« 同じようにはいかないの? | トップページ | 健康に乾杯♪ »

2009年8月27日 (木)

幼稚園特集~ 園長先生にアタックしてみる 

日本の幼稚園の懇談会の時 担任の先生からこんな問いかけがありました。

「来年小学校に上がるにあたり 今集中力をつける、ということを重点に取り組みをしていますが なかなか落ち着くことができません。
皆さんは ご家庭で 何か落ち着きを持たせるということにについて 取り組んでいらっしゃる方はおみえになりますか?」

あるお母さんが挙手して話を始めた。

「うちはテレビを出来るだけ見せません。見せても時間できっちり区切って だらだらしないように心がけています」

先生「そうですね。テレビの見せ方っていうのは一つポイントですよね」


うちもテレビの見せ方は 手痛い失敗があって以来 キチンと時間を決めてテレビは
見せているので このお話を納得して聞いていましたが・・・・・

この懇談会の間、子供たちは遊戯室に集められてビデオを見せられていたようです。

幼稚園側(先生)に疑問があるのに なぜ ここで この間 子供たちは遊戯室で
ビデオを見せられているんだろう?

外国で暮らしている、ということもあり 日本と外国のギャップが不思議な私。 
疑問というわけではないけれど 「どうしてなんだろう?」と思うことがいっぱい。

幼稚園を批判する、というのではなく ただ単に 自分の疑問を解き明かしたいという気持ち。
あと、幼稚園側に そうする「理由」、があれば それも聞いてみたいなぁ、という
期待の気持ち。

幼稚園最終日の前日、お世話になったクラスのお友達へのささやかなプレゼントを届けた際に ちょうど園長先生とじっくりお話しする時間を持つことが出来ました。
この園の園長先生、私の弟がこの幼稚園に通っていた時の担任の先生、大ベテランです。
話が出来る女性ですから、私もおおいに期待♪

質問その① 

2007年の運動会に参加したとき、参加を嫌がったうちの娘に 幼稚園の先生たちは 
お菓子を与えて彼女をなだめようとしました。
うちが 2006年春から取り組んでいる子育ての方法として、泣き喚いている子供に
お菓子やモノを与えることは 

「泣く」=モノがもらえる

というように子供が理解してしまうので 一時的にはしのげるにしても 結局
子供のわがままを増長させて 悪循環を生むことになります。
そういうときは 静かな場所に子供と移動して 冷静になってから 次の行動を取る・・・・・

というやり方をしていたので、幼稚園でこの方法で対処されたので ちょっとびっくり!


うちの子供たちが通わさせていただいている日本の幼稚園は 大きいので
あれだけの子供たちを統率して あれだけ立派な運動会を成功させるためには
ああいった手段は「アリ」? なのかもしれない・・・・・


でも 幼稚園の先生、いわば 育児のプロ集団が、親として スーパーなどで困る
シュチュエーションナンバーワンともいえる 「泣き出したらどう対処するか?」
に対して お菓子を与えて黙らせる・・・・・では
スーパーで泣き喚く子供に しぶしぶ欲しいものを買い与えざるを得ない状況と
同じになってしまう。
親は どの時どう対処したらいいのか? を むしろ幼稚園から教えてもらいたがって
いるのに・・・・・

質問その②

懇談会の間に ビデオを見せた理由。
上と同じ、あれだけの子供たちを静かにさせておくには それが手っ取り早い方法だとは思う。
でも ほかに 育児のプロ集団、として できることがあるのではないだろうか?

質問その③

歌の唄わせ方。これは歌手として、ふるさとを愛する者として一言申し上げたい。

娘のいとこが出演している 同幼稚園の生活発表会のDVDを見たとき
笛の合図で動く小さな園児たちを見て びっくり!!
だって ○朝鮮のマスゲーム見てるみたいに 機械的だったから。

唄い方にもちょっと疑問・・・・・・腕を後ろで組む、あれでは声が出ないのではないか?
←出るけど 力で出してしまっている

園長先生「やっぱり海外にいらっしゃるせいか、こういう観点からご意見をうかがうのは
初めてです」

とおっしゃりながらも、たいへんポジティブに受け止めてくださり
園の発展につながっていく、また 故郷の発展につながっていく、と
私からの一方的な疑問ばかりではなく、先生からも ドイツと日本の違いや、
その背景にある生活習慣、宗教などの違いにまで 話が広がって
ちょっと・・・・のつもりが 2時間も話し込んできてしまいました。

残念ながら 質問①と②とも 幼稚園側には 明確な意図はないようでした←なんとなく
そうしてしまっていた~

でも、これをきっかけに 育児のプロ集団としてのやり方を 園で話し合い、勉強して
追求していく姿勢をとっていってくださるそうです。

若輩者が でかい口たたきまして しかもしっかり受け止めてくださいまして
ありがとうございました。
どうぞ、「来年も行くぞ!!」と言っています僕ちゃんを宜しくお願いします~

③は また別に書きます。
あまりにも 私に専門な分野なので~

|

« 同じようにはいかないの? | トップページ | 健康に乾杯♪ »

2009年日本滞在記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同じようにはいかないの? | トップページ | 健康に乾杯♪ »