« Weinprobe~ Weingut「[MANZ」ラインヘッセンにて | トップページ | Herr Kaufmann 来る!! »

2009年11月24日 (火)

行けども行けども~♪

今回の休暇、よく考えてみたら 今年初めての家族での遠出、旅行でした。

2009年前半はリサイタルに向けての準備等、ばんばんちゃんの死去のため急遽日本へ、その後本来の里帰りで再び日本、
後半は 子供の病気で 忙しかったですよね、今年も~ 

って今 今年を〆てど~する~

フランクフルトも初めてでしたが(飛行機乗り継ぎにしか滞在したことがなかった)
Pfalz、Rheinhessen地方も初めて♪

ま~あ 行けども行けども ブドウ畑~

ワイナリー廻りはもう何回もしたことがある私達だけど、そういえば・・・なだらかな土地にあるブドウ畑の中をドライブってのも 初めてだったりする~

モーゼルは川沿いの急斜面にブドウ畑が作られているから、景色が全然違う。

ウィーン、ウィーン近辺のブドウ畑は丘陵地帯、ドナウ川沿岸の斜面、ブルゲンランド州までいけば もうすこし違ったブドウ畑景色が見られるけれど。

Teneriffa(カナリア諸島)のブドウ畑も島の丘陵地にあるし 島の面積が限られているので
果てしなく~ という感じはしない。

MANZさんに行く途中、一杯小さな村を通っていったけど、村の様子、家の作りなんか
うちの近所と全然違うの。
主要道路は町の中を通り、しかも狭く 曲がりくねっている。

「昔の馬車道をそのまま自動車のために舗装したかなぁ?」と主人。

ワイン産地らしく 家々の壁には葡萄の木が這わせてあったり  葡萄の木でアーチが
つくってあったり~

同じドイツにいながら なんだか異国に来てしまったような錯覚に陥りましたよ、
言葉も通じて異国情緒を感じられるなんて・・・・得した気分♪

「ドイツは昔はそれぞれ州が別々の小さな国だったから 州によって雰囲気が違うっていうのは一つの理由かもしれませんね?」と主人。

だったら まだまだドイツ国内でも行ったことのない州がたくさんありますから
国内を回るっていう旅行も 結構楽しめるのではないかしら?
な~んて思っている私でした。
Cimg8393_2





|

« Weinprobe~ Weingut「[MANZ」ラインヘッセンにて | トップページ | Herr Kaufmann 来る!! »

休暇」カテゴリの記事

コメント

見渡す限りの葡萄畑ってやつですね~
のどかです、ステキですlovely
国内でもそれほど雰囲気って違うものなのですね。
日本にいては・・・そういうこと あまり感じられないのかも?
古いものを改修して使い続ける、ヨーロッパのどういうところ、私は好きですよ。

投稿: ひつじ雲 | 2009年11月24日 (火) 17時52分

ひつじ雲さん>そうですね、日本では 昔の日本家屋、たとえば京都とか古い宿場町とか
そういった場所で見られる以外は この街が独特‘ みたいな場所はないですよね。
ブログには書いてませんが 中世の古い城壁に囲まれた町に行きましたが、城壁の中に今でも住んでいる人たちがいました。
改装して古いものを使い続けているよい例ですね。

投稿: ○さん | 2009年11月25日 (水) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Weinprobe~ Weingut「[MANZ」ラインヘッセンにて | トップページ | Herr Kaufmann 来る!! »