« ベビーシッターを探せ! | トップページ | 母の誕生日に・・・・・ »

2009年2月10日 (火)

特技を生かせ!

娘の行っている幼稚園は一つのクラスに2人の先生がついてます。
1月下旬にベアトリス、2月頭にベアベルのお誕生日がありました。←こちらは先生を
ファーストネームで呼びます。改まってお話したいときなんかは Frau~と声をかけますが・・・・・

これも 余裕が出てきたゆえになせたことなのですが 娘と話をして・・・・

今年は何か作って持っていってあげよう!!

ということになりました。

そこで選ばれたのが 折り紙

ドイツでも折り紙は日本の伝統工芸として 特に教育関係者や日本愛好者から注目を集めています。

ベアトリスのお誕生日には 蝶々数匹と花を折り 台紙にはって贈りました。
ベアベルの誕生日には 大きな折り紙で鶴を折って贈りました。

お二人ともたいへん感心して喜んでくれました。
ベアベルは娘の園の園長先生でもあるので特に関心を示しました。

「これは鶴ですね!!←ちゃんとご存知でした
すばらしいわ!日本の美を贈ってくれるなんて!!
折り紙は 私たちドイツ人には とっても難しいことなのよ!!」

そうなんですよ・・・・
ベアベルの言っている「ドイツ人には難しい」はけして大げさではなくて
私は目の前でこちらの大の大人が 折り紙に苦戦している姿を何度も目撃したことがあります。

手先の器用さ

これが日本人とドイツ人とでは違うらしいのです。
日本では小学校も高学年くらいになれば 折り目を正して 先を尖らせて 折り紙を折るということに注意を払えるようになりますし またできるようになっていくのですが
こちらの方は そばで注意を促しても その繊細な注目が払えないらしいのです。
左右対称に折れない、先端が合ってない もしくは ぐちゃっとなってしまう・・・・

そういえば 娘のハサミさばきも 園長先生から絶賛されています。
「まるで大人のように 美しくハサミが使えるんです!!」


生活環境の違いなのか?はたまた遺伝子の影響か?個の才能ゆえの成せる技なのか?

こちらの方、あんなにアイロンがきれいにかけられるのに~!! 不っ思議~ 

|

« ベビーシッターを探せ! | トップページ | 母の誕生日に・・・・・ »

ところ変われば」カテゴリの記事

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

やっぱり慣れなんでしょうかね?
でも、聞いた話では、折り紙を製造できるのは日本とドイツだけらしいですよ、紙の裁断の機械できっちり正方形にできるのはこの二国しかないとか。なのに手で折るのに二つ折りも難しいんですかねぇ。フィンランドも全く一緒です。中学生でも半分に折らせるのに苦労します。慣れればできるようで、一年間の文化紹介プログラムでお金を払ってきていた子は、数ヶ月クラスの子とやっていたら、結構難しいお花や何かワイシャツもできるようになったと言っていました。ちなみに私は折り紙苦手です(爆)!

投稿: takako | 2009年2月10日 (火) 20時46分

Takakoさん>いっぱいコメントありがとうございました~ お仕事 落ち着かれたのでしょうか?
折り紙が製造ができるのは日本とドイツだけ・・・これ知りませんでした。日本では よく「ドイツ人と日本人は良く似ている」といわれる所以とやっぱり関係があるのかもしれませんね(実際は全然違うんですけど(笑う
2007年に日本で折り紙の本を買ってきました。
娘も好きなようなので「手先の訓練」続けてみようと思います。

投稿: ○さん | 2009年2月11日 (水) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベビーシッターを探せ! | トップページ | 母の誕生日に・・・・・ »