« 早口 Sophieちゃん | トップページ | ハーフはエネルギッシュ? »

2009年8月11日 (火)

フランス語、わっけわっからん~

ドイツ語の歌は 歌詞も読めるし 状況が手に取るようにわかるし、音楽にも苦労なく
言葉が乗せることができるようになりました。

イタリア語は 大学で3年間勉強したし 読むことも発音自体もそんなに難しい言語ではないし 発音も複雑じゃないし、ちょっと「GLI」の発音がいまいちできないけど
イタリア語のリズムもわかっているので 歌にはなる。 

ぢゃ フランス語ちゃんとやらなあかん

と 日本から帰ってきてから フランス語ができる主人に習って発音の勉強始めてます。

フランス語は大学の授業でも2年間取ってたけど 歌も唄ったことがあるけど
今回リサイタルに出て 自分が いかに ドイツ語をわかって歌っているか・・・・を
自分で認識してみて

言葉をしっかり理解して表現するっていうことは すごい大事だ!
っていうか そこがちゃんとしていないと 唄えない!

と再確認したわけでございます。

なので な~んとなくフランス語、な~んとなくソレっぽい発音、じゃあ やっぱり
ちゃんとしたフランス語の歌が唄えるはず、ない。

今 手を焼いているのは 鼻母音、ナザール。

フランス語には AN、EN、IN, ON、UN、と5種類の鼻母音があります。

AN は 口をしっかりあけたA、 それから舌を引く、 ドイツ語のNGの発音にいく手前で
舌をとめる、舌をその位置で発音する

のだそうだが・・・・・

できん・・・・・・・

EN は 口を横に開いたE で 以下同上。下をNGの位置まで下げていき 鼻くうをふさぐ
手前で止め そこで発音~

IN は ドイツ語で言う Aウムラオトに近いAの発音で 舌の動かし方は以下同文。

ON は 狭い口のO で以下同文。

そして これがもっとも曲者の UN は Oウムラオトに近い発音だけど 口をもっと
下にあけて そして舌の動きは以下同文。

主人いわく

「ドイツ語の コレに近い、とか そういう置き方をしていってたら うまく発音できるわけないじゃないですか!」

と早速いばらの鞭攻撃、愛の鞭には変わりないけど、いやはや 言語の鬼だけあって
てきびし~


「じゃあ、どうしてあなたはフランス語の発音をものにしたの?」

主人「その発音を何度も何度も聞いて どんどんその発音に近づけていくように
練習しましたから」←ふふ~ん♪

過去の時の経過をここで嘆いても仕方がない。

さてさて、鼻母音でこれだけわけがわからんのに、フランス語は さらに リエゾンというのがあって 鼻母音と リエゾンが重なった暁にゃあ もう チンプンカンプンでございます。

Un infame

発音で止まっているので 単語の意味はいまだ不明ですが

UN で 鼻母音、UNのNと INFAMEの I がリエゾンして NI となるが、INFAMEの
INが鼻母音なので UN とNINと 鼻母音が立て続けに登場するこの単語~

「ねえ!!なんでフランスは こんな発音で言葉を話さなくちゃならなかったの?
どういう環境で こういう言語が発達したわけ?」

誰にもあたることのできない私は とうとう言語の起源にあたりだしたか?!

主人「君が 初めてドイツ語の歌を唄った時は どうでしたか? やっぱり 今と同じように
発音と発音はうまくつながらなかったんじゃないですか?」←ニコニコ

そ・・・・そうだった・・・・・・わん~

SCHとMなど 子音と子音の間に母音が入っちゃったり、ウムラオトも先生にものすごい
怒られて 家に帰ってきて泣いて悔しがったりもしたっけなぁ~

ぢゃ、 練習あるのみ、だね・・・・・
時間、かかることだね。。。。。。

ドイツ語使い始めて今年で12年です。

フランス語、知ってたけど実際使ってないので 初級クラス。

でも フランス語、いい歌いっぱいあるから がんばる!

|

« 早口 Sophieちゃん | トップページ | ハーフはエネルギッシュ? »

言語」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

○さん、こんにちは!フランス語、難しそうですが、そばに素晴らしい先生がいらっしゃいますし、ぜひ、より素敵な歌をうたってください!ご主人のお言葉(初めてドイツ語うたったときは~・・上手くつながらない・・って部分)ほんとにそうですね。1日してならず・・。はい、私も頑張ります!実は合唱に興味がある私はドイツ語でいつか第九を歌いたいなってひそかに思ってます♪^^;

投稿: miho | 2009年8月11日 (火) 16時34分

Mihoさま、いらっしゃい!いやはや隣の国なのに、全く別の言語、というか発音なんですよね。
夕べも「できん!!」とできないことを悔しがりながら練習してました。「やりすぎ!行き詰ったら休憩すること!」とそばにいる主人は中国語の勉強。
言語の達人がおっしゃるのだから違いない。
継続あるのみ、ですよね(汗
Mihoさんの努力のスピードだったら 第九はすでに射程圏内なのでは???

投稿: ○さん | 2009年8月12日 (水) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早口 Sophieちゃん | トップページ | ハーフはエネルギッシュ? »