« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

葬儀のオルガニストをやってみて また一つ、異国ドイツに触れてみる~

長いタイトルになっちまった・・・・が 全くその通りでございます。

記事も長くなっちまいました。よしんば お付き合いくださいませ。 

3月頭?お姉ちゃんの行っていた音楽教室の先生Cに村のスーパーで出会いました。

「主人(趣味のピアニスト でも村の教会行事などでオルガンを弾いている)が
手の骨を折ってしまったの。
で、○さんに オルガンの助っ人をお願いしたかったんだけど~」

それは光栄な話!!  

Cさん「もしかして 教会事務所から連絡が入るかもしれないから~!!」

そして 今週火曜日 突然 村の教会事務所から電話が掛かってきたのでした。

「木曜日に葬儀があります。そこでオルガンを弾いていただきたいのですが」と~

木曜日は 一週間で唯一 お姉ちゃんの習い事のない日☆
もちろん 引き受けましたよ。

早速 当日牧師さんを務める Frau Sに連絡を取る。
Frau S は子供達の幼稚園に 今年の2月から来た新しい女牧師さん。

幼稚園のクラス委員会会議、Gottesdienstなどで 何回かすでにお目にかかったことはあるのだが・・・・

目が笑っていない人、言葉に魂がこもっていない人・・・・・というのが私の印象~

でも知らない土地に来て まだ間もないのだから 人前で顔が引きつるのは
しかたがないかな?

↑こんなところが 日本人的思いやりである・・・・

Frau Sは 火曜日午後に 未亡人に合って話をしてから 葬儀のプランを立てるから
明日(水曜日)に弾く曲を私に伝えることが出来る・・・・という。

水曜日の朝、子供達を園に送っていったついでに Frau Sのお宅に伺いました、
これ一応 事前打ち合わせだったりする。

小学校の入学式、幼稚園のGottesdienstなどで オルガンは弾いたことがあったけど
葬儀、ましてや正式なる教会事務所からの依頼、仕事として受けるのは初めてな○さん。

Frau S「明日 貴方には4箇所でオルガンを演奏してもらいます。式の開始の時、
途中で歌を2曲と 最期のお別れの時、です」

ドイツのプロテスタントの教会には Orgelbuch=オルガンの本 というのがあって
どのGottesdienstにも その中から曲を抜粋するのだけど
今回もその中からすでに 歌 2曲が抜粋されてました。

○さん「楽譜がないので楽譜をいただきたい」 ←悪びれもなく

Frau S 「は?!」

ものすごい驚かれましたよ~  私も驚いたけどさ・・・・・

どうやら 全くの初仕事だということまでは知らなかったので驚いた Frau S。

赴任してきて(牧師さんも転勤があります)2ヶ月もたつんだから 楽譜のありか、くらいは 知ってるじゃない?と驚いた○さん~

Frau Sは Kantorin=教会の音楽を統括する仕事 にすぐに電話をしてくれて
幼稚園でGottesdienstをする教会に 楽譜が置いてあるので
それを使えばいい、と助言を受けたようで 早速 2人で教会に足を向けました。

まず 提示されている2曲を探し出し・・・・

Frau S 「弾いてみて」

昔とった杵柄ってやつで 初見演奏、即興演奏、いろいろ鍛えられておりますので
それはたいした問題じゃなかった。

さらに 式の開始時に弾く曲を一曲と 最期のお別れのときに弾く曲を2曲 ピックアップしてくださり
(さもないと 私には 何を弾けばいいのかさっぱりわからないから)
その3曲も 初見演奏~♪

Frau Sは 初見演奏に痛く感激されておられたようでした。

Gottesdienstに出られたことのある方は こちらの村に所属するレベルのオルガニスト(副職)のレベルが
お分かりだと思いますが・・・・
もちろん 本業としてやってらっしゃる方は別でございますよ~ 

しかし その葬儀の行われる教会のオルガンは弾いたことがなかったので
その後 その教会に行き 午前中はオルガンの練習に勤しむ○さん。

そして本日 当日・・・・

今朝も子供達をさっさと園に送り 8時から10時まで早朝練習。

午後は葬儀15分前に村の Waldfriedhof=森のお墓 (その名の通り森の中に墓地があります。そこに教会もあります) に到着した○さん。

ほぼ同時に到着した Frau Sと ご挨拶。

すでに多くの参列者が教会の周りに屯っていました。

この教会のオルガンは2階にあって 一階の参列者が見通せるのだけれど、
自分が演奏の用意をしてしまってから 参列者が続々と教会に入ってきて
それぞれに席を見つけてすわり 水を打ったように静まり返っている・・・・

場が持たない・・・・・

と・・・・・・○さん、そこで 気づく。

「開始の演奏は いつ始めるんだろう?

もしや 今弾くのでは???!!!!」

気づくのが遅い私も悪いが そのタイミングをきちんと説明してくれていなかった 
Frau Sも いけずじゃない?!

そそくさと 葬儀屋さんを探しに行き、

「私は Frau Sが入場してから弾くの?それとも今弾くの?」

若い葬儀屋のお兄ちゃん

「それは大将にきかないと・・・・」 話にならん・・・

うろうろしていて Frau S が入室してしまっては なお悪い!ということで
持ち場に戻る。

Frau S はまだ入場していなかった  安堵~

・・・・と 鐘が鳴り出した。
そこで ○さん 納得する。

「あ~ これが開始の鐘だ!」   ますます安堵~

Frau S が入ってきて 式は始まった。

式中は特に自分にハプニングもなく タイミングも問題なく 演奏は滞りなく終了。

大事な人を亡くした悲しみはどの国も同じ・・・
私も 全くご縁のなかった方ながら ほろっときてしまった~  

同情するところも日本人的? ドイツ人は全く面識のない人にまで同情いたしません~

Frau S に 挨拶に行くと・・・・

「貴方にお願いがあるの。2番目に唄った あの歌は 次回からはもっと早く弾いて頂戴」

え????

Frau S「私は修行をした歌手じゃないから あんなにゆっくりは歌えないわ」

う~ん・・・・・・意外な盲点。

普通の楽曲の楽譜には 曲の冒頭に その曲の速さや雰囲気が指定されているけど
Orgelbuch の中の曲には ソレが一切指定してなくて
雰囲気は 教会チック、しかも葬儀に弾く曲、ということで
自分は どの曲も ゆっくりしたテンポを想像してしまっていた。

貴方の歌えるテンポで・・・ですか・・・・?  さすが 個人主義の国だ!

○さん「すいません ← とりあえず謝っておく 腰の低い日本人 本当は コレドイツではよくないんです
次から気をつけます。こんな感じのテンポですか?(唄ってみる、Frau S 納得する) 
なんせ 今日初めてだったものですから~」

確かに 歌詞を優先させれば どれくらいのテンポで流せばいいか、予測が出来るのだから
その辺りを全く考えなかった 自分の落ち度もあったといえるが・・・・

自分 歌やっているので、演奏会前の伴奏者の合わせでは 伴奏者に自分のテンポや
息遣いなどを指示したりはするけど、それを指示することは歌い手の責任であるのだけれど・・・
彼女 音楽家じゃないので仕方がないかな?
(もちろん いい演奏(仕事)をしようとする2人のチームワークが必要なのだけど)

でも それ以外は たいへん満足のいかれた Frau Sのご様子でありました。

自分でも初回でこれだけ出来たってことは 上出来♪とは思うのですけどね。

楽譜もらったの一日前だしさ・・・
リハーサルないし・・・・・

しかし!!

次回のために ここで反省!

自分は この国で生まれ育っていない。
この国の葬儀のやり方 進み方は 全くわからない。

ので

しらみをつぶすように 進行表をにらんで 前もって質問していかないと
今回のようなことがまた起こりかねない。

っていうか・・・・

外国人なんだし、あなた方牧師さんなんだから
もうちょっと 親切に かいつまんで 説明してくれても いいんじゃないの?!

懺悔を親身になって聞いているあの姿はなんなんだぁ?!映画の中だけの話?

何がわからんかも わからんのが 外国人じゃないのよ~!

ここでも ドイツ人に まだ 思いやり(甘え)を期待する○さん・・・・・・嗚呼~ 三つ子の魂ざんすよ~ 

曲について・・・・
次回からは必ず 一回唄ってもらうこと
そしてその牧師さんのテンポを得ること。

次 またいつ こんなお声が掛かるのかしらね?  ないかもね?

| | コメント (10)

2010年4月29日 (木)

あら?!ちゃんと聞いてるのね?!

ここで一度紹介した本「ふしぎなたね」をある晩 娘に読み聞かせていた時のこと~

ふしぎな たね (美しい数学)

最近 お昼寝時間もないので 子供に本読んでいると眠くなってきちゃったり
頭がぼ~っとしているので ミスが多いんだよね~

なまけものの男が 仙人に 2つの種をもらいました。
焼いて食べると 一年なんにも食べなくてもおなかが減らない。
畑にまくと 次の秋には 必ず2つ実をつける、という「ふしぎなたね」。

男は毎年 毎年 一つの種は焼いて食べ、もう一つの種を畑にまいておりました。
男が 二つの種をまく! 事に気がつくまでに 何年かかかるのですが・・・・・

そこを読んでいた母。

普通は「男はひとつの実を焼いて食べました ひとつは畑にまきました」

同じセンテンスが繰り返し出てくる

とあるところを

「男は 二つの実を焼いて食べました」    ← 母 ぼっけぼけやね~

と読んでしまったから お姉ちゃん さあ~ たいへん!!

「お母さん・・・・・・そうなると このお話・・・・・ここで終わりになっちゃうよね・・・・・・?」

この後 大爆笑してました~

ちゃんと聞いてるし ちゃんとわかってるじゃない~(汗

| | コメント (2)

2010年4月26日 (月)

お姉ちゃん☆ 蛇拳 練習中

2月末にあったカンフーの試験で 帯に昇級したお姉ちゃん。

今  蛇拳  練習してます、
ドイツ語では Schlangentechnik または Schlangenstyl         といいます。

迎えに行った時の5分くらいしか 見学してないのですが、腕を蛇に見立てての動き、
たいへん興味深いです。


テストのときは 大師匠は スピードをかなり要求していましたが、
練習風景や 上手な人の形をみながら アジア人の私が思うに、 スピードも大事だけど 

自分がどれだけ蛇になれるか?
蛇の動きをどこまで理解して動けるか?

ってことも 結構大事かも?って思う。

ということで

Afrikas faszinierende Schlangenwelt ←クリックすると画像が見えます

~アフリカの魅惑の蛇の世界~

というDVDを買ってみた。

獲物の程近くまで 物音も立てずに近づき 鎌首をもたげ 獲物に照準をあわせ 一瞬にして
獲物に食らいつく彼奴ら・・・・

かつ しなやかで滑らかな体の動き~   ニョロニョロ~

まさに 柔よく剛を制す だす!!  
風 大左衛門だす~  ニャンコせんせえ~!!←あんたたちは柔道でしょ!

52分間の映像の中に 蛇の魅力が盛りだくさんで家族で楽しめました♪

カンフーは 武道芸術 である、という話しを最初に師匠から話してもらったけど

ただ形を覚えて 振りを真似るだけでは 人の心を打つ美しさ(鋭さ 柔らかさ しなやかさ)は醸し出されないと思う。

蛇の動きや性格を理解して 自分の中で消化して 表現する

なんだか 音楽と似ているなぁ~   そのあたりが やっぱ芸術なんでしょうね~

蛇拳はまだ途中~
早く全部伝授してもらって お姉ちゃんによる 
完全なる 蛇拳の舞、見てみたいものです♪

  

| | コメント (6)

2010年4月24日 (土)

迫力!!Externstein

Adlerwerteを後にしまして 我ら一行は 一路 Externstein という巨石を見に進路をとりました。

Alderwetre、このExternsteinと あと Freilichtsmuseumという行楽施設?は どれも
Dedmold という町の近くにあります。

駐車場とか な~んにも情報を持たないで出かけたので とっても辺鄙なところに車を止めてしまった私達。

普通 一番近い駐車場に車を止めれば 徒歩で5分~10分歩けばいけるところを 
一山歩いて越えていったので 1時間くらいかかっちゃいました~
やぁ~ いい運動になった なった~
子供達もがんばって歩きましたよぉ!!

山の頂上を過ぎ 山を下りだすと 突如!!巨石が姿を現し始めました。Cimg9102
近づけば近づくほど 迫力が!!Cimg9105

人が天辺まで登れるようになっているみたい。
もちろん徒歩でよ☆
Cimg9120
あたしは高所恐怖症なのでご遠慮しましたが、パパさんと子供達は果敢にもチャレンジしました!

写真は 岩頂に立つパパさん♪

僕ちゃんも四つんばいになって 一生懸命岩頂を目指しておられました。

あたしゃ そんな彼らの姿を見ているだけで、写真撮っているだけで 
も~ 背中はゾゾォ~っとするは 足はすくむは みていられなかったでした  
アドレナリン出っ放し~

その間 私は 他の写真を パチリ パチリ☆Cimg9113


珍しい花々。
Cimg9101_2
Cimg9108

ファミリー、そうこうしている間に 無事に帰還♪Cimg9118 
ふう~ 母は一安心でありました~Cimg9129

帰りは 案内図でチェックしたとおり 近道を通って無事 10分あまりで車に到着。


Adlerwerteで遊んで 山を一つ越えて 岩を2つ登りました。

ここで一句

イタリアに~
行った気になり~
遊ぶ週末~

○さん

以上 思いっきりドイツな週末でした~♪

| | コメント (6)

2010年4月23日 (金)

近場をドライブ♪ Adlerwerteへ!

日曜日もお天気上場、お出かけ日和!

さて日曜日は・・・・ 

近場の 行ってみたいと思っていた  名所に行ってみよう~!!

と 出発~!

まずはパパさんがかねてより足を運んでみたかったBerlebeckという村にある「Adlerwerte」(Adler、ドイツ語で「鷲、わし」) に行きました。

猛禽類の鳥ばかりを集めたこの施設では 鷲や鷹、はやぶさなどを見ることができます。

私としては 野生の動物をオリの中に入れて飼うっていうのが あんまり好きじゃないので

Naja・・・・・ってな感じでしたが、

子供達とパパさんにはそれなりに楽しかったようでしたよ。
Cimg9092

これは Kauz, みみずくです。

この際ですから ドイツ語でのこれらの鳥の名前をきっちりしちゃっておきましょう♪

Kauz みみずく
Eule ふくろう
Uhu ワシミミズク
Zwergohreule このはずく

Adler 鷲
Falke 鷹
Bussard ノスリ?
Wanderfalke はやぶさ

・・・・こんな感じでしょうか?

私が目を奪われたのは 景色♪
この施設、高台にありますから なんとも眺めがよろしい。

Cimg9085

Cimg9093
Cimg9094
のどかだなぁ~♪

うちの辺りものどかですが 平野なので さっぱり眺めが違います。
ドライブに来るんだったら こういう景色もステキと思える ←高所恐怖症なの あたし

数々の猛禽類を見学した後は 隣の公園で息抜き。 ←子供達のねCimg9096_2
山羊も飼われてました。Cimg9097

ほののぉぉん   春やねぇ♪

さて この後は この日のメインイベント、Externstein へと参ります! 

| | コメント (4)

2010年4月21日 (水)

庭に木を植えよう♪

な~んにも 予定がなくなってしまった土曜日。

朝からお天気も上場でしたので

庭に木を植えました♪    ようやくね~!!

去年3月末から帰国した時に10年ぶりに桜を見て どうしても桜が欲しかったの~
Cimg9134
今年はもう花は終わりだけど 来年は この木の周りでお花見できるかも?!Cimg9133
この桜が一番ソメイヨシノに似ていたので 選びました♪

続いては 柳、ドイツ語で Weide といいます。
新芽の葉っぱの色が白やピンクになる種類のものです。
うちのは 「フラミンゴ」という品種で ピンク色の新芽がでてくるそうです。
子供達の幼稚園の通遠路に 白い新芽が出る「ハーレキン」という柳を持っている家があるのですが それがたいへんすばらしくて ずっとこれが欲しかったの。Cimg9135
新芽が出るのはこれから!ちょっと楽しみです♪
Cimg9136
薄紫色の花を付けるライラック、ライラックも好きな花の一つ。
金木犀も好きだけど ドイツではまだ一度も目にした事がないですね~

Cimg9137
これは 蝶々のライラック~Schmetterlingsflieder~ というドイツ語で名前がついている ライラックに似た花。
Buudleja、というのが本当の名前らしいです。
夏になると 本当にたくさんの蝶々がこの花に集まって来るんですよ!
白と濃い紫を買いました。

この家に引っ越して早3年。
庭も家の中もまだまだほったらかしのところがたくさんありますよ(苦笑
子供も手が離れてきて ようやく腰をすえて庭と向き合える時が来たかな~

あと 闇雲に何でも植えてしまう、っていうのは 私の性分にあわないので
ず~っと 吟味して ようやく本当に 愛でて生きたい木を厳選するのにかかった時間、
っていうのが これまでの時間だったかもしれないなぁ・・・・・



この木を購入するに当たりサポートしてくださった2人の友人様、心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。

追記☆庭事情
石楠花、第一号の花が開花しました♪Cimg9146
今日はまた あられが降ったりしてすごい寒い。
日本と同様 こちらも寒暖の差がありすぎるこの頃・・・・・Cimg9151
芍薬の芽。寒さにやられないといいのだけれど・・・・・
今夜は植木鉢でもかぶせておいたほうがいいかな?

 

| | コメント (4)

ボン 散策♪

Bonn、という街の印象を○さん流一言で言うと~

清潔な若者の街♪    でした。

1949年、戦後ドイツ連邦共和国として歴史を歩みだした西ドイツの初代首相アデナウアーにより ここ ボンの街がしばらくの間 ドイツの首都として機能していました。

パパさんに「なんで また ボンが 首都としてえらばれたの?ほかにフランクフルトとか
大きな街が西ドイツにはあったじゃない?」

と聞いて見ましたら

「アデナウアーはボン出身だったんですね~ だからかなぁ?」

というお答えが返ってまいりましたが・・・・・ 実際はどうだったんでしょうかね?

博物館近くに車を置いて 地下鉄にて 街の中心まで行ってみました。

地下鉄の中からそうでしたが・・・・

若者が多い~♪

大学があるから、でしょうけど、 うちの隣町にも大学ありますが、こんなに街に若者あふれてませんよ!!

若い人が多いってのが理由の一つと思うけど、パン屋が多い~   お手ごろでしょ?!
5ユーロ以下で売られている服が多い~

ああ・・・主婦の観点でものみてますな~

ローマ人によってもともと築かれた街ですから、町の中心には 当時をしのばせる
城壁の跡が 残っておりました。Cimg9060

駐輪場のポールもちょっとおしゃれよね~  Cimg9061

Cimg9065
ミュンスター広場脇に立つ教会。Cimg9066 

なぜ街中にアヒルが????

しかし なんといっても ボン、といえば やっぱり

BEETHOVEN、です!Cimg9064

ベートーベンの生家にも足を運びました。Cimg9073

この辺りで嫌気が差してきた僕ちゃん。
結局 ベートーベン関係はこれを見ただけでおしまいで ボンの街とも別れを告げた
○さんファミリーでありました♪

| | コメント (0)

2010年4月20日 (火)

僕ちゃん U8に行ってきました!

僕ちゃん、あと一月ちょっとで 4歳になります!!
今日はU8, 4歳児検診に小児科に行ってきました。

まずは 助手のお姉さんによる・・・・・ドイツ語単語ボキャブラリー および 
発音がしっかりなされているか、のチェック。

微妙な単語、やっぱり知りません、僕ちゃん。

たとえば「屋根」とか「草かき」とか ←自分も「草かき」なんて単語知らんし・・・

発音は問題ない様子~

続いて視力検査。
3歳児検診後に 目医者さんで眼科検診してもらった時には異常なしでしたが・・・
今回も よく見えてたようです、視力には異常なし~

身長 108センチ 体重18キロ 頭囲 52.5センチ

お!U7A(3歳児検診)から意外に成長していないなぁ~ 
身長は4センチ、体重は2キロしか変わっていないぞ! 1年で2キロも太ればいいって?

それでもお姉ちゃんのU8の時よりは 身長3センチ、体重1キロ、頭囲2.5センチ大きいです!

さてさて~

DR(女医さん)が参りまして いろいろと彼に質問をいたしました。

僕ちゃん、 チャーミング光線 連発してばかりで 全然 DRの質問に答えず~!!

DR「この検診が終わってから今日は何をするの?」

僕ちゃん チャーミング光線~!!

DR「幼稚園でいつも一緒に遊ぶお友達は誰?」

チャーミング光線~!!

母、がっくりして頭をたれる・・・・・・・

日本男児たるもの、ふにゃふにゃせずに
しっかり答えんかぁ!!
   半分がヨーロッパのあんたにゃ無理な話か?

DRも も~笑っちゃってましたよ。
「彼がいかにチャーミングな子かってことは たいへんよくわかったわ♪」

彼に 私達親がサポートし 幼稚園でも協力を要求するといいことは次のこと。

ドイツ語力

絵を見て 物の名前や 何をしているか、を家でよくやってください ←ドイツ語で

これはパパさんに協力を要請。

今週は幼稚園で 4歳児を対象としたNRW州による語学テスト「Delfin4」が実施されてます。
僕ちゃんは 木曜日にテストを受けますが、うちは お姉ちゃんの前例があるので
ずいぶんと楽観視してます。

パパさんも「ドイツ語が不十分だったら 補習を受けさせればいいんです」

といってますしね。

最近 ちょっと心配になってきていることは 僕ちゃん、5月が誕生日なので
2012年夏には就学となります。

お姉ちゃんは 9月が誕生日なので 僕ちゃんより一年長く幼稚園に通えたんですね。
その辺りの 学習能力や 集中力、言語力が どれくらい 影響してくるのか?

う~ん・・・僕ちゃんのことを いよいよ本腰を入れてみてあげたほうがいい時期に
さしかかっているね、これは・・・・

② 運動能力

土踏まずが あまりなかった僕ちゃん、
そして 片足でバランスが今一 取れなかった僕ちゃん 
↑DRの前だったからフラフラしていたと私は思うのだが(汗
  

体操クラブに行ったり 午後の時間を運動の時間に当てるように心がけること。
家の中では 家履きをはかずに できるだけ 裸足や靴下で歩かせるようにすること。

裸足で歩いたほうが足の裏の筋肉をよく使い もちろん身体にもいいんだそうだよ。
そういえば 小学校の時 はだしで学校中を歩いていたのは あれは身体を丈夫にするっていう理由からだったと思うけど そういう方面からも有効だったのね~

私は全くかまわないのだけれど パパさんが家履きを履かせたがって仕方がない・・・
↑しかし 話をしてみたらあっさりと聞き入れたパパさんであった

4歳からお姉ちゃんの行っているカンフーに入れるので 本人も一応「やる!」
とはいっているので 試してみようかとは思っているけど
彼の集中力と体力が あの1時間のトレーニング中保てるかどうか・・・・・

村の体育協会でも 火曜日の16時から1時間 子供の体操教室をやっているので
いよいよ 観に行ってみるかな?

小手先の器用さ

ドイツの小学校に入るためには・・・・

絵を描けること、ってすごい大切なようです。
入学当時は絵ばかりを描かせるそうですよ。

そのために 前もって絵を一杯描いておくっていうことが ドイツでは妙に大事なわけです。

僕ちゃん、絵を描くのが、特に 見たまま描く、っていうことがあんまり好きじゃないんだよね・・・・・

小児科から帰った午後 早速 

「チューリップに色を塗りましょう」

っての やろうよ!って 一緒にやってみたんだけど

僕ちゃん「このチューリップは白だから 色はいらないの!」

う~ん、知能犯め!

「○を使って絵を描いてみよう」という課題。

例として りんごや ドーナツ、メロン・・・・なんかが 描いてあったんだけど

きょ~み なし!

母、一生懸命知恵を絞って「ほら!○で 地球もできるよ!」

と興味を促してみたら おかげさまで 引っかかった僕ちゃん。

宇宙の本を持ってきて 見ながら描いているんだけど

母「木星の色はなにかな?」

僕ちゃん「僕は 緑がいいの!!」

と わが道を行く彼~

う~ん、正しい色のみが 正しい、とは 芸術の世界では言いたくない○さん。
小学校に行くために それまでに 当たり前のことが当たり前に見えるようになる、
ことって たいして大事じゃないと思うのに(子供のうちは特に)
どうやら ここドイツでは 堅物にも そのものは「ソレ」に見えないといけない、らしい。

小学校の校長先生もそういってるもんねぇ・・・・

今度4月の末に 幼稚園で面談があるので このこと聞いて見ないといかん。

自分のことがどれだけ自分で出来ているか

僕ちゃん、上の服の脱ぎ着が 自分でやる気がないときは出来ない。
しかも 多くのときがやる気無し~

↑コレ かなりポイント低いようでしたよ(汗

でも、うち、パンツ、ズボンは自分で脱ぎ着させているし 靴を履いたり脱いだりも 
一切お手伝いしてない。
母 一応 彼の成長の度合いを測りながら 自分でやれることは増やしていってるつもり~

私の所見からして・・・・男の子は女の子より甘えん坊。
本当は出来ることも 「できん~」とお母さんに チャーミング光線 を浴びせて
お母さんに手伝わせてしまうこともしばしば。 ←いかんね、コレ ほんと~

幼稚園なんかで ほかの家のやり方を見ていても うちなんか 自分でやらせてるほうだと思うので よし!としよう~

実際問題・・・・

午後はほとんど毎日お姉ちゃんの予定に振り回されてて
僕ちゃんに時間を割いて上げれないっていうことが 大きな理由にありますね。

後は 親の体力的な問題が大きい・・・・ 午後からは子供に体がついていけない~

今晩 パパさんと一緒に 僕ちゃんを中心とした今後の生活を 省みて見ますね。

しかしながら
久々に咳もなく元気な僕ちゃん。本当はソレが一番大事なんですよね~

| | コメント (4)

2010年4月19日 (月)

どっかぁぁ~ん!!

・・・・と アイスランドの火山が15日に噴火しまして ヨーロッパの空港が相次いで封鎖されました。

ということでですね・・・・

飛ばなかったのよぉ~  私達の飛行機も~

火山なんか 大きらいだぁぁぁぁぁぁぁぁ

なにもここで 200何年ぶりに噴火せんでもいいじゃないのさっ・・・・・・・

10年ぶりのイタリアよ、9年ぶりの再会を果たすはずだった友よ、 ありべでるちぃぃぃ~ crying

でもね、ふさいでおってもどうしようもないじゃないですか!

イタリアの旅にも負けないような素敵な週末を過ごしましたよ♪

金曜日は  Bonn, ボン に行ってきました。

Koenig Museumで 去年の暮れから今年6月までやっている

特別きょ~りゅ~展☆            

見てまいりました!!Cimg9046

この展示会の目玉は 現時点で発見されている恐竜の中で最大の草食恐竜といわれている
アルゼンチノザウルスの展示でしょう!
Cimg9025
で、でかい!!  すごい迫力だ!
アルゼンチノザウルスの下で話を聞いている人の大きさと比較してみて~!!

名前の通り アルゼンチンで1993年に発見されました。

僕ちゃんの影響で 恐竜の名前にも 妙に詳しくなっている私ですが
このアルゼンチノザウルスのほかにも ドイツの他の博物館には展示されていない
恐竜の骨やレプリカが展示されてありました。

テュラノ、ステゴ、トリケラの恐竜御三家?(ドイツの博物館にはわりとどこにでもこの3種は展示してあります)はありませんでした。

では本日は イタリアの写真に代わりまして 恐竜ショー、お楽しみくださいませ
↑かなり強引かも?(汗

Cimg9026
これは 現在発見されている中で 最も大きい肉食恐竜と推定されている
ギガノトザウルスの頭蓋骨。

恐竜は今現在でも一週間に200種類もの新種が発見されていってるんですって!!Cimg9030
背中のヒラヒラが麗しい(と自分は思っている) アマルガザウルス。

Cimg9033
小型肉食恐竜 カルノタウルス。

Cimg9043_2 
凶暴な様子が伺えるヘレラザウリア。

・・・・・とまあ この他にも恐竜もりだくさん。

恐竜のほかにも 現存する地球上の動物の剥製、昆虫、宇宙などの展示もありました。
Cimg9048_2
プロメテウスかな?

Cimg9050
鷲?鷹? についばまれて白骨と化した動物。
自然の残忍さ、そこに生きていくものたちの厳しさ、強さも教えてくれる~

地下には生きている爬虫類や魚類の展示も~

おお?!!君はもしや・・・・

Cimg9056

う~ぱ~る~ぱ~?!

ボンの街編は 次回へ続く~

| | コメント (6)

2010年4月15日 (木)

「Livemocha」でイタリアンな週末を楽しもう♪

我が家の言語博士である主人が 教えてくれた ネットで出来る言語学習サイト
Livemocha」、http://www.livemocha.com/

もともと勉強は嫌いじゃないんだけど、このサイトでの言語勉強、とても楽しいです。
続いてます、続きそうです♪

やってるのは ドイツ語とフランス語とイタリア語。

「文章を書く」 「文章を読む」、という項目がありますが・・・・

フランス語
書くことはまあ なんとか・・・・
しかし「読み」は レベル1の段階で ナザールとリエゾンで 

脳みそ拒否反応~!!  なんともお粗末・・・・

前世でよほど縁のなかった国とみえる?

ドイツ語。
生活には困らないんだけど
細かい文法や語尾なんかはちょっといい加減だったりするので 

Keine Schwarzen Haare・・・・とかね~

そういうところを復習、再確認するいい教材になってます。

でも 皆 訂正してくれることが違ってるのよね(汗
何を信じればいいのやら? やっぱ最も身近なドイツ人である主人?

イタリア語、大学のときは好きでしたなぁ~
この言語が私の第一外国語になるだろうとずっと信じてましたよ。

ちなみに ドイツ語は一生縁のない言語だと断言してましたっけぇ~ じぶん~

今イタリア語の勉強に身が入っているというのも、明日金曜日から週末を使って
イタリアに住むお友達の家に遊びに行ってくる、からであります。

イタリアを友人(コレは又別の方でしたが)と2人旅したのは2000年 あれも4月でした。
自分の足で 単語をミニ辞書で引きながらした旅、楽しかったなぁ~♪

10年ぶりのイタリア、楽しんできます!

子供達にも

「Succo di mele、Per favore♪」=りんごジュースください♪

「Grazie」=ありがとう

だけは覚えさせました~ 注文は自分で告げてねん~

ちなみに・・・・
すでに4ヶ国語を制し そして今もあいかわらず「言語習得」に フォ~リンラヴ♪な主人。
このサイトで勉強しているのは 中国語を筆頭に、ロシア語、チェコ語、ポルトガル語、
スペイン語・・・・・・どうなってんのか あんたの頭ン中~?

「楽し♪ふふ~」っていいながらパソコンに向かってます・・・・完璧なる「おたく」状態~(汗

語学学校にはもう行かない、でももっと語学力をつけたい!と思っている そこの貴方!「Live Mocha」、一見の価値あり~ お試しアレ~!

| | コメント (6)

2010年4月10日 (土)

イタリアンなひと時♪

イタリアワインの在庫が切れたので 隣の隣の村のワイン商会まで また車をぶっとばして
買いに行ってきました♪

白ワインは前回のものを再購入、とてもおいしかったんだも~ん♪

「この方向の味が好みだったら コレをぜひ!」

とお店のお兄ちゃんが勧めてくれた一本もゲット!

今回は 特に赤ワインも探したくて その赤ワインとは・・・・

Riojaのようにボディがしっかりしてるけど タンニンは少なくて まろやかで
赤ワインだけでも飲めるような !!
ください~

で、お兄ちゃんが勧めてくれたフランスとイタリアの赤もそれぞれ一本ずつ購入~
この注文に答えられるあんたがすごい!!

・・・・・・ということで 久々に 我が家の晩御飯~Cimg9019
早速買って来たワインの一本をあけました。
ワイナリー Ploznerさん の Friulanoという葡萄から作られた白ワイン。
フローラルな香りっちゅうんでしょうかね、お花のよい香り~

食事は ピッツァ ルスティカーレ。
ピザ生地だけを焼いて その後 その上に ルッコラと生ハムとパルメザンチーズを
のっけただけの いたってシンプルなイタリア料理♪
生ハムとパルメザンチーズは 毎度おなじみの「VINO TESSA」さんより~

飲み物、食事、どちらからも照準を合わせたので 相性バッチリ!!

BUONO~!   ほっぺたクリクリ♪

あ~っというまに 白を飲み干してしまいましたよ!

その後は 赤。
シチリアの Cusumano というワイナリーより Nero Dávola という葡萄の赤ワイン。

さて・・・お兄ちゃんの勧めてくれたワインは 果たして 我々の注文どうり 我々の舌に
あうのかな?Cimg9020

う~ん♪

あまりのうまさに主人 うなった!!

まさに 

しっかりしたボディ しかも タンニンが少なく まろやか そして赤ワインだけでも飲める!!

ワインでありました。

この赤ワインの栓、ガラス製だったんですよ!
あることは知ってましたが、ガラス製の栓がしてあるワインの栓を抜くのは
私達にとっては この瓶が初めて!↑写真参照

お兄ちゃん、見事にミッション達成したね!
この赤、リピート間違いなし☆

| | コメント (10)

2010年4月 8日 (木)

ドイツの幼児音楽教育について書いてみる

ドイツっていうと・・・・・

バッハをはじめ、ベートーベン、シューマンなど
多くの後世まで名を残す作曲家を生んでいる国

であり、しかも 

どっぷり 西洋~ 

・・・・ってんで どんなにすごく優れた子供に対する音楽教育や
音楽に対する意識改革がなされているか?

・・・・・・・と、思われがち?

お姉ちゃん、4歳の時から2年間、Musikalische Frueherziehung, 早期音楽教育、
という教室に通ってました。

そのときから な~んとなくわかっちゃいました。

幼稚園で唄う歌の様子を聞いていて な~んとなく わかっちゃいました。

日本の早期音楽教育 もしくは 幼稚園で施されている音楽体験、すごすぎる!!
日本で育つ子供は 音楽教育に恵まれている!

先週はオースター週間、ということで 幼稚園のスケジュールは盛りだくさん♪

朝ごはんのお弁当はなしで 幼稚園で皆で朝ごはん!

その後 皆集まって オースターの歴史の劇を見て 歌を唄い~

その後 お菓子作り、工作、音楽のグループに分かれて オースターを楽しむ♪

というもの、これが月曜日から木曜日まで連日行われていました。

私は クラス委員ということもあり 月曜日と水曜日に音楽の助っ人に入りました。


幼稚園の先生が中心になり 私は常に日陰であれやこれやお手伝い。

子供達 5~8人くらいずつが それぞれ お菓子作り、工作、音楽に分かれて 時間を楽しみます。

音楽、唄う~ といっても 園には 鍵盤楽器(ピアノや足こぎのオルガン)はありませんよ。
↑ない幼稚園は ドイツの普通だと思う。
うちの村の小学校の音楽室でさえ アップライトピアノ(しかも丈の低い)ものしか置いてありませんもの・・・・

歌は全て アカペラで、です。

うちの子供達が通っている日本の幼稚園には クラスに一台の足こぎのオルガン、
講堂には アップライトピアノがありましたね。
小学校は 周知の通り~ 音楽室にグランドピアノは いまや日本の小学校では
当たり前?

この辺も 日本の子供達、恵まれているなぁ~ って思う。

先生「さあ!今朝 皆で集まって唄った歌を 唄いましょう~♪」

唄いだした瞬間、○さんは 申し訳ないが 固まってしまった。

先生ぇぇぇ~ 音程があっていません・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(汗

これを指摘すべきか、そのまま流すべきか?

時間は刻一刻と流れていく~  次から次へとグループが入れ替わり立ち替わりしていく~

結局 言わずじまいだったんだけど・・・・・

当惑している子供達が気の毒だったよ、私。


私は 正規のメロディーで しかし 控えめに   唄わせていただいてました・・・・
↑こんなところが 日本人~

なんの集まりだったか・・・・・
幼稚園で 園児全員が集合して歌を唄う会があり、親も自由参加OKだったので
出かけたことがありました。

話を挟みますが・・・

ドイツには だいたい生後3ヶ月くらいから ハイハイグループや同じくらいに誕生日のべビちゃんたちを持つお母さんが集まっての情報交換グループ、ベビースイミング、
ベビーマッサージなどなどがあります。

うちも ベビースイミング、ベビーマッサージ、ハイハイグループ・・・・・

と いろんなグループに参加してきましたが~

行く先々で 同じ歌を唄うにもかかわらず

歌詞とメロディーが 若干ちょっとづつ
(場所によっては大きく)違う~!!

・・・・・・・という アバウトなドイツの音楽の現場に遭遇いたしました。
だいたい 市販されている Kinderlieder(童謡) のCDさえも CDによって歌詞もメロディーも違っているここドイツ。

もともと口伝えにより 受け継がれていく民謡や童謡なので 違っていて当然、なのでしょうね・・・・・

でも そういうことにさえ 日本は統一されているなぁ~ と感じざるを得ない私。

私が働いていた 某音楽教室では NHKの幼児教育番組や歌番組と示し合わせてあるだろうけれども  全く同じ編曲で教材のCDは作られていたっけ~

・・・・・・で、幼稚園の集会にて~

うちの園、3クラスあるんですけどね~

♪Alle Leute Alle Leute gehen jetzt nach Haus♪

という どこでも唄われる ドイツで最もポピュラーな 〆に使われるこの歌を 
この会のお開きに唄う時、 3クラスが ある部分から 

全く別々の歌詞、メロディーを唄っていた!

という現場に直面してしまった!

先生方は その時初めてその事実を知ったらしかったけど

「あら!違うわ!ほほほ~♪」

みたいな 反応で 誰一人 気まずくなる事無く 和気藹々と 集会は幕を閉じたのでした~

こういう状況、日本では起こりえないし(園内で統一されている)、 
もし起こったとしたら な~んか うまく流れていた空気が止まっちゃうかなぁ?

このあたりが 個人主義、というか それぞれがはぐくんできたものを 阻害する事無く
受け入れて(聞いていないという話もあるけど(汗)
行くことができる国民性、ってことなのかなぁ?

そうすると逆に、あんなに一生懸命 しかも きっちりと音楽を与えていく日本って
なんなんだろうかね?

一般大衆化はレベルを落とす、とよくいわれるけれど、 日本の音大の現状を知っている
私としとしては あれは なるべくしてなった現象であるわけで・・・・

・・・・・・・・ということは 個人の趣や速度、口伝を重んじて
ゆっくりと時間が流れているヨーロッパに レベルが高い音楽が引き継がれていく、っていうことも なるほど、うなづけるというわけかぁ~

 

  

| | コメント (8)

2010年4月 7日 (水)

イースター休暇中♪

・・・・・といっても 幼稚園だけがお休みで(今週一杯) パパさんは仕事に行ってるし、
私はいつもの生活をしてますよ!

でも 朝は子供と・・・・というか 時間と格闘しなくてもいいし、お昼もお迎えの時間を
気にしなくてもいいし、カンフー以外の習い事は休みだし、夜も子供を寝かす時間を気にしなくてもいいし、普段の生活よりはなる~く時間が流れているかな?

こうやってみると、普段がいかに時間に追われているか・・・・ってことですね(汗

イースターの先週末からこちらはとても温かくて、庭の花々のつぼみはどんどん膨らんで
いってます♪
Cimg8966

赤いチューリップは もう盛りを過ぎたかな?Cimg8969
石楠花も今年はつぼみを一杯付けました、開花が楽しみ♪

先々週 ホメオパティーを専門としている病院に子供と一緒に行ってきて、
僕ちゃんには肺を丈夫にするモノ、お姉ちゃんには耳にいいもの、
私には花粉症に効くもの、をもらってきました。
その薬のおかげか、今のところ 例年より症状は軽いかな?

日本は桜まっさかりでしょうね~♪

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

Zahnfeeは大忙し♪

日曜日、お姉ちゃんの 2本目の乳歯(前歯下左)が抜けました!!

そして 昨日3本目(前歯上左)が抜けました!!

HURA~☆ 
↑ 今まで RとLと間違った?スペールで書いておりました(汗
今 隣で見ているお姉ちゃんが
「お母さん、HURA~ は R、やに!」と教えてくれました。
子供の言うことは 信用しましょうね♪

2本目の乳歯、なかなかぬけなかったです。
しかも すでに その裏から 永久歯が生えていていて・・・・しかも結構出てきてて・・(汗

そんな状態になると、たとえば 私の子供の頃 うちの日本の家庭は大騒ぎでしたよ~

「歯並びが悪くなるで、歯に糸を付けて ドアの取っ手と結びつけてひっぱらんといかん!」

とか・・・・・
↑前回の記事じゃないですが 完全なる威嚇 脅しですね・・・・・

で、先々週でしたか、あわてて 小児歯科へ行ってきたわけです。
しかし、そこで言われたことは~

「永久歯が 生えてくるときに 乳歯をぐ~っと押し上げてくるので 大丈夫です!」
↑って 思いっきり 外れた場所に出てきてるんですけど~

そして

「このまま 歯の体操 (前回の歯の検診の時に教えてもらった 乳歯がグラグラし始めたら子ども自身がする 歯への刺激) を続けていれば大丈夫、間に合います!」

まあ・・・・何しに来たの?みたいなね・・・・感じのコントロールでした。

しかし・・・・・聞いたことあります?永久歯が乳歯を押し上げるので 乳歯が取れるって?

乳歯が邪魔をしているから 違う場所に出てきちゃうんじゃないの?

今度 日本に行ったら 日本の歯科医さんにその真偽、聞いて見ないと~!

その後も 前歯左下の入乳歯は なかなか取れません。
親の気はあせるばかり・・・・・
デュッセルのKちゃんと話をして、いよいよ 私が一日に数回 彼女の歯を ぐりぐり
やることにしましたよ。

ベルリンから帰ってきた日曜日。

彼女の歯をチェックしてみると、後ろにはすでに 永久歯があるので 後ろに倒せられないようで、前でしっかりとくっついている彼女の歯。

あ~ も~ちょっとなのにぃ!

○さん、冗談で
「歯を前に倒して お姉ちゃんが自分の歯に指を置いて、誰かにお姉ちゃんの手を
はたいてもらえば ポ~ン!って抜けそうなのにね~」

ということで 誰かに選ばれたパパさん←強制?命令?。
ぐらぐらの前歯にかかったお姉ちゃんの腕を下に向かってはたいたら~

ええぇぇぇぇぇ~!!抜けちゃった~!!ひょうたんからこまが出た!

なにがなにやらよ~わからんが HURA~~~!!!

そして昨日のお昼ご飯時~
2本目に抜けた前歯よりも すでにグラグラ状態だったそれが・・・・

お姉ちゃん「あ・・・」

ぼろっと 口から 皿の上に零れ落ちてきた 左上前歯。
今回は あっけなく抜けてしまいました。

なにはともあれ HURA~~~!!

さてさて、こうなってくると Zahnfeeは 忙しいわけです(汗

「急に← 歯なんてのは急に抜けるものです 歯が抜けたから、きっと 今晩は
Zahnfeeは プレゼントを用意できてないよ、
明日の夜だったらきっと間に合うから 今晩 Zahnfeeが来なくてもがっかりしないでね、
明日は必ず来るはずだよ!」

な~んて 苦し紛れのいいわけをしている 我が家のZahnfee なのです~☆

☆ちなみに お姉ちゃんのお願いしているものは 「口紅」、女の子やねぇ~kissmark

| | コメント (4)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »