« 人生が豊かであるために♪ | トップページ | お姉ちゃんの日本語のバイブルって? »

2009年12月15日 (火)

そう思う理由?

コチラにもリンクしているブログ内でちょっとした論議?に沸いた話題が ひょんなことから
わが身に降りかかってきました・・・・・←大げさ!

昨日の午後 幼稚園へ子供達を連れて行ったときのこと~

園長先生「○さん、ちょっとお願いしたいことがあるのですが!」

○さん(なんだらう?)

園長先生「お宅には子供用の着物がありますか?日曜日のGottesdienst(日曜礼拝)
での出し物に お姉ちゃんに 中国人をやってもらいたいのですが
その時に 着物を着て出てもらいたいの!!」

あんぐり~

着物・・・・・ですか? またなぜに中国人?

園長先生「設定はこうです。手に魚を持ったお姉ちゃんが『ああ、あの子供達は
きっと食べるものがないのだろう』といって手に持っている魚を子供達に差し出します」

やりたいことや趣旨は飲み込めましたがね(苦笑

園長先生「中国人と日本人は 似ているし 着ているものも同じでしょう!!
だから着物を着て登場してくれたら素晴らしいんだけど!!」

同じじゃない!!!ですよ←あくまでもにこやかに~

○さん「中国人は日本の着物は着ません。娘が中国人の役を演じるのは納得しますが
衣装は きちんと 中国の衣装を着させます」

ココはドイツの田舎町。
アジアの国民、文化、生活にはまだまだ理解が薄い。

しかし なぜそれを言われると「自分は日本人であるから」と訂正したくなるのだろう?

いや・・・・・自分の身分を訂正したいのではなく、間違っているあなた方の知識を正したい、だけなのではないだろうか?

家に帰ってきて 早速 子供用チャイナドレス製作にかかった○さん。
しかし 気持ちのしこりは消えぬまま~

夜 パパさんに自分の気持ちを打ち明けてみる。

パパさん「僕が日本にいた時にほとんど100%の確率で言われたことは
『貴方はアメリカ人ですか?』でしたよ(笑
そういう時は 僕はいつも 『いいえ、僕はドイツ人です』と 相手を否定するつもりではなく 相手に正しい僕を理解してもらう意味で言っていましたし、相手にも正しいことを勉強してもらうチャンスを持ってもらうために きちんと言って上げることはいいことだと僕は
思います」

○さん「中国人を演じるのに『着物を着てください』といわれて 私が『え?!』って
思っちゃったのは当たり前だと思う?」

パパさん「う~ん・・・・・たとえば 北ドイツ人がダンスに行こうと思った時に
ディアンドル(チロル、南ドイツの民族衣装)を着て出かけるのか?といえば
そうじゃないでしょう?
ドイツ・・・・といえば 皆そうか?といわれれば 『いいえ、それは南のほうだけで
我々はその衣装は着ませんよ』ということになりますよ。
君が そういう気持ちになるのは おかしなことじゃないですよ。

でも なんで中国人なんでしょうね?『日本人じゃ駄目なの?』って聞いてみればいいのに」

はい、私もそう思いました、ごもっともですけどさ~

パパさん「僕達は『ヨーロッパ人』としてくくられている意識がありますが、日本人やアジアの人たちにはもしかして『アジア人』という塊である、という意識が少ないのかもしれませんね」

我々アジア人は~!!・・・・・・・うん、あまりそう考えない。

パパさん「ドイツは まだまだアジア人というと 中国人が代表みたいに考えてしまうんですね。
だって 大抵どの町にも中華料理屋さんは必ずあるでしょう?
だから単純な理由で アジア人の容姿をしている人を見たら「中国人」になってしまうんですよ。」

パパさん「中華料理屋さんの隣に 必ず 寿司レストランが立ち並ぶようになれば
コチラの人たちも お決まりのように『貴方は中国人ですか?』とは聞かなくなると思いますけどね~

いいなぁ~ そんな環境♪」

寿司好きなパパさんのお話の〆でありました。

自分にとっては 自分とは?民族とは?国家の抱える歴史背景とは?・・・・・・・
深く考えるいいチャンスをいただけた話題だと思っていますよ!!

というわけで、裁縫が大っ嫌いな母 ○さんは、夜なべで チャイナ服を縫い上げたわけでありました~♪

|

« 人生が豊かであるために♪ | トップページ | お姉ちゃんの日本語のバイブルって? »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

日本にいるとそういわれることってないので今一よく雰囲気がつかめないのだけど・・・・
外国に出てみると 本当に思いもかけないようなことを深く考えてみたりするようになるんだね。
アジア人・・・・思わないなぁ・・
ヨーロッパの国の発展とアジアとでは 何か大きな精神的な部分での違いがあるんだろうか?
戦争?ヨーロッパだって隣同士で戦ってたし・・・・・

しかし、チャイナ服作っちゃったの?○さんが?!
ちょっと絶対見せてね、お姉ちゃんが着ている写真!!happy01

投稿: ミニィキャット | 2009年12月15日 (火) 08時41分

わかるワカルその気持ちー!!
なんだか訂正したくなるんだよね~。
ニッポンを自慢したいとかとはまた違う気持ちだと思うんだけど、アジアでも、それぞれの国にそれぞれの異なる文化があるってことは分かってもらいたいと思ったりする。
相手も、こちらが説明して興味を持ってくれる人と、ふーんと聞き流される場合と色々あるから難しいよね。
でも、私も無意識のうちに”ヨーロッパ人”とか”アフリカ人”とか、ひっくるめちゃってる部分あるだろうから、人の振り見て、、です。。
それにしても○さん、チャイナドレス作っただなんて、すごすぎる!!!!!絶対写真載せてねー!!!んー、でも、折角だったら、お姉ちゃん、着物着て日本人として出て欲しいところだけれど!

投稿: りょーこ | 2009年12月15日 (火) 11時03分

外国に暮らしているその国の人間ではない人間・・・ですか。
海外で暮らされている方のたいへんさというのを改めて垣間見た感じです。かっこいい、ステキ、だけでは海外で生活はしていけないのですね。
しかし ヨーロッパ、ドイツで日本はそれほどに知名度が低い国だったとは・・・・自分には意外な事実でした。
私も 日本、日本人であるじぶん、と他の国の人々について
深く思ういいチャンスをいただけました。

投稿: ひつじ雲 | 2009年12月15日 (火) 16時28分

ミニィちゃん>チャイナドレス、じゃあないからね!(笑
あとは気の利いたボタンでもあってつけてあげればさらにそれっぽいんだけどね~

投稿: ○さん | 2009年12月16日 (水) 10時43分

りょ~ちゃん>今回は「正しく理解してほしい」っていう気持ちが強かったかなぁ?なのでせっせと作っちまっただよ~
あんまりすごいこと想像していないでね、チャイナ服~
ドレス、じゃあないから!bleah

投稿: ○さん | 2009年12月16日 (水) 10時45分

ひつじ雲>まず最初に「中国」そして「韓国」、そのあとに「日本」という順番ですね・・・・
名前は知られてても文化や言語、食事に関してなんかは
もうどれがどこの国、なんていうのは全く知られていませんよ。
日本は他国の文化や習慣をどんどん輸入していっているので
日本人は外国のこと、微妙な違いなどきっとよく知っているんですよ・・・・といっても実際に住んでみると それも全然違ってたりするんですけどね~ 簡単じゃない問題ですcoldsweats01

投稿: ○さん | 2009年12月16日 (水) 10時50分

なるほど~、こういう事も有ったんですね。
(上で触れられた張本人、訪問です(汗))

一つ挑発的なことを書くと、様々なところで火がついてしまうことを今回私は学びまして、今後は何か書くとすれば(まだやるのか!)様々な観点から何度も考えた末、それに対する責任をきっちり取るつもりでやろうと思っています。
自分のブログで、意見を表すことはこれからもしていきますが、あちらを立てれば、こちらが立たず、と言うことは今後も出てくるでしょうし、誰かを立てるための表場ではないですし、100%全ての人に受け入れてもらうのも私の性格上、難しいので。
と、人様のブログで言い訳をするのではなくて、

○さんの感じたことは、差異を明らかにする事であって、上下をつけることではないですし、その点で気にされる事はないと思います。(ご自分でもお分かりかと思いますが・・・)

服はすごいですね、ドレスでもなくてもすごいです。
裁縫がめちゃくちゃ苦手な私は、尊敬です、もう。

投稿: takako | 2009年12月16日 (水) 16時50分

Takakoさん>その後のコメントを先ほど読みました。
きちんと相手のコメントに対応してらっしゃいましたよ。自分は言われたことに対してすぐ「カッ!」となっちゃうので ああはいかんだろうなぁ・・・挑発的、というか・・・自分として書き物をすることは悪いことではないですよ、やっぱり。
自分と自分以外の人間は同じではないのだから、また同感して欲しくて書いているわけではないのだからね。Takakoさんはこのときこう思った、では私はどうなんだろう?そんな問題を提議してくださった記事だったんですよ、私には。

わたしも裁縫は駄目です、ほんっとうに駄目なんです。
日曜日に写真を撮ったらメールするなり記事にするなりいたします、期待しないで待っててねsmile

投稿: ○さん | 2009年12月17日 (木) 12時07分

初めてコメントします☆
連絡いただいてこの出来事に少し関った(あれで?)のがちょっと嬉しかったsakiです。
なんせ、カナリア諸島で似たことに遭遇したから。

物乞いをしている外国人のお姉さん(スペイン人ではなかったけど、どこかヨーロッパの方か南アメリカの方だと思う。)にかなり強気に”ニーハオ”って呼び止められて。
最初は何のことか分からなかったけど、ああ、私を中国人と思ったのね・・・・と。
そこでも日本人と認識してもらえなかったことに少しイラダチ、しかも強気で紙コップを目の前に突き出されたのに腹立ち。
思わず、”中国人ではありません!!”って言っちゃいました。やはり他国の方と間違えられるのはいい気はしませんね。
中国が大国だからしょうがないかな・・・・。
うちの夫も日本で、アメリカ人と言われた事が数回。
今は彼の気持ちが分かります。

間違えられてイヤな気がしたけど、実際見た目で中国人と日本人の違い(特に着物等着てないと)ってどこでしょうかね?
この前、ドイツ人のおばさまに尋ねられましたが、答えられませんでした。〇さんどう思われます??

縫い物苦手って言われてた〇さんがチャイナ服作っちゃうなんてすごいです☆
私も写真みたいな~。

投稿: saki | 2009年12月24日 (木) 05時40分

Sakiさん>初コメントどうもありがとうございました!
中国人と日本人の違い・・・・着物以外には 言語、食べ物、生活様式・・・・は違うと思うけど身体的に、といわれたらやっぱり同じアジア人なので同じか近いものがあるんでしょうね。
でもそれ以外にっていわれても・・・う~ん、いい質問ですね(汗
歴史の背景だけが間違われたときに嫌だと思う理由、とは私は思えないですよ。むしろ愛国心や自分を愛する気持ちが間違いを正したいと思わせて
それが腹立たしい原因なんじゃないかなぁ?
と思いますが・・・・
子供のテレビ番組でも思いっきり間違っているか中国と日本の文化がぐちゃぐちゃになって出てきているのを見ると 怒れるより悲しくなりますよ。

縫い物、本当に苦手なんですってば!!(笑
Sakiさんがあの時ドイツにいたらもう泣きついてたの間違いなし!!
Sakiさんがいなかったのは「自分でなんとかしろ!」っていう天の声だったのだと思ってます~
いつか裁縫の極意、教授してくださいhappy02

投稿: ○さん | 2009年12月24日 (木) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人生が豊かであるために♪ | トップページ | お姉ちゃんの日本語のバイブルって? »