« Vorschulungsuntersuchung (来年度就学児童対象の健康診断)がありました☆ | トップページ | Qi Gongを試してみる☆自己健康管理の週③ »

2009年11月25日 (水)

手加減なし!!

クラス委員になりまして、今までに ちょくちょく仕事もありましたが、

「園児の名簿を作る」

という作業を自ら買って出て、ただいま製作中でございます。

日本だと・・・・・名簿って 学校の担任の先生が作るもの、だけど←現在の日本の学校はどうだかわかりませんが
うちの幼稚園は 親(クラス委員が、というわけではない)が作っています。

先週の初めに こんな張り紙を幼稚園の各クラスの掲示板に張りました。

クラス名簿を作ります。
住所、電話番号等を交換したいと希望する方は この下のリストに子供の名前、苗字、
住所、電話番号、誕生日(←やっぱり ここが重要なドイチュランド)
を書いてください。
リストに名前を記入された方のみに 全クラスの住所リストをお渡しします。

そして最後に

はっきりとした読みやすい字で書いてください!!○さん

手書きの字=Handschrift、 読めんですよ~

主人に「なんで読めるの?」と聞きますと

「君はなんで日本語の手書きが読めるわけ?」

と聞き返されます、同じ理由だそうです・・・・・・・

しっかし~

手加減ないのぅ~ ドイツの方々・・・・
わざわざ 「読める字で」と「○さん」と書いてあるのだから

「あ~ ○さんが作るのだから 文字が異なっているから読みにくいのね・・・・わかりやすい字で書きましょう~」

なぁ~んて 思いやり・・・・・コチラの人に期待した私が お馬鹿だったのでしょうか?

でも アルファベットだけじゃなくて 数字も コチラの方の数字、読めんよねぇ?

|

« Vorschulungsuntersuchung (来年度就学児童対象の健康診断)がありました☆ | トップページ | Qi Gongを試してみる☆自己健康管理の週③ »

2009年度クラス委員日記」カテゴリの記事

コメント

どんな数字を書くんでしょうか?
若いうちの苦労は買ってでも・・・・っていうから 買っときな!!
一年後の君は 必ずSuperになってる!wink

投稿: ミニィキャット | 2009年11月25日 (水) 21時32分

ミニィちゃん>レストランで計算で書かれた
メモなんて 全く読めないことがあるよ!!
何が?って言われてもわからないけど
緻密さが違う?私達?
そうね、まだまだ若いんだから 買っとくわ、苦労~ 特に今年は!!

投稿: ○さん | 2009年11月25日 (水) 21時50分

ブログ、ご訪問させていただきましたー!

ほんと、こちらの人の字って全然読めないよねぇーーー。

クラス委員だなんて、がんばってるねー。頼もしい!!

これからもブログ楽しみに読ませていただきま~す。

投稿: りょうこ | 2009年11月26日 (木) 09時18分

りょうこちゃん>プリティなりょ~ちゃん♪
いらっしゃいませ~
こちらこそ お隣で全く別世界のイタリアのお話、楽しく読んでますよ。
風邪引かないようにね~
ご主人によろしくぅ!!

投稿: ○さん | 2009年11月26日 (木) 10時13分

おお、やはり学校側は作らないんですね。こっちも名簿なんてないですね。個人情報の守秘義務科なんかで、学校は提供できないんですよ、したい人は個人同士で連絡先交換してくださいって前言われましたしね。小学校では、アシスタントの若い子がクラスの生徒の名簿作って(非公式なものとして)渡してくれましたがやっぱりタイプミスが有りましたね(笑)
手描きの文字は、それぞれの国の教え方とか文化がみっちりつまってるからそれ自体で「ブンカ」ですな、私も読めなくて苦労しますが、こっちの人には私のアルファベットは読みにくいらしいです、はい。(もともと日本語でも悪筆です、はい・・・汗)
○さん、がんばって~~!
旦那さんは全部解読できましたか?だといいんですけど。
ほんと、積極的で頭が下がります。

投稿: takako | 2009年11月26日 (木) 21時46分

Takakoさん>そちらもやはり同じですか・・・
「手書きの文字は国の考え方と文化が詰まっている」~ いいですね~ こういう視点でのもののとらえ方、好きです♪
ちょうどこれを作っている時 主人の帰りが遅かったりなんだりで、結局 幼稚園の先生に聞きました~

投稿: ○さん | 2009年11月27日 (金) 11時44分

あぁ、読みづらいですよね、こちらの人の手書き文字。
「日本語の手書き文字」とは、でも、レベルが違うような気がするんですが、私は。
日本だったら、こういう場合は、あまり崩さずに楷書できっちり書くと思うんです。
字が汚くても、読めるように努力するっていうか。
でも、私には、ドイツ人が人が読みやすい字を書こうなんて意識を持ってるとは感じられません。
それとも、あれで、読めると思ってるのかなぁ…
「書き方」の授業とかってやっぱりないのかしら…と何度思ったことか。
でも、万年筆での書き方みたいな授業はあってとってもきれいな文字を書く人もいる、という話は耳にしたことがあるんですが、本当なのかしら…

投稿: ヨーコ | 2009年11月29日 (日) 00時57分

ヨーコさん>人が読んでも読めるように・・
というサービス精神がそもそもこの国の人間にあるのでしょうか?
とりあえずミッションは消化してステキなアドレスリストができました♪

投稿: ○さん | 2009年12月 1日 (火) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Vorschulungsuntersuchung (来年度就学児童対象の健康診断)がありました☆ | トップページ | Qi Gongを試してみる☆自己健康管理の週③ »