« 自己健康管理の週☆その① | トップページ | 毎日楽しく 少しづつ~♪お姉ちゃんの経験から »

2009年11月11日 (水)

今年も St Martinで 歌ってきました!!

♪ Ich gehe mit meiner Latrene und meine Laterne mit mir,
dort oben leuchten die Sterne und unten leuchten wir.
Der Hahn der kraeht, dir Katz miaut, rabimmel, rabammel, rabum-bum-bum♪

ちょうちんと一緒に歩こう、 僕はちょうちんと・・・ちょうちんは僕と一緒に~
空には星が明かりを灯していて その下では僕達が明かりを灯しているんだ
雄鶏はキーキー、猫はニャーニャー。
ラビンメル ラバンメル ラブンブンブン~♪

いよいよちょうちん祭りのハイライト、St Martin祭がやってきました。
昨日の夕方 このあたりはあいにくの小雨模様~

でも、そんなこと子供達には関係ないんです!!

雨の日用のズボンをはいて、マフラーして、帽子かぶって、ジャケット着込んで、
厚い靴下はいて 長靴はいて お菓子を入れてもらうためのリュックサック背負って~

お!!忘れてはいけません、主役のちょうちんを手に手に~

出発です!!

うちのSt Martinのルートは ご近所一周。
敷地を接するお隣さん、日ごろ 散歩などで顔を合わすおじいちゃんおばあちゃんの家・・・に この日は 歌でご挨拶、です。

各家の玄関先まで来ると

○「ここでは何唄おうか?」

お姉ちゃん「え~っとぉ~・・・・・♪Wir gehen heute mit Laternen durch die Stadt♪
を唄う~」

なんて相談した後で 呼び鈴を鳴らします。

お菓子を用意してくれている家々は 門が開けられていて 玄関先はろうそくでライトアップしてあったり、玄関に煌々と明かりがついけられていて

「お菓子が用意してあるよ!!うちにいらっしゃい!」

とわかるようになっています。

うちは静かに夜を過ごしたいの・・・・・という家庭も もちろんあって、そういう家は門は閉ざされ 玄関先の明かりも消えていて 窓は雨戸が締め切られているので

「あ・・・ここは 来て欲しくないんだな」

と一目瞭然にわかります。だからといって その家の人が不親切、無愛想、ってわけじゃあないんですよ。
それぞれの家庭にそれぞれの過ごし方があり、それをお互いに尊重している、のでしょうね。

さてさて!!
呼び鈴を鳴らすと、その家の・・・主におばあちゃん、奥様が 玄関先に出て見えます。
うちは ドアが開くと同時に 歌を唄い始めました。


歌が終わると、お褒めの言葉と一緒に お菓子のご褒美~

子供にはこれがたまらない~、ようです。

お菓子をいただいた後の「Danke~」は忘れないように、ね♪

特に親しくお話をするご近所さん、子供達に目をかけてくれているご近所さんをグルリと
回って家に帰ってくるだけで なんと1時間半!!

お姉ちゃんと僕ちゃんは

「次は 誰々さんの家!!」
「次はどこどこ」

と どんどん母ちゃんを引っ張っていくのだけど、母ちゃんはもう途中でバテちゃって
息あがっちゃっいましたよ・・・・・・いかんねぇ~

ドイツの経済事情もずいぶんひどいものなのですが、その影響が今年のSt Martinにも
まざまざと見て取れましたね。

お菓子の量と質の低下、付き添いの親へのもてなしはゼロ!!去年は 付き添い用に シュナップスとか用意してくれてたのに・・・・・・

たまたま 昨日は悪天候で 歩いている子供、ファミリーが少なかった(風邪も流行っていることですし)ので 

「今日は子供達が少ないようだから いっぱい つかんで行きんさい!!」何故か実家の方言

と たくさんお菓子をくれる家が多かったけど、明らかに華やかさに欠けた 今年のSt Martin、でありました。

Cimg8308

といっても、もう一年間 甘いお菓子を買わなくても大丈夫!! というくらい お菓子が集まりました。

甘いものを大量に毎日食べさせたくはないので 去年のお菓子もずいぶん残っちゃってたんですけど・・・・・

一年に一度のお祭りだモノ・・・・仕方ないよねぇ~

↑写真は テュラノザウルス親子に狙われたお菓子たち☆

|

« 自己健康管理の週☆その① | トップページ | 毎日楽しく 少しづつ~♪お姉ちゃんの経験から »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

催し物いろいろ」カテゴリの記事

コメント

おちゃめなテュラノザウルス~happy02
雨の中ご苦労様でした。
去年はお母さんにつれて歩かれている子供達、ってイメージが強かったけど、今年は
とうとうお母さんが子供につれまわされる・・・ようになったんだねぇ~
成長したもんだ。

ドイツも経済状態は思わしくないようだね・・・ふぅ~


投稿: ミニィキャット | 2009年11月11日 (水) 11時32分

なるほど~、そうやって「来てね」と準備OKなお宅が見分けられるようになっているんですね!しかも、付添い用のおもてなしまであるなんて!すごいです~。そして、そこにも不況の影が・・・。

うちに来てくれた男の子たちも雨の中元気でした。我が家も1組だけの訪問だったので、ちょっと多めに持って帰っていただきました。

投稿: Summy | 2009年11月11日 (水) 13時55分

ミニィちゃん>行事ごとで子供の成長は確かにはっきりと確認できるよね。
こちらの体力低下も・・・・(汗

投稿: ○さん | 2009年11月13日 (金) 17時05分

Summyさん>立場が代わって歩く側になるときっと なるほど~と思うことがたくさんありますよ♪
日ごろお世話になっている近所のおじいちゃん、おばあちゃん達が子供達の訪問を楽しみに待っていると思うと素通り・・・・はできませんよねconfident

投稿: ○さん | 2009年11月13日 (金) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自己健康管理の週☆その① | トップページ | 毎日楽しく 少しづつ~♪お姉ちゃんの経験から »