« 家族DVD鑑賞 「Oben」~邦題「カールじいさんの空飛ぶ家」 | トップページ | オペラ「Simone Boccanegra」~ベルリンStaatsoperにて »

2010年3月29日 (月)

やってくれたね、DBさんよぉ~!

世界的有名なテノール歌手、プラシド ドミンゴ!

1988年、1999年、と 11年ごとに生ドミンゴの演奏を聴いてきましたが・・・

さらに11年経った今年 光陰矢の如し~ 

2010年、再びドミンゴが聴けるチャンスが廻ってきた!!

・・・・と 半年以上前から 楽しみにしていた ベルリン Staatsoperでのオペラ
「Simone Boccanegra」でした・・・・・が しかし~ ←これについては 次回

これを聴くために 土曜日は 再び パパさんに子供をお願いして DB(ドイツの国鉄)
に1人乗って ベルリンへ~

DB、今では信じられますが 時刻表より5分遅れで ことが運ぶのが常。
だったら 5分遅らせた時間で 時刻表も書けば良いのにね~

今までに ○さんが経験した一番ひどい DBの殿様営業ぶり は 
理由は もうすっかり覚えていないけど 

電車がこなかった・・・っていうのでしょうね。

そのときは 腹を立てるより これからどうしよ?ってことばかり心配だったのが記憶に
残ってるわ。。。。。

そして 土曜日も、あいもかわらず の~の~と やってくれました、DB!

プラットホームに立ち、電光掲示板をみて あたしゃ 固まったさ・・・・

「今日は 列車は 一つの部分のみ 運行です」

ここからベルリンに向かう電車は、別々の2方向からの列車が、Hammという街で
連結されて なが~い電車になって運行しています。

その2つのどちらかの部分が 今日は 走らない・・・・・・は???

そして  その走らない電車の中の一席を予約していた ○さん。

席の予約というのは!

必ず席に座れる、という 保障をお金で買うもの!

というのが それまでの○さんの自論でありました。

パパさん「DBですよ~ プププ♪ それは 電車が走った時の場合で、走らない電車
の場合は 無効です」

考えてみて!!
もともと 2つの電車を連結して運行している列車が 半分になってしまった・・・・・
ってことは、乗る予定だった人は 全て その中に押し込まれている、ってことじゃあ
ないの?!

たかが2時間半、されど 2時間半~  あたしゃ 座って行きたいよぉ~
老体にはすでに辛いっす・・・・・

しかも その理由が・・・・・

機関首(ロコ)の部分が故障したため~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗

故障したんだったら、動くロコに取り替えるということは しんのか、DB?!!

パパさん「DBですよ~ プププ♪ 余っているロコなんて あるわけないじゃないですか~」

ありえない理由のキャンセルに腹を立てていたのは 私くらい。
他の乗客は 主人同様 いたってクールな態度。

DBのモノポール的な経営を 「仕方がない」 と どのドイツ人も納得しているようです。

私は やっぱ 定時にきっかり時間が到着して当たり前! 
お客様の安全で快適な旅! がモットーな 日本で育ってきてますから
DBの 全く信頼できない経営に 骨の髄までなじめないのは いたしかたあるまい?

ま、予約代は返って来たんだし、結局 一等車に座れたので(ラッキ~☆)
怒りもおさめることができたんだけどさ~
↑s車掌、チケット拝見にさえ来なかったわよ!

そんなドイツの列車事情~

|

« 家族DVD鑑賞 「Oben」~邦題「カールじいさんの空飛ぶ家」 | トップページ | オペラ「Simone Boccanegra」~ベルリンStaatsoperにて »

ところ変われば」カテゴリの記事

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

〇さん、またやられましたか~。
DBも次から次へと懲りんの~・・・・・。
バスなら、交通状況で遅れるのは理解できるけど、線路独占している電車が遅れるんじゃ、確かな乗り物なんてありませんね。

ドイツ人からしたらJRなんて奇跡なんじゃないかな~。

ちなみに(もう話ましたっけ??)私は自分の結婚式前日に、フランクフルトからの電車が遅れたためにKasselからの乗り継ぎの最終に間に合わなかった妹を迎えに行き、帰ったのは23時半ってことがありました。
本当にありえん!!

投稿: saki | 2010年3月29日 (月) 11時49分

ワンマンで国を牛耳っているDB,恐ろしすぎる。
対抗して私鉄を!なんて声は ドイツ人の中から・・・あがりそうもないね(汗

投稿: ミニィキャット | 2010年3月29日 (月) 12時57分

驚きました、ドイツの鉄道ってそんな風だったんですね~
イタリアのバスや鉄道の話は信じられますが(スミマセン)堅実とかまじめとかイメージのドイツ人・・・
目からうろこでしたwobbly

投稿: ひつじ雲 | 2010年3月29日 (月) 16時57分

Sakiさん>Sakiさんも痛い目にあってますね・・・
まだ結婚する前に義父母が日本に遊びに
来ていて、そのときに鉄道を使ってあちこち連れて行ったのですが、義父が
ドイツ人鉄道関係者は日本に行って経営や運転技術を学ぶべきだ!
っていっていた意味、当時はよくわからなかった
(だって鉄道って時刻どうりに動くものって信じていたし)けど 今じゃあよくわかっちゃいますよねぇ~

投稿: ○さん | 2010年3月31日 (水) 08時48分

ミニィちゃん>私鉄は出来んだろうね~
これ以上線路を増やして景観を損ねる、っていうことが問題にもなってきそうだし~
JRがDBを買収でもすれば話は早いかも?!
それもないか?!

投稿: ○さん | 2010年3月31日 (水) 08時50分

ひつじ雲さん>イタリアにいるお友達から聞くイタリアの話はさらにすざまじいですが、
ここも日本と比べたら、あれ?ですね・・・・
っていうか 本当に 日本の鉄道はすばらしいです、というか 恐ろしい~(あれほどまでに定時に着くってすごい!)

投稿: ○さん | 2010年3月31日 (水) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家族DVD鑑賞 「Oben」~邦題「カールじいさんの空飛ぶ家」 | トップページ | オペラ「Simone Boccanegra」~ベルリンStaatsoperにて »