車で・・・・・・これは初、旧東ベルリンの路面電車だよ~
そんな感激もないままに 悶々と下車。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何もない~
オレンジ色の街灯だけが 点々とあるだけ~
風がふきすざぶ~
ねえ?!!!本当にここでいいの?!!!
夜の病院の敷地ないなんて。。。。。怖すぎ~
しかも、誰も通りかかる人さえいない~
何度も迷いながら、イライラも疲れも頂点に達したとき~
なんとかパーティー会場を発見~
Mさんのお友達が玄関先で機材を下ろしているところでした・・・・・・・安堵~

駆けつけ3杯のゼクトを頂いたのはいうまでもない~

いや~、道中とは打って変わって パーティーはとても楽しかった。
5月にドイツ人と結婚したばかりという日本人女性ともお知り合いになれた。
ベルリンに日本人の知り合いがほしかったので うれしい限り、誰もいなかったの・・・・
話が苦手な私も、彼女とはお話が弾んだ、お酒のせいかな?
彼女のご主人、楽しすぎ。
あんなによく話すドイツ人、ドイツで初めて会いました~
あんなに笑ったの、いつぶりだろう~?
疲れていたわりに 元気だったので 時計を見るとすでに真夜中1時過ぎ!
まだまだパーティーは続いていたし、まだまだ元気だったけど、なんせ、次の朝
子供たちは定時で起きてきて 私たちは通常どおり面倒を見なければいけないので
涙をのんでの帰宅~

で・・・・・・・・・・・帰りの電車・・・・・・あるわけ??????

ラッキーにもご親切なMさんの上司が な、なんと、主人の実家の玄関先まで車で送ってくれました。
なんと親切な方がいらっしゃったものであります。

トータル的にとっても楽しく息抜きができた今回の訪ベルリンでありました~





|

« ベルリンに行ってきました♪~ファミリーコンサート~ | トップページ | その後の学校についての調査 »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベルリンに行ってきました♪~ファミリーコンサート~ | トップページ | その後の学校についての調査 »