« 僕ちゃん 初めてのお友達の訪問を受ける | トップページ | Slang Sprache~幼稚園言葉 »

2009年8月22日 (土)

子供たちの言語の発達の現状

日本に行っている間に 僕ちゃん、ドイツ語をすっかり忘れてしまいました。

様子を見ていると、どうやら 周りの人が話す言葉は理解しているみたい。
パパや 幼稚園の先生が話しをすると 一生懸命首を縦や横に振っていましたから~

今週に入って 僕ちゃん、どんどんとドイツ語が流暢に出てくるようになってます、しかも
日本へ行く前よりも う~んと パワーアップして!!

日本へ行く前は 彼のお話は2単語くらいで形成されてましたね。

「Papa, komm!」

とか

「Papa, guck mal !!」

とかでした。

昨日 ベイビースイミング(もう ベイビーじゃあないんだけどね)再開!!
久々に 家族4人で水入らず、で 水に入ってまいりました。
プールの時間は 17時半からなので パパは会社から直接プールへ行くのですが
現地であったパパと話をする僕ちゃんを見て 母は 感激のあまりうろたえましたよ!

Papa、 heute gehen wir zum schwimmen!!」

僕ちゃん~ ちゃんと ドイツ語の文章はなしてるよぉ~!!

もう~ すごい!!

お姉ちゃんも2年くらい前までは 里帰りボケ~ がありました。
彼女は 小さい時難しい人でしたので 里帰りボケもひどかった、脱出するのに
一月以上の時間が掛かってました。

やっぱり 僕ちゃんのほうが 切り替え、順応性?が高いのかな?言語能力の差?

でも 去年からはお姉ちゃん、里帰りボケもあまりなし~

日本では相変わらず 一切ドイツ語シャットアウト!

じいじいやおばあちゃんに

「これ、ドイツ語でなんていうの?」

と聞かれても

「わっすれちゃったぁ~!!」

とか 言っているのに パパから電話があると ドイツ語モードにいとも簡単に切り替わって 巧みなドイツ語をご披露し、じいじいやおばあちゃんに感動を与えていました。

帰ってきた直後は さすがに いろいろなボケがありましたが、帰ってきてすぐに幼稚園が始まったので ずぐに元どおり~

見事なものです。

日本語は お姉ちゃんにしても 僕ちゃんにしても その年齢でそれだけお話が出来ていれば合格点です。
たまに 使っている単語が正しい意味で使われていないことなんかもありますね。
そういう時は のんびり訂正をして その単語の本当のニュアンスをつかませていくしかないのかな?
導き方は難しい~ 相変わらず試行錯誤~

でこぼこフレンズの卵王子の

「くやし~!」

という台詞を うちの2人、物事が自分の思うように行かなかった時に使うのですが、
多分 日本で育ってきている日本人って 喜怒哀楽の感情を言葉を持って表すってこと、少ないと思うので 卵王子が言っている分にはOkだけど 子供たちに言われると
私には妙に違和感だったりするけど・・・・・
ドイツ人なうちの子供たちにはそれもありなのかな?

お姉ちゃんは 来年の里帰りで

「私は日本の小学校に行く!」

と言っていますので 

「じゃあ 足並みをそろえる必要があるかなぁ?」

といつもやっているドリルと並行して 私が自分でひらがな練習用の問題を作って
やるようになりました。
昨日で ひらがなは終わり、今日からカタカナが始まります。
「書くこと」っていうのは 時間をかけてさせていかないと 力つかないですよね。

読みは 彼女はスラスラです。
日本でも 街角の看板や広告が読めることが嬉しかったみたい。
絵本も 僕ちゃんに 簡単なものなら読み聞かせてくれます。

日本語補習校には行かない、と決めたので(おそらく変わることはないと思う)
日本で 日本の子供と一緒に机を並べて勉強したい!というからには
その分は 家庭で 母子にストレスにならないように進めていかないとね~

日本語、ドイツ語、確実に しかも大股歩きで上達していく姿を見るのはおもしろいし 嬉しいものです。
若いって すばらしひぃ~←牛歩のごとくの母のフランス語~

|

« 僕ちゃん 初めてのお友達の訪問を受ける | トップページ | Slang Sprache~幼稚園言葉 »

ファイトだ!バイリンガル育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 僕ちゃん 初めてのお友達の訪問を受ける | トップページ | Slang Sprache~幼稚園言葉 »