« 健康は宝なり! | トップページ | 男の本能☆ »

2009年4月21日 (火)

音楽とドイツ語と音節♪

リサイタルで唄う歌の歌詞はすでに頭の中に入っているので、時間がある時、思い立ったときにブツブツ 唱えてます。
歌がいいのは いつでもどこでも 練習できること、です。
れっきとした楽器だと 持ち運びが大変だったり、その場所でないと練習できなかったり・・・・
私たちは自分自身が 楽器なのでね。
反対に 練習できないいいわけもないので たいへんだったりしますが~

とにかく 「体を開く」。いつも 開く、いつでも 開ける。
しっかり練習する、という時間はなかなか取れないけど、結局 重要なのはコレと
歌詞の深い理解!←だと信じている

「Der Vogenhaendler」のChristelのアリアを唱えているときに発見した疑問。

♪Klein das Salair und schmall die Kost♪
~ちょっぴりお給料をもらって ちょっぴりお金を使います~

という部分があります。

普通のドイツ語の文法でいったら

Das kleine Salair und die schmalle Kost、となるのが普通。

はて?

これを日本にいるときに不思議に思い ず~っと 主人に聞こう、聞こう~・・・・・と
思っていて おととい ようやく聞けました。

主人の推測ですが~
ドイツ語の音節と作曲家が作りたかった音楽の関係で おそらくこのような文型をとったのだろう・・・・ということ。

Klein das Salair だと 4音節 → Klein das Sa lair となります。

Das kleine Salair だと 5音節 → Das klei ne Sa lair となります。

確かに違ってくる~

Schmall die Kost は 3音節 → Schmall die Kost

Die schmalle Kost は 4音節 → Die Schma lle Kost となります。

なるほど~

しかしこれは あくまでも主人の推測による仮説。

こういった疑問、なぜここはこのように書かれているのか?なぜこのように作曲されているのか?は もう 何年にもわたって 専門家が調べ、論議を交わしあうに値する疑問
なのだそうだ。

何事も 深く理解しようとすれば それには キリがない・・・・・・

|

« 健康は宝なり! | トップページ | 男の本能☆ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 健康は宝なり! | トップページ | 男の本能☆ »