« 健康に乾杯♪ | トップページ | おそらにはてはあるの?~日本で買ってきた子供の本 »

2009年8月29日 (土)

恐竜図鑑~日本で買ってきた子供の本

ナショナル ジオグラフィック 恐竜図鑑 (ナショナルジオグラフィック)今回の滞在でも 日本語の子供向けの本を たくさん買ってきました。

その中の一つが コレ↑

かの ナショナルジオグラフィック社刊行(新刊)!!

恐竜~ 宇宙~  僕ちゃん すでにロマンを追い求める男です~♪

僕ちゃん、とっても嬉しかったみたいで 実家に届いてからもず~っとこの本を持ち歩いて
(かなり重いんだけど) 今でも 常にこの本を開いて 読み?ふけっている彼。


ドイツ語の恐竜の本は すでに3冊もあるんだけど、私がスラスラ読めて 僕ちゃんと
お話が出来る恐竜の本ってのが 自分に欲しかった・・・・んですね。
おかげで またまた恐竜に詳しくなりましたよ~


地球の誕生の話から 古代生物の発生の歴史、恐竜への進化の歴史、時代分別、
恐竜の分類の仕方、化石発掘の方法、 そして いろいろな恐竜の紹介・・・・
ここも奥が深く おもしろい!!

恐竜の化石が多く発掘されているのは アメリカ、北アメリカ大陸がNO1みたい。
ほかは アルゼンチン、中国などからも多く発掘されているよう。
日本も福井県から発掘されているようで その名も「フクイザウルス」と「フクイラプトル」。

「ラプトル」って泥棒 っていう意味らしい。

僕ちゃんが恐竜を好きになって 家族で恐竜の話をする機会も増えました。

パパさん「トリツェラトプス=トリケラトプスです、日本語発音!! トリ、は 3、という意味で ツェラは 角、という意味のラテン語だよ」

なるほど・・・・・ラテン語を知っているパパさんから 名前の由来なんかも聴けて
私には その辺も 結構 興味深かったりする。
やっぱ こっちで暮らしていると ラテン語ってどこかしこに見え隠れしているので
ちょっと興味があるんだよね、最近~

載っている絵もリアルで 説明もたくさんあるので パパさんも ひっそり読みふけっていたりします。

ちょうちょのような(ひらひら興味が翻る) お姉ちゃんも なんちゃって恐竜ファン。
でも その 「なんちゃって・・・・」から コマが出てくる場合もあるのですから!

4月に行くはずだった(日本に行ってしまっていけなかったの)
 フランクフルトのSenckenberg Museum。
ドイツで一番たくさん 恐竜の化石が展示されています。

僕ちゃんが9月に手術なので 彼がよくなっっただろう11月初めごろに
いけるといいなぁ・・・・

「好き」が未来につながっていけば最高ですよね。

お母さんにべったりくっついてないで、アメリカでもアルゼンチンでも 世界をまたに駆けて
貴方のロマンと好奇心を活躍させなさい!~祈

|

« 健康に乾杯♪ | トップページ | おそらにはてはあるの?~日本で買ってきた子供の本 »

2009年日本滞在記」カテゴリの記事

読書感想文」カテゴリの記事

コメント

私もラテン語、興味がありますね!(勉強するまでには至りませんが)ドイツではラテン語もギムナシウムでは勉強するのでしたっけ?夫の両親の世代もラテン語は勉強科目に入っていたようでしたが、、今では高校あたりでの選択科目だと思います。これが分かると、ヨーロッパの文明の根源に近づけて私達のような漢字文明から来た物にとっては、特に便利。
トリケラトプスも、目から鱗でした。なるほど!
息子たちもそこそこ恐竜が好きです。でも夫が自然科学に全く興味が無い偏った人で、私が恐竜系を全て読む羽目になってます。
昔はザウルスだと思っていたのに、最近の本では~サウルスと音がにごってなくてちょっと戸惑ったりもして。表記も変わりますね~。
それにしても、素晴らしそうな本ですね。さすが某社。 おそらの果て、の本もそそられますね!そうそう、ちんまいこといってないででっかく羽ばたいて欲しいですね。物理的な距離ってことだけじゃなくて精神的にね。
ぼくちゃんが手術後の回復がスムーズに行って博物館楽しめるといいですね。まだ少し先の話ですが。

投稿: takako | 2009年8月30日 (日) 21時18分

Takakoさま>ドイツでもラテン語はすでに死語?ギムナジウムでも選択制になっているようです。
恐竜の名前は ラテン語、ギリシャ語などいろいろと古くからのヨーロッパの言語を起源にしてできているようですよ。複雑~ でも面白い!

ちょうど自分に買った「数学物語」という本に
ローマ数字の読み方が載っていました(XとかCとかMとか使って年号をあらわしている、フィンランドもどうですか?)。
ドイツの木組みの家や教会にこの数字を使って年号が書かれているのですが、その読み方が解説されていて
謎が解明されまして こちらでの生活がまたより楽しめそうですよ。
ちなみに 私は高校からの数学全然駄目でした。
数学に謎とロマンと好奇心を見出した賢い先人たち~
この情熱はいくら本を読んでも理解できない~?(笑

投稿: ○さん | 2009年8月31日 (月) 07時15分

ああ~あのXYXXIとか(でたらめです)書いてある数字ですね!フィンランドにもありますよ、でも私は識別できないです、12までしか(時計そんまんま・・)。
文明とそれを取り巻く知識は無限に近い分量ですね。でも分かると嬉しいですよねぇ。
このでかい頭に入っている脳みそ、もっと使ってあげなきゃですよね、毎日どんどん細胞が死んでるらしいから・・(汗)
私も数学になってから苦手になりました。方程式や定理でこけたんだったかなぁ。子どもと一緒に学びなおすのが楽しみです。

投稿: takako | 2009年9月 1日 (火) 18時26分

Takakoさま>そうです、その数字です。フィンランドにもあるんですね、当時のローマの威力、思い知らされます・・・・
脳細胞、私も使ってないですねぇ~
おととし日本でDSと「脳トレ」買ってきたんですけど
久々にやろうかしら~
まじめに?毎日やっているときは 一時20歳の脳年齢まで行ってましたよ!今はボケボケです~(笑

投稿: ○さん | 2009年9月 2日 (水) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 健康に乾杯♪ | トップページ | おそらにはてはあるの?~日本で買ってきた子供の本 »