2008年日本滞在記

2008年8月27日 (水)

大明神

うちの実家から歩いて5分くらいのところに母、妹、そして帰国時に私の行きつけの針灸院があります。
とにかく すごい!それしか表現する言葉がありません。
このところ足しげく(帰国時だけだけど・・・でもそのときは週1で通います~)通う理由には・・・
まずその発端は、2004年、わたしの日本での初めてのリサイタルのときのことでございました。
ブログにも書いておりますように 私は花粉症なのですが、そのときは、ちょうど秋の花粉症と帰国の疲れ、1歳になったばかりの娘の世話、コンサートへのストレス・・・などで リサイタル直前に声が出なくなってしまったのです。
これは困った・・・・・・
そこで 母が思い出したように口にしたその名は「大明神」。
私はすぐその針灸院へGO!!理由を話し、のどの不快を説明。ふむふむ、と聞き入る大明神。
ベットに横になり針をうってもらうこと 3~5分ほどで、のどがむずむずしてきて 痰が上に上がってくるのがわかった。すご!効き目テキメン!!

次に訪れたのは2005年の夏の帰国時。なかなか2人目ができなかったので 大明神さまに相談。すると「不妊症を治すことはできないけど 妊娠できるような体に近づけていくようなサポートをすることはできますよ。う~ん、3回通ってください」と大明神。
大明神様のさらなる説明では、子宮を取り囲む筋肉が硬かったりすると やはり子宮への血の巡りを妨げ 着床しづらくなったり、ある筋肉が硬いために子宮の筋肉をつっぱらせ硬い着床しにくい子宮内だったりするので(硬いベットよりやわらかいベットのほうがよく休めるでしょ!)その原因の筋肉をほぐして血行をよくする治療を施すのだそうだ。
そして通うこと3回、その次の周期にて 見事!!僕ちゃんを授かったのでした。

そして今年もまたWunderが!!
妹もず~っと2人めができず、 去年は行ってなかったのだけど今年は大明神様に週1で通ったいて・・・・・なんとまあ!!めでたくご懐妊~!!
皆待ちわびていたので 大喜びさ!無事、育って 無事誕生することをいのるのみ。

私も今回も毎週通いました。僕ちゃんの出産のときに悪くした右股関節も見てもらっていますが
第1週目の診察時。
大明神、まず腹部を触るのですが、すぐ・・・・
「股関節は悪くない見たいやねぇ」。すごい、なんでわかるんですか?
第2週目、「どうも尿管結石があるみたいやでそこのつぼと 後膀胱を活性化させるつぼに打っておいたから よく水飲んでトイレに行ってね」。膀胱を活性化させるつぼ、たいへんよく効いたでございました。
そして第3週目、至って調子もよかった私に 大明神は 結婚式で威力を発揮した エネルギーを発散させるつぼ、というのに針をうってくれました。
まず、両手首にあるつぼに針をうつ。
そのつぼは 体の中の調子のいい部分に漲るエネルギーを まず放出させて、体にめぐらせる、というつぼなんだそうだ。放出させるには時間がかかるので 一番最初に打つんだらしい。
そしてすべての治療を終わったその最も最後に エネルギーを収めるつぼ(足首にあります)、というのに針をうつ。
ええ、たいへん効きました、はい。なんていうのか・・・その治療中、そうなってくるんですが 生きる希望に満ちてくるんですよね・・・・・
人生楽しくってたまらないっていうか・・・・・・ふわふわ、気持ちがよくなる~
第4週目、そのちょっと前あたりから また股関節がカクンカクンなり始めていたのだけど、私がそれを口にする前に 大明神 腹部を触り・・・・「股関節、でてきたみたいやね」。なんでわかるんですか?!
そしてその治療を受け、治療終了後、「どうもね、尿管結石が股関節の痛みと関係あるンやないかなぁ、っておもうんやけどねぇ。」と大明神。
「結石のつぼに針うってやると、股関節の症状が消えるんだわ」
彼のこのずばずばした物言い、彼は意識してないのかもしれないけど、私にはたいへん自信に満ちあふれている語り口に聞こえる、たいへん好ましい。
「だから、あ~股関節おかしいなぁ、って思ったら、腰をツイストしてやって 水飲んで
石を落としてみ。そしたらたぶん股関節の痛み、なくなると思うよ」
すごいなぁ・・・なんでそことそこが関係してたんだろう・・・ってくらい思いつかない診断だよぉ~
そして5週目、暑かった、思いっきりばてていた私に・・・・・「あ~、夏ばてが胃にきとるね」
すごい・・・なんでわかるのかぁ!治療~
そしてまもなくドイツに戻るということで、再度エネルギーを放出し収拾するつぼに針をうってくださいました。おかげさまで僕ちゃんを抑えてドイツに戻ってこれました~

とにかく、彼のWunderはすごい。
遠くは東京や日本各地から彼の信者が通院してきている。
彼はたいへん口数がすくないのだけど、なんだか私とはよくお話してくださる。
その話が楽しいのだ。
そして今回、こんな話をするチャンスがあった。
「針治療をすることと 音楽をすることはなんの接点もないけど、先生のお話をうかがっていると それを通じてみているもの、職を通じての哲学のようなものはたいへん似ていると感じています。音楽はそれぞれの演奏者の生き方や経験が演奏にでますし、先生も その経験を通じてしか得られない信念をもって治療に携わっているように感じます」
そしてこんなことも言ってしまったさ・・・・
「先生、ドイツで商売なさいませんか???」
日本からドイツに一番持って帰りたいもの~、大明神~!!


| | コメント (2)

2008年8月26日 (火)

いとこの結婚

7月12日、いとこの理恵ちゃんの結婚式だった。理恵ちゃんは私が小学校2年生の1月に生まれたので当時のことはよ~く記憶している。未熟児で生まれた理恵ちゃん。出産後すぐに保育器に入れられ県病院に救急車にて搬送された。母の話では両手にすっぽり入るくらいの大きさだったという。退院してきたのは3月ごろだったろうか?それでも普通の赤ちゃんよりは一回り小さかったような記憶がある・・・・・・・
その理恵ちゃんが結婚しました。なんだか、母の気分・・・・あの理恵ちゃんが・・・・・・・
実の両親の感激は当然私以上だろう・・・・・・
親が子供の結婚する姿を見れるって やっぱ親孝行かも・・・なんて思ったりしてみた。

さてさて・・・・当然家族でよばれているわけですから、ちびっ子2人も同伴したわけです。
お姉ちゃんは 本当に聞き分けもよくなりましたし、日本の家族とも慣れ親しんでますし
なんといってもいとこのゆきちゃんと一緒ですから全く問題なかったのですけど・・・・・・・
僕ちゃん!!!!!だいたい予期はしていましたが・・・・・じっとしていられない、静かにできない、抱きかかえるとさらに叫び声パワーアップ・・・・・そして、私じゃないとダメ!
式の開始時、僕ちゃんは着席することを拒否、座ろうとすると泣き叫び逃亡しようとする・・・・・私は僕ちゃんの手を引き 式場を後にし 式が終わるまでそのへんを散歩。
披露宴の最中、式場を駆け回る僕ちゃんを追いかけ 強制連行、しかも叫ばれ 結局
披露宴会場から出て その辺を散歩。披露宴が終わるまでこの繰り返し~
食事なんてしたかしないんだか さっぱりわからないくらい。
もう帰りの車では ぐったりと やれやれ~、終わった~の安心感。
よかったよ、電車じゃなくって~
幸い、前日にご実家ご用達の針灸院にてパワーアップのつぼというところに針をうってもらっていたのでそれでもパワーにあふれていることができました。

人によって 幸せな時間をもらうことができる、ってありがたいことですね。←たとえその間中走り回っていたとしても!
もうちょっと僕ちゃんがおりこうさんになったら・・・・その頃 また誰か 結婚式よんでちょ~だい!

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

学生氷!

しかし、暑かった、日本・・・・きっといまだに暑いんでしょうね・・・・・・

ドイツも暑くなるときは35度以上になるときもあるけど、日本との大きな違いは、まず
湿気がない、家に入るとダントツ涼しい。
日本は あの暑さ、避けられようがないじゃないですか・・・・・う~ん、クーラーという手があるけど 私、あれ苦手で、クーラーつけるくらいなら汗だくでがんばる!って方なので
こっち戻ってくる前のあの一、二週間はしんどかった。
そんな暑さに背中を押され、何年ぶりだろう?カキ氷を2回ほど食べるチャンスがあった。
ドイツにはカキ氷はもちろんありませんから、初めてかき氷を見た娘、そして食べ物を見た目で判断する娘の好奇な視線が 近所の喫茶店からお持ち帰りしたカキ氷に注がれる・・・・・・
いつも 誰からも言われるのよね、「あなた、人生損してるね~、おいしいものの半分も
食べるチャンスをなくしてるよ」って。
このごろ、そんな皆さんのアドバイスをちょっとだけ聞き入れて ほんの一口、ちょびっとだけ食べてみるってことができるようになってきましたので、最初、パッと見で
「ええ~」とケンエンしていた娘も 一口食べた後には「おいしい!」と考えを180度替えて
世界を広げるチャンスを徐々に物にしつつあります。
で・・・・カキ氷、初挑戦した感想はいかが???
「おいし~!!!!」
中にソフトクリ~ムだって入ってるんだぁ~♪
「お母さん、混ぜるとクリームみたいになるぅ~!」
よかったね、またおいしいものにめぐり合えて。

高校の頃、電車通学だった私、電車の時間まで数分時間があるとその町のスーパーの1Fの食堂街の東海地方で某有名チェーン店にてカキ氷をかき込ませたなぁ・・・・・
かき込ませた、というのは 私、ものすごいかき氷を食べるのが早くって たぶん、5分もかからずにどんなカキ氷でも食べちゃってたと思う。
なのでどんなに電車の待ち時間が短かろうと ぺロ!!っとカキ氷を平らげ、もうちょっと時間があったときなんかは 2杯目のカキ氷も食べちゃったりしてた。
ああ、時は流れた~
あの暑さで。。。。。。どうやら夏ばてが胃にきたらしい、冷たいものが胃に答えるのだ・・・
意外や意外、私が胃が弱点だったとは・・・・・・
往年のあの勢いはどこへ?
さみしいなぁ・・・・私の心の中だけには 秋風が吹きすさぶようだよ・・・・・

たぶん、これから里帰りの時期は幼稚園や習い事の関係で夏休みシーズンになるだろうから、毎年あのどか~ん・・・・とあっつい日本に帰ることになるんだろうなぁ・・・・
カキ氷。。。。スキなのに触れられないなんて・・・・・切ないわぁ~

娘だけが「学生氷~、イェ~!」と思い出に花咲さかせ、来年の再会を心待ちにしているのでありました。

| | コメント (0)

2008年7月30日 (水)

愛をかける

・・・・・・ということで さっそく 土ぼこりまみれの玄関のドア、ポスト、呼び鈴、電灯、窓のサンを掃除してきました。

向こうから働きかけてこられない場合(ドアのこと)、こちらから一方的に愛を注ぐのは 片思いのようで 一向に愛情が通い合わないように思えるけど、でも やっぱり 只拭くのではなく
愛を持って、美しくなっていくものを愛でる様に接していると そのものを大事にしようという気持ちが育ってくるような気がする。
愛着、というけれど 愛が勝手に付着していくのではなく、自分でそのものに愛を付けていくわけだ。

日本で息子を連れて何度となく ご近所を散歩した。
ある日、妹のお友達のお母さんが彼女の家の前にいた、家に入ろうとするところだった。
私自身、社交性があるほうではないので できれば彼女を見なかったことにして 挨拶しずに通り過ぎれるかも・・・・・とも思ったのだけど、なんだか それではいけないような気がして ほとんど私達は彼女の視界に入ってなかっただろうけれど 「こんにちは」と挨拶をした。
簡単な近況報告など話をし、帰ろうとすると呼び止められ、棒ジュース5本を手渡された。
「小さい子が多いで 飲ませてやって」

数日後、息子のいつものコースを散歩していると 私達の後ろを歩いていた彼女から
声がかかった。
「この前は こちらが良かれと思ってあげたのに 返って余計な心配をお母さんにかけちゃって・・・・」
どうやら 母が彼女に棒ジュースのお礼として 近くの農家で採れたトマトをお返ししたらしい。そういえば、その2,3日前、息子と散歩に行くとき 母が何か袋に入れて出かける姿をみたけど・・・・あれがそうだったんだ。
「私は 声をかけてもらったのことが とってもうれしくってあんなことしちゃったのよねぇ。
本当に あなたのお母さんにはいつも気にかけてもらって おばさん嬉しいのよ」

ずーっと以前、かけても返ってこない愛情をかけるのは無駄だと思っていたときがあった。
できるだけ無関心を装うほうが 自分に楽だし損しないと思っていたときがあった。
去年くらいから、向こうから返ってこなくても 私が大事だと思える人には私が一方的であろうと愛を示そう、と思うようになった。
今回の日本滞在で、向こうは何もいえないけれど、実は愛をかけてもらいたい人、物があるのだということを・・・・・今更ながら・・・・・・改めて・・・・・・感じた。
物も、人も・・・・・歌だって、きっと同じ。

そして、たとえ自分にではないのに かけられた愛を返すことを忘れない母は、やっぱり
すごい人なんだろうなぁ・・・・・




 

| | コメント (0)

父の背中

うちの実家は自営業を営んでいます。
朝は開店と共に家族そろって店先の掃除。
その後、父は店内に並ぶ品物をこまめに拭き掃除。

ドイツに帰ってきて~
パパさん、しっかりハウスキーパーしてくれてましたけど、やっぱり詰めが甘いというか、家具はほこりをかぶってしまっていた。
一月分のほこりってすごい量だ、一週間だって結構なものだ。

昔は 父を見て「なんで毎日拭き掃除しなきゃいけないかなぁ?」と冷たい視線を送っていたものだけど、今はよくわかるよ・・・・・
毎日微量な・・・しかし確実に溜まっていく目に見えない量の埃を拭き続けるって なかなかできることじゃあないよね。
ああ・・・・父は あの店を愛しているんだ。
店内を明るく清潔に見せる・・・・私には話してくれないけど きっと彼が修行で学んだ商売の基本なんだろう。

私は この家だって毎日ところを替えて拭き続けることなんてできない。
玄関の前の掃き掃除だって、玄関のドアの拭き掃除だって 毎日やらない。
昨日やったから・・・そんな理由で・・・・。
でも それをやっている家とそうじゃない家って きっとどこかで大きく印象がちがうんだろうね。
父はそれをしっているんだ。

昔は 自営業を恨んだりもした、親にかまってもらえなかったのは店のせいだといって・・・
でも 両親は 別の愛情の示し方で子供を、家庭を支え護ってきていたのだね・・・

どうかいつまでも元気で 拭き掃除する姿を私達に見せてください。

| | コメント (0)

2008年7月29日 (火)

わすれちゃった☆

今回の日本滞在でも 娘の日本語はますます上達しましたね。
僕ちゃんの日本語のおしゃべりも とてもうまくなり こちらも意志相通がますますできるようになりました。

娘、日本では一度もドイツ語が出てきませんでした。
一度も・・・・・というと 語弊がありますが(でも99%は達成)、おじいちゃんやおばあちゃん、おばちゃんが
「これ、ドイツ語でなんていうの?」とたずねても「忘れちゃった☆」とそっけなく答えるだけ~
電話でパパとも話そうとしないし・・・・・ねえ、ドイツ語、本当に忘れちゃったんじゃないの?!
ただでさえ ドイツ語力 劣ってんのに?!

帰ってきて空港でパパを見たとたん、流暢なドイツ語が出てくる娘・・・・・・
すご!完璧に頭の中に スイッチできてるんだ?!!
多少文法間違ってるけど、またもどってくるんだろうなぁ・・・
しかし いよいよ小学校入学か否かが身近な問題になってくる、ドイツ語、本当にがんばらないと!!

今朝は娘は3時半ごろから、息子は4時半ごろから起きだして もう時差ぼけ丸出し!
私も 仕方なくお付き合い・・・・自分の体が休まるどころではない。
できれば 昼間も家でゆっくりのんびり、自分のリズムが戻ってくるのを待ちたいのに
子供と一緒では 行きたくなくても外へ行かざるを得ない・・・・
完全復活まで まだまだ時間がかかりそう~

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

戻りました

昨日無事にドイツの地に戻りました。
週の始めに主人と話をしたところ「日中20度ない」といっていたので、さっぶ~・・・と思っていましたけど、ここへきてぐぅ~んと夏になったようで 30度。
38度の地から舞い戻ったので えらく涼しゅう感じました!

うちの使うルフトハンザ、実は今日からスト!
主人、義父母、隣の皆さんから「本当にストにかからなくってよかったね!」といっていただきました。
主人はさることながら 皆さん待っててくれたのかしら? 気持ちがほんのりしますね。

さて、旅を終えて・・・・
今回は 前回と打って変わって ホームシックでございます・・・・さみしい~
戻りたい・・・・でも またあの距離を戻るエネルギーは 今の私にはなし!
遠い~・・・・・くすん。
予定をいれずに のんびりできたこともあるのでしょうが よい休暇をまったりとすごせました。お母さん、妹さま、上げ膳据え膳、ありがとうございました。
掃除も洗濯もしなくてよし、たいへんゆっくりできました。
あ~、また今日からは掃除、ご飯つくり、その他もろもろに気を配る毎日が始まるのね・・・・←といっても また金曜日から休暇なんですけど。今度はちょっと違う内容ですけど

では またぼちぼち書きに参ります。今日はここまで






| | コメント (2)

2008年7月 5日 (土)

5秒きざみの・・・・・

こちらへ来て一週間ほどまでは 僕ちゃん、借りてきた猫のようにおとなしくしていましたが
それからは本領発揮とでもいいましょうか・・・・キャーキャー金切り声をたてて騒いだり ないたりしています。
そのころから、上手に「おかあさ~ん」と呼んでくれるようになったのですが・・・・・・
それがたぶん 平均して5秒間隔くらい←深夜ももちろん計算に入ってます!! で
「おかあさん」の連呼。
用もないのに「おかあさ~ん」。
思い道理に行かないときに「おかあさ~ん」。
うれしいときに「おかあさ~ん」。

「ママ」じゃなくて「おかあさん」ってすごい嬉しいんですけど・・・・・毎回「は~い」って
返事するのも 楽じゃありません。
これも成長段階なんで 一時のことでしょうけど・・・・・疲れますよ~

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

休暇してます

6月23日の便で日本に来てます。
毎回一筋縄ではいかない日本へのフライト、今回は フランクフルト空港にて 飛行機の整備員?が午前中にストをしていたとかで、出発時間30分前に出発時間の変更が知らされました。
「お客様の搭乗いたします飛行機は まだ格納庫に入っております」
なんじゃそりゃ!!!
2時間遅れの出発だったけど 欠航することなく飛べたのでよかったよかった。

今回は フランクフルト空港からの出発ゲートはC。
いつもだったらAからなのに・・・・・・どうやら最近新設されたらしい。
なので 知らない道をどこまでもどこまでも歩いて Cにたどり着く・・・・しかも16番ゲートは一番奥・・・・・
遅れた飛行機を待っていると・・・・・
「LH○○便の搭乗口がB28に変更になりました」とアナウンスが・・・・
おいおい、またそこまで歩けってか?!!
手荷物チェックも厳しい空港内。
もう一回チェックされているんだからもう通らなくたっていいじゃない?!
そういうわけには いかんらしい。ふたを開けていない飲み物は持ち込んでもよかったが
一滴でも飲まれた飲み物はゴミ箱行き・・・・もったない。

B28にたどり着き 待っていると・・・
「お客様はバスにて搭乗となりますので・・・・」とアナウンス。
C16からバスに乗ることはできんかったのか?!

とにかくここ何年、普通に帰れたことがないわ。
まあ とにかく帰ってこれたのでよかったんだけどさ。

私たちの乗ってきた飛行機でドイツに行く人たちもいたんだろう・・・・
何時間遅れでの出発だったんだろう?
帰りはスムーズに飛んでください、お願い!

子供たち、がんばりました。よく歩いてくれた。
今ではすっかり時差ぼけも克服←母さんはまだ時差ぼけ真っ只中です、若いってすばらしひ
ドイツには7月27日の便で帰ります。
また時間があったらそれまでに書きにきますね。
皆さん、よい7月をすごしてね。
今日は梅雨空です。

| | コメント (2)