« 君が77歳になっても~♪ | トップページ | 里へ帰ってきます~ »

2009年6月23日 (火)

Strategie und Ergaebnis~対策と結果~

子供を寝かしつけてから パパさんと 明朝の耳鼻科の診察で 何をどのように話すか?
に思いをめぐらす。

月曜日にでるはずと言われている検査結果がまだ出ていなかった場合・・・・

木曜日には日本へ出発してしまうので 遅くとも水曜日には結果と処方箋が必要であることを再度 強調していうこと。

もし 水曜日にも 間に合わなかった場合・・・・・

主人が処方箋をとりに行き、そこで DRと話をして もし ばい菌名や薬の成分がドイツ語で書かれていたら 日本で 日本人のDRにもわかるように 英語でも 説明してもらい
FAXで流してもらって 日本の耳鼻科にかかって 日本で抗生物質を処方してもらえるようにすること

私の聞きたいこと

巻き爪のときは 絶対安静。
今回は特に 日常生活で注意することなし・・・・・本当にそれで大丈夫なのですか?


日本へ行く飛行機、 機内の気圧に 娘の炎症を起こしている耳は耐えられるのか?

さて、夜が明けました。

アポは8時45分。
今日はねずみちゃんグループがない日なので 僕ちゃんも一緒。

受付で とりあえず 検査結果が出ているかを尋ねると、結果が来ている、とのこと・・・

ほっ~ 一つはクリア~

待つ時間もあまりなく 診察室へ通された私たち。

DRに 日曜日に 耳漏が血の混ざったような色になっていたことを話し、
その時にそれをふき取った綿棒を提示。

DRによる内診・・・・・どうか 悪いことになっていませんように・・・・

DR「炎症は 水曜日よりよくなっていますよ」

あら?そうなの????拍子抜け・・・・じゃない・・・・・安心か?脱力~

私「中耳炎で 出血する、ということは 頻繁に起こることで 別に 珍しくもなんとも
ないのでしょうか?」

DR「そうですね。よくあることですよ。」


そしてDRから 検査の結果の説明を受ける。

娘の耳に炎症を起こさせているばい菌は2種類。
そのどちらにも 効力のある薬を DRが選んで 処方してくれました。

DR「この検査結果のコピーを渡しますから 日本で これを病院にいって見せて
引き続き 薬の投与を 続けてください」

私「日本人は ドイツ語を理解する人が少ないのですが(今はDRでも ドイツ語ではなく
英語を勉強しますから) これは どの国のDRが見ても わかる 表示の仕方ですか?」

DR「大丈夫ですよ、これはドイツ語ではありません。これをみれば なんのことなのか、
世界共通でわかるはずです」

私「質問があります。飛行機内の気圧に 炎症を起こしている娘の耳は耐えられるのでしょうか?それとも それは 何かよくない作用をする可能性がありますか?」

DR、カルテをじっと見直して・・・・

「大丈夫です。気圧は外から掛かるので 耳の中まで 影響をきたす心配はありません。」

私「生活上、気をつけなければならないことはありますか?」

DR「水を耳に入れないように注意すること。それ以外は何をやっても大丈夫ですよ」

私「また 旅の前に 質問が思いついたら いつでも電話してよろしいでしょうか?」

DR「はい。いつでもかけてきてくださいね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・はぁ~ 終わった、よかったぁ~

思わず 娘を抱きしめる・・・・・よかったね、よかったね~

これでやっと 気分も 日本行き!!に向けられそう。

もちろん、これで自分のことにも 再び 心置きなく集中していける?

先手を打って 考える、詳細まで注意をめぐらす、っていうのは やっぱ 楽器を
自由にする、思考を自由にする、もちろん 自分を自由にする、というのと
全く正反対なんだよね・・・・

やれやれ、それは おいといて・・・

悪い結果じゃなくて よかった。
適当な薬が処方されて良かった。

人間、健康が一番ですね。

|

« 君が77歳になっても~♪ | トップページ | 里へ帰ってきます~ »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

日々の子育て♪」カテゴリの記事

コメント

あぁ~、良かったですねぇ~!!!
これで心置きなく日本滞在が楽しめる事と思います~(^.^)ノ
でも○さん、すごいですよ。
ドイツ語でとことん自分の疑問を解決しようとする気力。。
私は今産婦人科通いですが、毎回『質問したいなぁ~』って思っていること半分も言えてないと思います。。(←おもいっきり丸め込まれてる)
情けないです。
子供が生まれたらきっとたーーーっくさん分からない事、不安な事出てくると思うので、私もるらさんの様に、しっかりDRと話し合いが出来るように、今から訓練しておかなければっ!!

投稿: ヨッキュン | 2009年6月23日 (火) 12時37分

良かったですね~、とりあえず、お耳の方の炎症がそれほど酷くなく、適切なお薬が処方してもらえて。
私はハイニィの健診には、いまだに旦那に同行してもらっています。
いつまでもこんなことじゃいけないと分かりつつも、
きちんと理解できなかったら、と思うとつい…

旦那様も、一緒になってドイツ語を考えてくださるって素敵ですね。
日本、楽しんできてくださいね~。

投稿: ヨーコ | 2009年6月23日 (火) 22時53分

ヨッキョン様>ここでのハンドルネームは○さん、というのを使っていますので 名前が書かれている部分を多少削除なり訂正なり 勝手にさせていただきましたことをご了承ください。ややこしいこって スミマセン。

自分の言いたいことを的確にドイツ語に置き換えていくって 難しいですよね。
子供の検診は 私も初期は主人と同伴でしたし、一人て連れて行くようになって 半泣きで帰ってくることもしばしば、ですよ、今でも。
同じ立場で 気持ちがわかる同士、これからも宜しくお願いします。

投稿: ○さん | 2009年6月24日 (水) 06時49分

ヨーコ様>ハンドルネームは、ここでは○さんといいます。ヨーコさんのコメントでネームの文章は 勝手ながら削除させていただきました。

私も最初は主人同伴でしたよ。
いつだったか、主人がどうしても会社を抜けられない時があって それをきっかけに一人で行くようになったのかな?
息子さん、まだ1歳なので これからもっと慣れていけばヨーコさんも一人で何でもできるようになりますよ!とにかく 色々に慣れていくって時間がかかることですよね。

投稿: ○さん | 2009年6月24日 (水) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 君が77歳になっても~♪ | トップページ | 里へ帰ってきます~ »