« 神さまは何人いるの? | トップページ | 永遠の謎? »

2009年2月20日 (金)

ちょっと調べ物~カーニヴァル~オースターまで

カーニヴァルも終盤にさしかかり カトリックの街や村の大騒ぎは絶好調~♪
昨日は Weiber fast といって特に女性がカーニヴァルの主役となり大騒ぎしてもよい日。

来週の月曜日が Rosenmontag、 バラの月曜日(Wikepediaによると懺悔の月曜日と
ある)と呼ばれる日で カーニヴァルの最終日。
娘の幼稚園でも僕ちゃんの保育園でも 仮装をしカーニヴァルのお祭りをします。

その後、Aschenmittewoch、灰の水曜日を初日として、四旬節、Passionszeit、キリストの受難としを思い返し悔い改め、 試練、修養、祈りの時としてすごす期間がやってきます。

カーニヴァルとは。。。。。
その厳粛なときの前に 思い切り騒いでしまっておこう!というのがどうやら主旨のようです。

オースター=イースターは 春分の日の後の最初の満月の夜から数えて次の日曜日にあたる日、と定められていて、その祝日は毎年移動します。
今年のオースターは4月12日、日曜日。

オースター7日前、Palmsonntag, 椰子の日曜日。
キリストが十字架に掛けられるためにエルサレムに入城した事を記念する日。

その後の木曜日、Gruendonnerstag, 洗足木曜日。
キリストが十字架に掛けられる前に 弟子たちと最後の晩餐を持ったことを記念する日。

そして Karfreitag.。
キリストの受難と死を記念する儀式の行われる日。
この日の3日後、キリストは復活します。

オースター、Ostersonntag、復活祭です。
オースターのシンボルとしての卵は 生命の生まれる象徴として、うさぎは 勢いよく飛び上がり 多産のシンボルとして、こちらの生活を華やかに彩ります。
オースターは キリストの復活と 春の自然の蘇りも祝うお祝い、なのだそうです。
日曜日と月曜日の二日にわたってお祝いされます。

そこで復活されたキリストは Himmerlfahrtという日に昇天されます。

・・・・・とまあ、これが大まかに調べた カーニヴァルからオースターまでの流れ

|

« 神さまは何人いるの? | トップページ | 永遠の謎? »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神さまは何人いるの? | トップページ | 永遠の謎? »