« おそらにはてはあるの?~日本で買ってきた子供の本 | トップページ | 幼稚園特集~故郷の音楽再考 »

2009年8月31日 (月)

3年ぶり♪

昨日はデュッセルドルフに住む独日ファミリーのお友達のお宅に遊びに行ってきました。

デュッセルドルフも彼女達に会うのも 僕ちゃんの出生届を日本国領事館に出して以来、
実に3年ぶり~

僕ちゃんが生まれる前までは ドイツのリトルジャパンといわれるデュッセルドルフに
1年に1回 2回(少ない?)は買出しに出かけていましたが
2人の子供と一緒じゃあ 道中もたいへんだし(片道2時間は子供には長い、おむつだ
飲み物だ、それなんだ、と2人分、結構荷物がいる)
子供にとっては道中退屈な上 追い討ちをかけるようにその後に買い物なので 
こちらはちっとも落ち着いて買い物出来なくなっちゃったし 
昨今では インターネットで日本食材も簡単に しかも特に高くない値段で買えるようになったのでわざわざデュッセルドルフに行かなくてもよくなっちゃったんですよね~

うちはぼちぼち去年あたりから落ち着いてはきてたけど そうこういっているうちに
そのお友達、Kちゃん めでたく2人目妊娠、そしてこの6月に無事男児(次男)出産!! 


お互いに子育て 家庭環境の変化が忙しくて 気がつけば3年も時が過ぎてしまってました。。

もともと彼女と知り合ったのはネット上。
うちのお姉ちゃんとKちゃんの上のお兄ちゃんが お誕生日2日違いの同い年。
その当時 彼女達はドルトムントに住んでいて うちからも1時間圏内と 近かったというのも 私達の距離がより近づいた理由の一つでしたね。

しかもありがたいことに 育児では特にバイリンガル育児で、ドイツでの生活観、
いろいろな面で気があった?話があった?うまがあった?
会わない3年の間も ちょくちょく電話でお互いの近況や育児の悩み、愚痴の言い合い~
など交わし いい関係を育ててこれました。

3年もあってないと すでに「なつかし~」の域~
ご主人もお元気でそう。
しばらく見ないうちに しっかりすっかり しつけの行き届いた「パパ」さんでした(笑


Kちゃんの長男 K君も しっかりバイリンガル、骨身にしみこんでいました。
日本語、ドイツ語が飛び交うリビングで 大御所時代劇役者もしくは看板役者さながらに
右に左に バッサバッサと 両国語を切り裁いて行く姿は見ていても気持ちがいい~♪

バイリンガルに育てるために一番大事なのは 頭の中に その「スイッチ」を作ってあげること。
うまれたすぐそばから バイリンガルの環境をあたりまえに生活していかないと
そのスイッチはできあがらない(といわれている)
そうでないと 両方の親の母国語を使えるようにはなるけれど どちらかを「外国語」として
しか認識できなくなり 結局 頭の中で「訳す」という作業をしてからその国の言葉に置き換えることしかできなくなってしまうのだそうです。
それは 真の「バイリンガル」(育児の上での)とはいわないんですって。

うちの子供たちもそうですが K君も日本が大好き!
お正月に 次男君出産後初めて帰るので それを今から楽しみにしているみたい。
「日本語が好き」に育てていくには 子供が日本が大好きだってことも
一因あるのは 間違いなさそう?

そんな子供達のオートマチックな姿を見ながらKちゃんと2人、

「私達 よくがんばってきたよね・・・・」と辛い努力の日々をお互いに称えあう~

そして

「これからもがんばろう!」と絆も新たに固めあう私達~

お姉ちゃんは行く前から

「ねえねえ、私ってKちゃん(息子さん)に会ったことアル?」と興味津々。

私「あるけど、お互いに小さかったから覚えてないと思うよ~(当時2歳だったもの)」

このごろ赤ちゃんも大好きなお姉ちゃんは 次男君のR君にもご執心。

「女の子ってやっぱいいよね~」とKちゃん。
男の子2人って すごい」たいへんだって 皆さんおっしゃるからね・・・・・

僕ちゃんは 僕ちゃんの持っていない僕ちゃんに興味のアルおもちゃで遊べて
嬉しかったみたい。

子供達も4人?でとても仲良く 楽しく遊ぶことが出来ました。

パパさん同士はコンピューターのお話など ぼちぼち・・・・だったのかな?
遠いところを 連れてきてくださってどうもありがとう、パパさん。

お互いに話が尽きぬ間に 時は過ぎお暇の時間~
子供の就寝時間を考えると 大人の興の赴くままに、というわけには行かないですよね。
お姉ちゃんとK君も(R君とも)別れを惜しんでおりました。

長くならないうちに」また会えるといいね!!BIS BALD!

 


 

|

« おそらにはてはあるの?~日本で買ってきた子供の本 | トップページ | 幼稚園特集~故郷の音楽再考 »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

ファイトだ!バイリンガル育児」カテゴリの記事

コメント

○さん、こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいてます。
子供の年のころが同じで、バイリンガル教育をされているお友達がいらっしゃるっていいですね。
それにしても
「うまれたすぐそばから バイリンガルの環境をあたりまえに生活していかないとそのスイッチはできあがらない」んですか。
へぇ~、知らなかったです。
いつもながら、勉強になります。
日本の幼稚園のことも読ませていただいて、まだまだ先のことなのに、今から何だか楽しみです。

投稿: ヨーコ | 2009年9月 2日 (水) 01時10分

ヨーコさま>こんにちは!!
日本語を子供に話させたい!と希望している日本人のお母様はとても多いのですが バイリンガル育児をちゃんとやっていらっしゃる家庭は驚くほど少ない、というのが 私の周りの現状です。
うちも試行錯誤で あっちに迷い こっちに迷いながらバイリンガル育児と健闘してますよ。
ヨーコささんは息子さんとどのように接してますか?
ヨーコさんのお近くでバイリンガル育児をしてらっしゃる家庭はありますか?
お時間がありましたらまた聞かせてくださいね。

投稿: ○さん | 2009年9月 2日 (水) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おそらにはてはあるの?~日本で買ってきた子供の本 | トップページ | 幼稚園特集~故郷の音楽再考 »