« どこへ行くのか ウィーン? | トップページ | 母がいると・・・・・・ »

2010年3月18日 (木)

ウィーンの響き VS ベルリンの響き

Cimg8897
ウィーンフィル、ニューイヤーコンサートでも有名な Musikverein, 楽友協会のホール
でございます。

3月7日(日曜日)、到着早々 ウィーンシンフォニカ の演奏を聴きに行ってきました。

曲目  Carl Nielsen 「Pan und Syrinx」

そこの描かれた物語が目に見えるような音楽、とてもステキだった。

Robert Schumann 「Konzert fuer Violoncello und Orchester a-Moll OP.129」

シューマンらしいロマンチックな曲。

Antonin Dvorak 「Symphonie Nr.6 D-Dur, OP.60」

ドボルジャークらしい ハンガリーチックな曲。

2007年に 主人と一緒にウィーンフィルをこのホールで聴いたときには、
弦の音の美しさに 鳥肌が立って 涙が出てきたけれど
今回も フワァ!! と浮き上がってくるような 天に向かって舞い上がっていくような
弦の響き、美しかった。

ベルリンでも、音楽を聴きますが、
ベルリンフィルは 金管がうまい!
そこだけ ポーン!と音が 前に飛んでいて 身が引き締まる思いがする。

そこへいくと、ウィーンのオーケストラの金管は 控えめ・・・・・

3月11日(木曜日)、ベルリンでも有名な DSO、Deutsches Symphonie-Orchester Berlin
が、
ちょ~ど この 楽友協会のこのホールで 演奏会があるというじゃないですか!!

ウィーンの弦の響きが美しいのは ホールのせいなのか?
はたまた ウィーンの響きであるのか?

ベルリンの金管が パァーン! と出るのは 果たして ベルリンの響きだからか?

それを自分の耳で確かめてみたくて 行ってまいりました。

その日の曲目は・・・・

Ludwig van Beethoven 「Konzert fuer Violone und Orchester D-Dur, OP61」

バイオリン ソリストの Leonidas Kavakos、ギリシャ人。
とても上手だった、すごかった。

Igor Strawinsky 「Feuervogel」

リムスキー コルサコフ のお弟子さんだけあり、彼の曲のメロディーなんか
ちょっと 思い出しちゃったり・・・・
ロシアの響き、私は大好き♪

さてさて~ 弦の音。

明らかに ウィーンの弦とベルリンの弦は違ってました。

ベルリンの弦、ふわ~っ、と 上がってはこずに、 むしろ 音が一体となって真正面からぶつかってくる感じ。

「火の鳥」では 途中、バルコン(2階客席)から トランペットを演奏したり、
やはり 金管には 深い思い入れがあるのか、ベルリン????

なんで、こんなに弦の響きに違いがあるんでしょうか?

私は ホールかなぁ? って 思ってたけど、そうじゃなさそう・・・・

主人は「楽器が違うからだよ(ベルリンの楽団はドイツの楽器、ウィーンはイタリアの楽器が多い)」といいます。

でも・・・・主人も 専門家じゃないし・・・・・・

ああぁぁ~!!

いらっしゃったじゃないですか~ バイオリンの専門家さん♪

次回、ハーブを買いに行ったら 必ず質問してきます!!

|

« どこへ行くのか ウィーン? | トップページ | 母がいると・・・・・・ »

ウィーン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

○さぁぁん、素敵。鳥肌が立ちましたぞい、読んでいて・・・。
国柄というか、その土地での音楽性なんでしょうか? ハーブのお店の方ヴァイオリニストでしたか、是非是非彼(彼女)のご意見を~!
○さんの先生は何かその点についておっしゃってました?ヴァイオリンは、イタリアのものがプロの間でも勝手に人気なのかと思っていました、、クレモーナでしたっけ、あの辺で作られているような。
ニールセンをお聴きになったんですね、ウィーンで聞くニールセンってどんな感じなんだろう!?
うわぁ、羨ましい~~~(チキン肌継続中)

それから、○さん自身のレッスンですが、夜の女王のアリアを練習されてきたんですね。
もう!!すごい!あんなに高い音が出せるんですね~~!

びっくりマーク多用ですみません・・・充実した日々だったようで、よかったですね。
お子さんたち良くなりましたか?お母さんが帰ってきて安心したのかな。

投稿: takako | 2010年3月18日 (木) 22時42分

○さん、おかえりなさ~いo(*^▽^*)o

ウィーンは本当に充実していたようですね!


こんな伝統のある素晴らしいホールで
一流の音楽が聴けるとは本当に
羨ましいです。(*>ω<)o

パパさん始めとするみんなの協力、
そして何より、○さんの行動力が
素晴らしいと思います!!

忙しい忙しいって、めんどくさがって
ばっかりの私だけど、
もっといろんな事チャレンジしな
くっちゃ~!○さんみたいにheart02

投稿: のっち | 2010年3月20日 (土) 12時37分

Takakoさん>ニールセン、雰囲気は「ペーターと狼」に似た物語を曲で表現したような場面を想像しやすい曲でした、私は好きでしたよ。
お子様は・・・・いかんです、僕ちゃんは再び肺炎寸前状態、お姉ちゃんは中耳炎、と行くところまでいってますなぁ~
私はエネルギーもらって帰ってきているので大丈夫ですよ!

投稿: ○さん | 2010年3月20日 (土) 20時10分

のっちさん>のっちさんはめんどくさがり屋、じゃないですよぉ~
手間隙かかった料理、酒あるところにのっちあり←
スミマセン、言いすぎ・・・・ng

私も自分の情熱の傾くところ、にしか動きませんもん~(笑

投稿: ○さん | 2010年3月20日 (土) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どこへ行くのか ウィーン? | トップページ | 母がいると・・・・・・ »