« お寿司と白ワイン♪ | トップページ | さよなら うーたん・・・・ »

2010年2月11日 (木)

新たな白を求めて☆

雪 雪 ゆ~き~・・・・・・うんざりな毎日でございます。

昨日の夜はうんざりがピーク。
水曜日は お姉ちゃんのダンスとカンフーがあるので、その送り迎えストレスっていうのも
あったし。
今日歯医者だったので それも原因だったと思うし。

お姉ちゃんの彼氏のM君ファミリーは 明日からTeneriffa、いいなぁ~
私もあったかい所に逃避したい~!

で、今日歯医者の治療だった。
結婚後 ず~っと虫歯なんて縁がなかったのに、ここ1年くらいで虫歯の発見率が多くなっている。

思い当たる節は、2つ!

産後の肥立ちという奴。カルシウムを吸い取られた母の体はいまさらながらにガタガタ。

あとは歯磨きをゆっくりしている時間がない、ことでしょうな~
僕ちゃんが「お母さん」といえるようになった頃(どこかに記事が書いてあるはずです☆)
は 尿意さえも忘れさせる勢いで いつも僕ちゃんかお姉ちゃんのどちらかが
私を呼んでいたし・・・・

自分の時間、しっかりじっくり、持たんといかんですね。

・・・・ということで、歯の治療が終わったら 気分が ぱぁ~っと晴れました。

それをいいことに、幼稚園のお迎えまでには十分時間もありましたから
以前からず~っと気になっていたワイン屋さんまでドライブに行ってきました。

雪をも溶かす ワインへの情熱!!熱いっす~

隣の隣村、小さな村にあるというそのワイン屋さん。
途中から出ている看板を頼りに そろそろと雪原を行く○さん。

どんな小さなワインのお店かと思いきや!

もんのすごい大きな(しかもモダンな)事務所とワインの倉庫を構えたWeinhaendlerでした。

「御用の方は呼び鈴おしてね」

玄関の呼び鈴を押すと、これまたなんとも 今年流行の紫のロングスカートのスーツに
身を包んだおばちゃまがお出迎え。
どうやらオーナーのようです。

○さん「こちらのワインに興味があって来ました。約束も何もしていませんがよろしいですか?」

彼女の流れるようなしぐさに招かれて、初対面でちょっと緊張している○さんは
その一角のワインの販売コーナーに誘われました。

オーナーさん「うちはイタリア、フランス、スペイン、ポルトガルのワインを扱ってます」

ドイツワイン、うちは結構経験をつんでいて 調度他のワインのことをもっと知りたい!
と思っていたところなので 願ったりかなったり♪

○さん「うちは個性的な味、しっかりした味のワインを好んで飲みます。
今回は 特に食事のときに飲める白ワインを探しに来ました」

オーナーさん「なるほど」

と、彼女は 何種類かのイタリアワインを私に勧めてくださいました。
どれも 南イタリアのワイン、しかも 全然名前を聞いたことのないような葡萄。

今回は お勧めされたうちの4本を買ってきました。Cimg8816
左から~

Grechettoという葡萄、Umbriaという地方が産地。
真ん中の2本、Nuragus di Cagliari、 Vermentinio di Sardegna、サルジニア島。
右、Tocai Fruilano、Grave del Friuliという産地。

どれも白ワインで辛口ですが、左から3本はとてもフルーティー、しかしどれも味が違う、右の一本は典型的なイタリアワイン、でもまろやか、だそ~です♪

お店の奥には 体育館ほどもあろうかと思われるほど 大きなワインの倉庫。
オーナーはそこも少し見学させてくれました。

お話を聞いていくとどうやら大きな商社がらみではなく、お1人でこのワインの商売をなさっている様子。
あちこちに本拠地を移して、今は この小さな村に、それでもすでに8年店を構えている
のだそうです。

○さん「ご自分で味見をされてワインを仕入れてこられますか?」

オーナー「はい。必ずそれぞれのワイナリーに足を運び、味を確かめて買い付けてきます」

なかなかいいお答えですね♪

今までのワイン農家探求でわかっていることは ワインを作っている人の人柄は絶対
ワインに反映している、ということ。
このオーナーさんは ワインは作っていないけど、 でも 彼女の選んでくるワインって
きっと彼女のように物腰が流れるようで しかもおしゃれで 親切で バイタリティーのあるワインなんじゃないかな?って 期待持てちゃいました。

2月14日、バレンタインデーは パパさんと初めて会った日記念日。
しかも 今年はJubelium、10年です。
土曜日に パパさんと一緒に栓を開けようと思います♪

|

« お寿司と白ワイン♪ | トップページ | さよなら うーたん・・・・ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おぉ~そんな面白いWeinhaendlerがあるなんて( ̄ー ̄)ニヤリ

でもそこはドイツワインは扱ってないんですね。他国もまた興味しんしんだなぁ。あぁこれから先、まだ飲まないといけない(?)ワインがまだまだドイツにも他国にもいっぱいですな~^^

ワイン、奥が深いわ~

投稿: ポッポ | 2010年2月11日 (木) 12時56分

食にかける情熱~ よいわ!
そちらでも珍しい葡萄なら 日本できいたことがあるはずはない!
10年目のステキな夜、いいワインで乾杯してください。お味のレポート、待ってますよ~んsmile

投稿: ミニィキャット | 2010年2月11日 (木) 15時01分

今度はイタリアワインですね!
私もお味のほうのレポート、楽しみにしてます。
ご主人との記念のステキな週末になりますね。

投稿: ひつじ雲 | 2010年2月11日 (木) 17時19分

2月14日に出会ったなんて、ロマンチック☆
私はいつパパちゃんと出会ったのか、定かでないですわっ。

ワイン、いいですねぇ。あー。あと1年くらいの辛抱かなー。先日1杯飲んだのですが、それで結構ほろ酔いになってしまいましたっ。でもきっと飲み始めたらまた鍛えられるのでしょうなっ(笑)

素敵な14日になりますように!

投稿: Yuka | 2010年2月11日 (木) 21時20分

ポッポちゃん>ハードはOKでした。さてソフトはどうでしょうかね?乞うご期待!

投稿: ○さん | 2010年2月12日 (金) 18時09分

ミニィちゃん>ステキな夜になるように努力します~!!smile

投稿: ○さん | 2010年2月12日 (金) 18時10分

ひつじ雲さん>はい!レポート待っててください。confident

投稿: ○さん | 2010年2月12日 (金) 18時13分

Yukaさん>また鍛えられてください!
子育てが楽になったらいつか一緒に飲みましょう!!

投稿: ○さん | 2010年2月12日 (金) 18時17分

こちらのお店にはカタラットはなかったですか~?

投稿: kaeru | 2010年2月16日 (火) 11時34分

Kaeruちゃん>なかったでした~
シチリアのほかの全然名前が知らないワインはおいてありましたよ!飲むチャンス、あるかなないかな?

投稿: ○さん | 2010年2月17日 (水) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お寿司と白ワイン♪ | トップページ | さよなら うーたん・・・・ »