« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

人生に稀にみる踏ん張り時☆

ただいま 突然降ってきたハプニングで息をつく暇もないほど忙しいので、
なかなかブログを書けませんが
好転していきそうなハプニングなので 私は引き続きがんばりますね!

あ・・・娘の学校のことじゃないです。
自分の人生の上での岐路・・・・・といえるでしょうね。

全てがうまくいきましたら ご喝采♪

こちらは暑いですよ!
皆さんにも ステキな夏を~

| | コメント (2)

2010年6月24日 (木)

信頼の形

ドイツ~ なんとか残ったねぇ

もう 冷や冷やでした。一歩間違えたらゴールされてたシーンがいっぱいだったよ~

パパさんなんて「 信じられない!!
      
(ドイツがこんなヘボサッカーをしていることが)」

の連呼でした。

あんな試合運びでは決勝リーグでの試合にはあまり期待できませんが
ドイツとしては一応面目は立ったわけです、やれやれ・・・・・

今回は 私はどちらかというと メッシの率いる 
あ!マラドーナ率いるって言った方がいいのかな? 
アルゼンチンに注目してます。
安定した強さで きっといい線いってくれると こちらには期待してます♪

コチラの今日の夜は いよいよ日本。
グループリーグ表をみると  日本は 2位じゃないですか!!
すごいぞ!!
決勝リーグに残る可能性が見えますね・・・・・・う~ん 相手はデンマークかぁ~

今日も日の丸国旗号 sun を走らせるかな?!

さて 2晩頭を冷やして ずいぶん 冷静になりました、どうもお騒がせしました。

でも最も私らしい感情なんですよ~ ふふ。

自分は あまり人付き合いがうまくないんですよね。
自分から 積極的に声をかけて 友達の輪を広げていけれる人ではない、んです。

特に ドイツ人とのメンタル的な差や生活様式の差、考え方の差は
私を さらに 注意深く 引っ込み思案にさせている・・・・・・と思う。

お姉ちゃんの幼稚園生活のおかげで 私の意志とは関係なく
ドイツ人との接触が増えた。
家族、親戚、 パパさんの友人以外のドイツ人との密接な生活。

わけもわからずがんばってた最初の年。
少し世界が見えてきて 自分達の位置に悩んでいた2,3年目。
コレでは駄目だ!  と 自分から積極的に お姉ちゃんのお友達の両親と
朝食会やお茶会のアポを取って 会を企画してきた4年目。
さっき書いたような性格の自分なだけに それは 自分としては もう身を切るような
努力だった。

小学校のクラス編成事件はここにきて 
本当に ようやく 自分の平穏を見出し始めた矢先の出来事だった。

小学校に入学した以降、わたしは 自分の築いてきた友好関係の中で
のんびり ぬるい温度の毎日に浸って 生活がしたかった。

しばらくは がんばらなくてもいい日々がほしかった。

でも そうは問屋がおろさなかった・・・・・というわけでしたね(苦笑

パパさんと 色々話しをしました  怒りをぶつけてただけ?

パパさんに「そんなに幼稚園の友達と一緒のクラスになることが大事だったら
音楽選択をやめる・・・・・それしか僕達の選択はありませんよ」

といわれた時に 自分の気持ちより大事な物があることに気がつきました。

お姉ちゃんの未来を優先することが やっぱり大事だ~    ってね。

自分も 今までの自分の人生の中で 家族との 周りとの 友達との
なぁなぁな関係を切って 1人で旅立たなければならなかった時が  しばしばありました。

私には厳しいけど また その時なんだなぁ~

しかも お姉ちゃん自身は 音楽選択クラスに入れたことを小躍りして喜んでいるのだし
クラスのことも

「L君しか同じ幼稚園じゃないのに 大丈夫なの?」

って聴くと

「大丈夫だよ。だってほかに知っとる子いっぱいおるもん!」

と 全然 気にも掛かっていない様子    全く 恐れ入るよ 我が娘~

幼稚園からのお友達との縁を優先して 音楽選択クラスを抜けることを選んだ
彼女の未来より 
ここで 音楽選択クラスを選んで
全く新しい 未知の世界、友人 にめぐり合わせる彼女の未来のほうが
絶対に 価値があると 私は 今だったら (2日前はとても無理だったけど(苦笑
信じられる。

○さん「 (パパさんに) 私は もう がんばりたくないのにぃ・・・・」  べそっかき

パパさん「君はできますよ。今までだって 君はちゃんとどんな場面でも
がんばって来れましたよ。 今度の事だって ちゃんと乗り切ります。
僕は そう信じています♪」

号泣~!!   crying

でも 7月5日は ちゃんとなんでこういうクラスになったか 校長先生にちゃんと
説明してもらいますから!!

 

| | コメント (12)

2010年6月22日 (火)

激怒!

怒り爆発! 久々の激怒でございます!

今日の午前中は お姉ちゃんは小学校へ プレ入学~

ってんで 朝8時15分に校門まで送って行って来ました。

実は 今日 分かれて入ったクラスが 入学するクラス、なんだそうで
お姉ちゃん・・・・というよりは 親の私のほうが ドキドキ 興味津々♪

前もって書いたアンケートには お姉ちゃんの仲の良いお友達の Sophieちゃんや
Madsくんの名前を書いておいたんだけど~ 

同じクラスになれるかなぁ~

お昼~

幼稚園に迎えに行くと Sophieちゃんが

「私は Cちゃん(お姉ちゃんのこと)と同じ組だったわ!MadsもMaditaもJonasもJoschも
Moritzも皆同じ組だったよ!」

○さん「うわぁ!ステキ!」

幼稚園のお姉ちゃんのクラスから ずいぶん同じ組に入れたんだぁぁ~

単に 本当に 単に 嬉しい○でした。

しかし・・・・・お姉ちゃんに聞いてみたところ・・・・・

○さん「おねえちゃんはウサギ組みだったの?」

お姉ちゃん「違うよ、わたしはくま組み」

○さん「え?だってSophieちゃんがそういってたよ」

おねえちゃん「じゃ Sophieが間違えたの」

○さん「で、誰が同じ組に居るの?」

おねえちゃん「Lくん」

○さん「???? え?? Lくんだけ?」

おねえちゃん「うん、そうだったよ~」

言葉を失う、そして言葉では言い表すことのできない ショック・・・・・

なんで?!

どうして Sophieちゃん、Madsくん、Maditaちゃん、Jonasくん、Joschくん、
いつも遊んでいる他のお友達は 同じ組なのに

なんで うちの子だけ 組が違うわけ????

私がそう思える一番の理由って言うのは 申し訳ないが お姉ちゃんがどうこう、というのではなくて

あまりにも自分が悲しすぎるから。。。。。。。。

おねえちゃんが幼稚園に入ってから この4年~
誰1人として知らないこの土地で この村でたった一人の日本人として
子供と日本語を話す 風変わりな家庭の母として
一生懸命 自分の、うちの家庭の位置を築き上げてきたのに・・・・・

ここで また一からやらなきゃいけないの?!

L君は ハリネズミグループ。
おねえちゃんとは ほとんど接点のなかった男の子。
L君だって賢い子だし 彼のお母さんも感じは悪くない人だけど、
私とは挨拶する程度の関係。

そんな状況の中で 私は 誰に気軽に話しかければいいの?
何にもわからない ドイツの小学校のことを 誰に相談すればいいの?
誰に わからないことを質問すればいいの?

「新しい環境で 新しい人と出会って 新しい関係を築けばいいじゃない!」

とパパさん。

あんたは わたしの日頃してきた苦労や心労を ちっともわかっちゃいない!

ドイツ人の中で たった一人で 日本語を子供と話してきた 肩身の狭さや
辛さを ちっとも理解しちゃいないから
そんな簡単にいえるのよ~!

せめて 仲の良かったお母さんが、家の事情を理解してくれている家庭の子供が
1人でも同じクラスに居てくれたら・・・・

○さん「とにかく 校長先生と掛け合って! どうして こういうクラスになったのかを
説明してもらって!」

とパパさんにお願い ←自分じゃ とても冷静に話が出来んでしょ・・・・・

しばらくして パパさんから電話が入りました。

「このクラス編成は 音楽クラスを選択したかどうか、で 決まったそうですよ」

え?Sophieは音楽とってないの?Mads君も?

でもどうして2人なの? 他にも音楽選択者はいるはずでしょ!全然納得がいかない。

怒って Kちゃんに電話。
Kちゃんも 在独かれこれ10年にもなるし、お姉ちゃんと同じ年の僕ちゃんも居るので
今までも いろいろな苦労を分かち合い 愚痴りあってきた いわば同士ともいえる間柄。

Kちゃん「この国は 言えば 縦のものが横になる・・・・こともある、から
これは一度 校長先生とアポをとって 直訴するべきだと思うよ。

でもその前に ○さんは 本当に ウサギ組みの子が 音楽を選択しなかったか?
ってことを ちゃんと調べておいてから 会談に臨むべきだと思う

日本でごねてると 子供じみてて馬鹿みたいだし 後味悪いけど
この国だったら それくらいのことでごねるの 普通だし 
どんな結果になっても 『そっか~』 って 皆 終わっていくから 大丈夫だよ」

あ~ なんと頼もしい存在。Kちゃん ありがとう!

ちょうど 今日は 2時半から おねえちゃん教会の合唱に Sophieちゃんと行くから
その時 Sophieちゃんのお母さんに聴いてみよう。

お姉ちゃんが 教会で歌っている間、買い物をしていたら シャンタルちゃんのお母さんに会ったので 早速聞いて見た。

シャンタルちゃんは カラス組み、音楽は選択していない。

そして 教会で Sophieちゃんのお母さんに聞いて見た。

やっぱり 音楽は選択していない、らしい。

そして そして~ 
ちょ~ど  お姉ちゃんの行く小学校の1年生に娘さんの居る
Yutta (お姉ちゃんのハイハイクラスで知り合って知ってた)
も 同じ合唱で唄っている その一年生の娘さんを迎えに来て
椅子に座っていたので 彼女にも直撃!!

Yutta「そうですよ、音楽の選択者かそうじゃないかで クラス編成は決まりますよ。
2階に教室が在る2クラスが 音楽選択クラス。1階の2クラスがそうじゃないクラス。
3年になったら 音楽選択クラスがくっついて 一つのクラスになります。」

Yuttaには 今度4年生になる双子ちゃんが居る。
Yuttaがそういうんじゃ たぶん そうなんだろう・・・・
決まっていることで ごねてても そりゃ仕方がない・・・・

でも じゃあ それってSophieちゃんや Madsくんとは 小学校ではもう 同じクラスには
なれないってこと・・・・・

音楽選択は 親もおねえちゃんも望んでした事。
それをたてにして ごねてても しゃ~ない。

でも・・・・腑に落ちんよね。

幼稚園、来年 一クラス少なくなっちゃうの。
僕ちゃんのハリネズミグループがなくなって トラとくまだけになっちゃう。

そのクラス替えでも 僕ちゃんの仲のいい子はくまグループいっちゃって
僕ちゃんは トラグループ。

「え?なんで 僕ちゃんだけなの?」

って ちょっと腑に落ちなかった。

でも 担任の先生は変わらないし、トラグループの主任はお姉ちゃんのクラスの主任で
園長先生だから うちのこともよくご存知なので
そういう部分を汲み取って なんとか 納得した。

小学校のクラスも 「音楽を選択したから」という理由で納得するしかないのか?

でも なんで Lくんだけなわけ?
そんなに 音楽選択する子って いないの?

その後、今日は 珍しく 幼稚園の午後クラスに行っていた僕ちゃんを迎えに幼稚園へいった○さん。

お! Fabianのパパの車だ!
確か Fabianは音楽選択したぞ!

早速 直撃。

○さん「Fabianは何クラスだった?」

Fabian「犬クラス」

○さん「(Fabianのパパに) Fabianは音楽選択しましたか?」

Fabianパパ「しましたよ」

○「学校のクラスは 音楽を選択したかしていないかで決まるそうです。
うちの娘のクラスには この幼稚園から お姉ちゃんを合わせてたった2人きりです。
ウサギ組みには すごいたくさんのこの幼稚園からの子供が入っているのに。
それはとても残念なことです」

Fabianパパ「え?それはちょっとひどいなぁ・・・・」

ほら、 ひどいって思うでしょ?

駐車場で フィンニャのお母さんともであった。
フィンニャも音楽を選択したらしく Fabianと同じ犬クラスらしい。
犬クラスには もうひとり うちの幼稚園から Josefineが入ったらしい。

フィンニャママ
「え?犬クラスは この幼稚園から たった3人? 
お宅のおねえちゃんは L君とたった2人だけなの?
そんなの たまったもんじゃないわ!

7月5日の夜の懇談会で抗議してみましょう!

せめて 2クラスに分かれた音楽選択組みを 同じクラスにしてもらえるように
話をして見ましょうよ!」

強い見方を得たよ・・・・

7月5日夜は とにかく 自分の思いをしっかりと伝えよう。
十中八九 縦は横にはならんかもしれんけど、どんな状況にも きちんと納得して
事を進めたいからね。

ほんと~  エネルギー使いますわぁ~

 

| | コメント (2)

家族旅行に行ってきました♪

滞在中のある週末を使って 全ファミリーで信州は諏訪から山梨県八ヶ岳方面へ
遊びに行ってきました♪

Cimg9321
諏訪湖畔で 水切り合戦!!

私も参加したけど せいぜい2回くらいだったわん~

Cimg9324
お~い、なにか釣れたよぉ☆

お昼は 湖畔近くにある うなぎの有名店にて うなぎを堪能♪
Cimg9325
ご飯の下には 備長炭で焼き上げられた ほっくほくのうなぎの蒲焼が隠れてるの~!!

おなかが満たされた後は 諏訪大社 へお参り。

諏訪大社もパワースポット、なんですって。
今回は本当に いいエネルギーを蓄えるための里帰りでしたよ~
Cimg9403

僕ちゃんもお姉ちゃんも しっかりかしわ手をうって神様におまいりできました。
何かお願い事でもしたのかな?

2010年は 7年に一度御柱祭も行われた 諏訪大社。
惜しくも 御柱祭は5月10日までだったの~

本殿は あいにく改装工事中だったけど その神殿の4方?には
真新しい神木が立っているのが見えました。Cimg9329

そしてこの後は 御柱祭の行われた「木落し」坂を見に行きました。

ここは どんな神聖な場所だろう~ と 思いきや・・・・

2車線の道路に面した斜面、 が その「木落し」坂。

私はもっとスキー場のスロープみたいな場所だと想像していたので
ちょっと拍子抜け~
Cimg9330

上から見た「木落し」の坂。

その後 再び諏訪湖畔まで戻って 間欠泉 のそばの 足湯 に使って
のほほ~ん♪Cimg9419

足湯のそばにあった 足のつぼを刺激する場所。Cimg9423

石を敷つめて作ってあるの  すっごいよく効く~ っていうか 

いったぁ~い!!

こういうものだったら 庭にちょっと造れそうかなぁ、 なんて思ったりして・・・

そして 2時から吹き上げる予定の 間欠泉を見て~Cimg9426

↑これは 吹き上げる前の写真かな~?

間欠泉を見て そばにあった「タケヤ味噌」工場の横にある特売場で
ちょこっと買い物。

そこでは 味噌味のソフトクリーム も頂きました♪

そして 「えびすや」さんという わかさぎの佃煮の専門店でわかさぎの佃煮などを物色~

甘露煮、天然塩のわかさぎがこれまたおいしいの! ビールのつまみにもいいですな!
おばあちゃんがよくお土産に買ってきてくれたのを思い出しちゃいました。

しこたま遊んだ一行は その後 一路 八ヶ岳へ~

次の日は 大雨~   rain

たいした事できずに 帰ってきちゃいましたが・・・・残念~

実家は自営業。

私が小さい頃は日曜日もお店をやってたので、「家族旅行」に行った、なんて全然記憶にない。

今 こうして 里帰りのたびに 家族そろって あちこちに旅が出来るのは
私にはとっても嬉しい。
今からでも 日本の家族との思い出作りには まだ遅くない!

来年も 家族そろって旅行に出かけられるのを楽しみにしてますから。

そのときまで 日本のご家族様、 皆 健康で元気でいてね!

| | コメント (2)

2010年6月21日 (月)

ピカチューがいっぱい♪

今日は幼稚園で ほぼ一月遅れの僕ちゃんのお誕生日会です♪

本当の僕ちゃんのお誕生日は日本に居た私たち。
休暇や病気などで 当日にお祝いできなくても こちらでは こんな風に遅れても
お祝いしてくれる・・・・いや!! お祝い してもらわないと いけない!!

世間は忘れちゃくれないのよん~

昨日は午前中から外に出ていたので、午後帰宅するや否や早速 マフィン作りに
勤しむ 母 ○~

どの子のうちも ただのケーキやマフィン~ cake じゃなくって すごく可愛くトッピングしてきてたり、
も~ お母さんの深い愛情と細やかな子供への気遣いが伺える 
この 幼稚園用お誕生日ケーキ。

・・・・ということでですね   ドイツでも子供に人気のある
Cimg9499

あんたに白羽の矢を立ててみたわよ~ 

ピカチュゥゥ~~~!

いっぱい描いちゃいました♪

子供達、喜んでくれるかなぁ~

| | コメント (6)

2010年6月19日 (土)

とりあえず負け★

負けてしまった今だから こんなこともいえるけど・・・・

トーナメント戦の対戦相手が決まった時から セルビア  って な~んか
言葉の背後に黒い影背負ってたっていうか いや~な感じしてたの・・・・

2006年のワールドカップでも トーナメント戦で ドイツはクロアチアに負けてる。
どうやら バルカンの国との相性などもよろしくないのかな?

13時半ちょっと前にテレビを付けたその瞬間も すご~いいやらしい負のエネルギー
を感じてしまった。

分杭峠のご利益よ きっと!! 

ボールをどこにけっても 赤い人たちが居る。
ボールをゴールそばまで運んでも 必ず ゴールの前に 3人 赤い人たちが居る。

ドイツも てんで違う方向へボールをけったりしてるし・・・・
ポルディー 調子悪いし・・・・・
ミロスラフ 退場だし・・・・・・
審判 無茶苦茶だし・・・・・

とりあえず ドイツ、ガーナに勝とう!

日本、 負けたけど あのオランダにあそこまでよくはむかったと思う。
主人は 日本の試合運びを褒めたよ。
超えられなかった あの紙一重モノもが 何なのか・・・・そこがわかれば
日本は世界を脅かすチームになることが出来る、 かもね?

ドイツVSセルビア では簡単にイエローカードだった行為が 日本VSオランダだと
何事もなかったように通ってた。

ここ ワールドカップでも チームだけの強さだけさは勝利がつかめないのかしら?

とりあえず デンマーク戦がある。倒れるにしても 次につながる何かを学んで帰ろう!
今日は 勇気ある試合を見せてくれてありがとう!

雨降って地固まる、のです!

でも 今夜はサッカーに飽きちゃって 子供達と ジャッキー チェンの 「蛇拳対鷹拳」 みちゃいました♪

| | コメント (2)

2010年6月18日 (金)

セルビア戦だ!

今朝の幼稚園は 黒   の ドイツの国旗色でわきかえってましたよ~!!

子供達は 家からドイツ国旗を持って来たり ドイツのユニフォームを着てきたり
顔に国旗をペイントしてきてたり~

も~ ドイツを応援するものだったら何でもありでした☆

うちなんか 何にもやったよね~  ここの母ちゃん ノリが今一ですまんよ・・・・

僕ちゃんのハリネズミクラスでは 今日は ブーブーゼーラ を工作するんだそうだ。

2010年ワールドカップにて 初めて耳にする言葉 ブーブーゼーラ。

コレ ラッパに良く似た民族楽器こと、なんですってね。

これ ドイツ語?世界的にどこでもブーブーゼーラ?

昨日 ハリネズミクラスは ドイツ国旗でした。

お姉ちゃんのトラサンクラスは 今日 国旗を作るのだそうだ。

今日の幼稚園は 授業にならんやろうね~  あ!もともと授業なんてやってないか!

開始時間はドイツ時間の13時半。

ちなみに パパさんは会社の食堂で 同僚達と一緒に試合を見るのだとか~

ここも全く仕事にならんだろうね~

対セルビア戦、 試合開始 5時間前のドイツのある村のある幼稚園の様子をお伝えしました☆

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

僕ちゃん Delfin4の2次試験が終わりました

今朝は 30日の僕ちゃんの手術の打ち合わせが朝8時半にGT市のHNOで入っていたので 皆で早起き。

日本に出発する調度前日、村の教会事務所から 再び 葬儀のオルガニストの依頼が
きたのですが、休暇で居ない~ ということで 無念にもお断り~

病院までの通り道に 教会事務所があるので 帰り道に途中下車。 

「休暇から戻ってきているので いつでも またお手伝いいたします」

の意を伝えて来ました。
こちらでは 自分の場所を確保するためには コレぐらいプッシュすることは
全然必要でしょう~ 

自分の中では かなり厚かましいと感じて嫌だったんだけど・・・・ 

仕事の依頼が来ることを祈りましょう。

さてさて~  

去る4月29日に幼稚園で実施された 語学力テスト「Delfin 4」で
不合格だった僕ちゃん。

本日 10時30分から2次試験がありまして

     

ギリギリ ふごうかくぅ~   coldsweats01

僕ちゃんが 全くできなかったのは

複数形

集合郡から言葉を引き出す

の2つ。

二つ目の「集合郡から言葉を引き出す」問題というのは、たとえば 6枚くらいのカードが
あり そこにいろいろな絵が描かれていて その中から

「果物はどれ?」「おもちゃはどれ?」

など指定されたモノを探し出すこと。

あ~ そういうこと、わからんかなぁ~(肯定のニュアンスね~

これは日本語でもたぶんわかんないかもしれないので 私からも自宅で促していきましょ!

複数形に関しては、   わたしも未だにわからん!

ドイツ人家庭で育っていても このあたりは難しい部分なので バイリンガルで育っている
息子が何も出来なくても不思議じゃない~

試験管の先生「ギリギリで落ちちゃってますが、補習はどうされますか?」

どうやら必要ない、と親が判断すれば受けなくてもいいらしい雰囲気~

○さん「 受けます 受けるべきです!!」

ということで 僕ちゃん、近い未来からドイツ語の補習を受けることになります。

お姉ちゃんの時は ギリギリで受かってしまって 
ドイツ語勉強の負担が 家庭内の努力だけ~ にかかっていたので、

さらに、お姉ちゃんより一年早く就学する僕ちゃんには 
きっちりとドイツ語の補習は必要だと 私とパパさんは考えていたので 
今回のこの結果に私とパパさんは満足。

ここで 不合格だからといって 彼のキャリアに傷がつくわけじゃないし~
っていうか 今のうちに出来るようにしておかないと! のほうが大事よね!

家で今後も続けていくべき努力は 寝る前の本読み。
これからは もう少し 僕ちゃんとパパが その本の内容を深く読み込めるような形に
変えて行くといいと思う。

あとは お姉ちゃんの時に うちがやってたことは 食後から寝る前のどこでもいい
30分間にパパと ゲームなり 何なり 遊ぶ時間を作ってたなぁ~
また復活させないと!

そのほかに考えられることは 午後、幼稚園に行かせること。
彼は健康面でなかなか午後クラスに参加できないできちゃった。
もっとも 3歳児(一番年下の学年)の時は お姉ちゃんだって そんなに頻繁に
午後クラスに行ってたわけじゃなかったなぁ~

日本から帰ってきて即手術で 今日 初 幼稚園だった僕ちゃん。
そんな初日にテストがあったというのも 何かの意味があったかな?

このテストの時点で 彼とは比較が出来ないほどドイツ語ができていなかった
お姉ちゃん。

今日の試験管もお姉ちゃんのこと覚えていてくれて 当時の彼女の不出来を語り合いました~(苦笑
お姉ちゃんだって ギリギリ受かっちゃったってだけで 補習してほしかったもん~
 

普段の僕ちゃんの ドイツ語会話聞いてたら ドイツ語が出来ないなんて 誰も思わないと思う。

試験管の先生も「たぶん普段はもっと話せるんだと思う」とおっしゃってた。

でも人前だと緊張して話せない、とか 語順が目茶苦茶、とか 他人の要求が通じない、
っていうのはいかんことですからね。

 
あせることはないけど 時間は確実に過ぎちゃうから 
監督する側は きちんとその時々に的確な手を打っていかないと!

とにかく お姉ちゃんの時の言語療法士に言われたお言葉

「4歳児でありながらにして 2ヶ国語を完璧に使いこなす」

ことのほうが すごいことなんだから!!

そこを 私とパパさんは忘れないように おおらかに 前向きに 育児していきましょ!

深刻に、 ではなく 真剣に・・・・・ね!! 

| | コメント (2)

芍薬が満開です♪

今 家の庭の芍薬が満開です♪

芍薬って 昔っから大好きだった花なので それが庭で眺められるって うれしい!

去年は 日本に行っている間に咲いて散ってしまっていた・・・・・・んだと思う。
とにかく 開花しているときは 自分 不在でありました。
Cimg9497
Cimg9478

これは開花第一号の写真。

この写真を見て「花札」がやりたくなったのは 自分だけ?

4月に植えた ハーレキンWeideも色鮮やかな葉をつけてます。Cimg9479
やっぱりこの木、好きだなぁ~♪

3週間も誰もいなかったので 家に着いた時 芝生や雑草が30センチくらいにも
伸びちゃってて家族中で驚いちゃった。

パパさんがせっせと芝刈りしてくれたおかげで だんだん見られる庭に戻りつつあります。

花壇の中は まだあいかわらず雑草だらけ~

折角 おさらばしたと思っていた花粉症が やっぱり全滅してなくて(夏草です~)
再び 半こもり状態な私。

月曜日に ホメオパティーのDRに追加の薬を処方してきてもらって飲み始めました。
もうずいぶん効き目がわかります。

南ドイツは雨ばかりみたいだけど ここはいいお天気  風は冷たいけど~

そして週末は天気崩れるらしいが・・・・・

週末 草取りできるかな?

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

縁に引かれて分杭峠

今回は再び 日本滞在記。  なかなか書けんです~

いきさつはさておいて~

ひょんなことから 急に 「分杭峠」に行くことになった我らが日本ファミリー。

最近 日本ではテレビ番組などで 「パワースポット」なる場所が頻繁に取り上げられているそうで
実はこの情報も 母や妹や弟はテレビで最初に知ったらしい。

そこはどういう場所なのか?

そこは  「0(ゼロ) 磁場」 といわれている 聖なるエネルギーの満ちた場所。

地上はもともと 北極と南極から プラスとマイナスの磁場を受けて成り立っているものなのだけど
その場所は 磁場がない、 というのです。

頂いたパンフレットによりますと、

「中央構造線」という日本最大の断層が縦貫しているこの峠は
中国湖北省蓮花山のゼロ磁場を発見した有名な気功師  張志祥師により発見されました。
張氏は 蓮花山のゼロ磁場を発見した人物でもあり そこは
「人が幸せになれる場所」ともいわれ 多くの人が癒しを求めて訪れる場所、となっているそうです。
その彼を日本に招いて ゼロ磁場を探してもらったところ、蓮花山に匹敵するすばらしい場所として発見されたのがこの 分杭峠、だったのです。

説明はコレくらいにして 早速 体験記に入りましょう!

まず 「気場」といわれる場所に一歩は居るや否や・・・・

目はまっすぐ見ているのに 視界が回るというか ゆらぐというか~
でもそれは めまいがしているっていうのとは違って 自分の中身は しっかりしているの。

Cimg9297
↑気場の様子
ここに訪れた人は ココに座って いい「気」を受けて帰っていく~

そんな状態になったのは その一瞬だけ。

私と主人は この急斜面に立って 一杯いい気が集まるようにって「気功」をやりました。

ひんやりとした すごい 気持ちのいい空気が満ちている~

「気功」を一通りやって そんな気を身体一杯吸い込みましたよ!

ここで一つ残念だったことは、テレビやマスコミで あまりにも取り上げられすぎて
単なる「冷やかし」で この場を訪れていた人もいた、ということ。

もちろん、誰でもきていい場所、なのだけど、そういう「聖なる場所」で
携帯で音を鳴らしながら写真を撮ったり、お友達とぺちゃくちゃおしゃべりしたり
してほしくなかった。

よっぽど「写真撮るんだったら 音消して撮ってください、邪魔です!」

って言おうかと思ったけど~

いやいや、 こんないい気が満ちている場所で 自分の気持ちをそんなことで
曇らせるのはやめよう~

こんなことも修行さ!!

と  ぐっ と我慢の○でした。

ここは 「いい気をもらいたい!」と思う人や 本当に心を病んで藁をもすがる思いで
来られている人のための場所、
ということを 私も微力ながら このブログを通して皆さんに言いたい。

「怖いもの見たさ」で行かれる方、そういう方を思いやって せめて ここでは
携帯電話は電源を切ってください。
そこに居る間は 余計なおしゃべりは遠慮してください!!

小言は以上よ!!

ひとしきり「気」をもらって シャトルバス乗り場で待っていると、峠の上のほうから歩いてきたおじちゃんが

本当の「気場」といわれる場所は別にあるんだよ!

と教えてくれました。
そこでは 「聖なる水」も 汲めるのだそうです

実は うちは水も汲むつもりで ポリタンク20Lほども持ってきていました~

早速 小雨の降る中 5~10分ほどかけて 本当の「気場」というところへ
行ってみました。

「気」の強いところへ入るや否や また さっきと同じ 視界がゆらめくというか
ぐらっとくるというか・・・・な感覚になりました。

ここには山の上から流れ落ちてくる清流も見えて 雰囲気からして 先ほどの場所よりも
神がかっている感じ・・・・
Cimg9303


そしてここで 驚くべき現象が起こったのです!!

ここでも 気功「木のポーズ」をとっていた あたし。

何回目かの呼吸の後、 体の力が突然  がくん! と抜けて
直立はしてたけど 手、首の余分な力が入らなくなってしまった。

だら~ん ・・・・・・ と垂れ下がる腕、首

でも その脱力感が すごい心地よい~

嗚呼~ これぞ 気功の極意だ~ 
追求したい心の境地だ~

自分の意思で動こうとしても しばらくは腕が上げれなかった  あまり気持ちよくて

そしてさらに驚くべきことは!!

家に帰って この水でお茶を入れたら・・・・

お茶の色がいつもと違う~!!

この水の成分に 微量ながらラドンが含まれているらしく ラドンがお茶の色を
鮮明にする力を持っている、ということも 頂いたパンフレットに書かれていました。

口当たりも まろい・・・まあるい感じ~

このお水で炊いたご飯、入れたコーヒー、味噌汁も 断然 普通の自ら作ったものより
おいしかったです!!

今回の里帰りのキーワードは「縁」でした。

以前から知り合っていた人、長いこと音信が途絶えていた人との 
今現在になって廻り廻ってきた不思議な再会、縁。

いい「気」を一杯頂いてきたせいか、不思議と 「会いたい~」 と思った方に会うことが
できた今回の里帰り。

自分を支えてくれているのは 今 自分の周りに存在している縁だけではないのだなぁ~
自分が この世に生まれ出でてから 出合ってきた全ての人に やはり 今でも
支え続けられて 自分は生かされている~

そう 感じずには そして感謝せずにはいられなかった ○でございました。

私は すっかり この「峠」の信者になりました。

追伸 

場所はあえて記載しません。本当に興味がおありになる方はご自分でお調べになって 
マナーをわきまえて 携帯電話の代わりに思いやりを携えて 道中気をつけてお出かけください。

| | コメント (6)

2010年6月14日 (月)

とりあえず一勝☆

2010年ワールドカップ、ドイツ危なげなく一勝をものにしました!

うちは自宅で主人とテレビで観戦。

前回の2006年の時もそうだったけど 対戦時間が近づくと 只でさえ静かなうちの近所が
ほんと 水を打ったように静かになるのよね~

デュッセルのお友達の話では 人っ子一人 外にいなくなって
車さえ 走っていなかった・・・・そうだよ~

私は前半は用事をしていて観れなかったんだけど、そこですでに 2-0になってた。

得点したのは1点目はポルディーで2点目はミロスラフ
 
←クローゼのVorname 馴れ馴れしいわ 自分

ミロスラフへのアシストは ラームだったっていうじゃないですかぁ~!

ラームも好きな選手なの♪ 今回バラックに代わりキャプテンよ~



ミロスラフは2002年のワールドカップから出場していて あの頃は 新星扱いだった彼も
すっかりベテラン選手になっちゃいましたなぁ~

ミロスラフは 本当にワールドカップ男で 
2002年も2006年も彼の得点力はものすごかったけど その勢い衰えるところを知らず~ ミロスラフ 今も健在!
彼のすごさを主張していました。

後半 3点目を入れるまでは 手に汗かきながら観戦してたけど、その後あっけなく
4点目をカカウが決めてしまったときは 主人も私も正直・・・・

「ちょっと取り過ぎなんじゃないの?」

と思ってしまった。

圧勝、というか まあ 何はともあれ いいスタートが切れてよかった~

しかし それでドイツ国民が気をよくしていると思いきや~

今朝 お姉ちゃんを幼稚園に送っていったときは、国旗を付けて走っている車は
ほとんどなく いつもの冷静なドイツの風景に戻っていた。

ドイツ人、ワールドカップでは 

決勝トーナメントに出場して当然!

くらい思っている国民がずいぶん多いらしい。

2006年大会に出場していたトルコなんて 一勝ごとに大騒ぎ~!
ドイツに移民しているトルコ人は 我が物顔で ドイツの国道を ピーピー ぷーぷー
ラッパやクラクションを吹き鳴らしてた。

勝って当然! って思っていながらも この冷静沈着さ? 謙虚さ? 
旗が晴天に舞っていないところをみると  消してプライドが高くてそう思っている、というわけではなさそう~

私の周りのドイツ人は そういえば トーナメント戦中は テレビも見ない、っていう人
結構いるかな?
決勝リーグに入って ようやく腰を上げて応援し始める、みたいな・・・・ね。

1998年のワールドカップは ドイツが惨敗したとか?
なので 2002年は ワールドカップが始まった当初は全然騒いでなかったな~ 
そういえば。
結局 準優勝だったんだけど 巷で騒ぎ出したのは やっぱり決勝リーグが
始まってからだった・・・と思う。

謙虚?冷静沈着? はたまた 気が小さい?

おもしろい国民性?です、ドイツ人。 普段のあの気の強さは じゃ~ なんなの?

   

さて!
ビニールの買い物袋で作った 日の丸があまりにも気の毒だったので
金曜日に僕ちゃんのコントロールに行った際、偶然にも病院の隣が布屋であることに
気がついたあたしは、そこで白い布を買いまして、油性の赤ペンもスーパーで買いまして
チクチク 手縫いし、頑丈な 日の丸 を完成させましたよ!

今日は 自分の病院だったので OWLの西の端を30分かけて 国旗を掲げて縦断してきました。

こんな時でもないと 自分が 日本人だっ! って主張できませんからね!

本日のカメルーンとの試合、どうなりますかな? JAPAN?

期待していない、というと 語弊があるなぁ・・・・

気持ちのいい いい試合をしておくれ~!!

そして願わくば
一日でも長く 日の丸国旗が OWLの空のしたではためけますように!

| | コメント (6)

2010年6月12日 (土)

赤ワイン「Arboleda」☆ お祭り騒ぎに便乗しちゃおう♪

金曜日、お姉ちゃんは午後3時からお友達のお誕生日会へ~

今日からサッカーワールドカップだ~!!

とソレに便乗する形で週末ご飯の計画を立てて 午前中に買い物を済ませちゃって
午後はのんびりサッカー観戦?

な~んて思ってたのに 思い切り 「しょうが」を買い忘れたので お姉ちゃんを送り届けた後 自転車で村のスーパーまでトロトロお買いもの~

さすがに!!

駐車場ガラガラでしたよ~ ←ワールドカップのおかげで?
いつもの金曜日だったら この時間 買い物客でごった返してるのに。

どなたも考えることは一緒?
風は強いものの お天気は上場♪
ワールドカップに便乗して お祭り気分な週末が幕を開けた こちら ドイツでございます。

さてさて・・・・

しょうがで何をしたかったというと~

「鶏レバーワイン煮」

が作りたかったから~    っていうか 食べたかったから♪  

レバーにしょうがはつき物っしょ!!

それもこれも 今夜の主役は 「KIOS 2003」をネットで検索していて出逢った
ブログ「酔いどれ夫婦のうち飲みコレクション」 の 「のっちさん」から
頂いた赤ワイン、

ARBOLEDA MERLOH 2006年 チリ産

が主役だったからです~!!

このワインの大きな特徴は 気の樽で寝かしてあるワインである、ということ。

私達は今まであんまりそれにこだわってきてなかっただけに 

どんなんだろ~♪

 ドーパミン でまくり状態で待ち構える夕餉!!

折角のワインなので はずしちゃいかん! と のっちさんのブログを念入りに研究し
のっちさんのブログより頂いたレシピが上記の「鶏レバーワイン煮」でございました。

自分 石橋を叩き壊してわたる ちょ~堅実タイプなんざんすよ~ これでも~♪Cimg9477_2

お~すぃかったですぅ~♪
鶏レバーワイン煮」、食感はチーズのソレに煮ていてバルサミコがしっかり手綱を引いておりました。
ワインのアテにはぴったり! ←粉山椒なとを振り掛ければ日本酒ともOKだそうですよ!

メインは 夏野菜と鮭のパスタ、そしてサラダ~ っと。

さて・・・頂いた Arboleda は~

う~ん♪ 飲みやすい!

というのが一口目の感想。
飲むごとに 深みを増していくというか どっしり しっかり個性を表現し始めるというか~

木樽の香りがほのかにして ほぼ意識した上での初体験だった我々には

ほほぉ~♪

感嘆のうなり~

今度 隣となり村のワイン商会に出向いたときは、必ず

「木の樽で熟成したワイン」

と注文してみますから!!

のっちさんに 私からは「Nero Davola」 をプレゼントしました。
さすが のっちさん、ワイン好きがうなりそうなご馳走で ワインを頂いてくださいました。
のっちさんの記事はこちら

ワイン交換、意見交換、レシピ交換 ←これは自分はないか?!

楽しかったです♪

ありがと~!!   サッカーは結局とこへいってしまったんだらう?

| | コメント (2)

2010年6月11日 (金)

カンフーの動きと同じもの?

月曜日に僕ちゃんの手術はあったものの、そのほかは日本へ行く前と同様
ごくごく普通の我が家の日常生活が始まっています。

お姉ちゃんのカンフーも 月曜日はお休みだったので 水曜日から通常トレーニングが始まりました。

私達の日本に行っている間に 今年に入ってからの2回目の昇級試験がありました、
調度6月5日でした。(だから月曜日はお休みだったんですね)

お姉ちゃんはいなかったので受けられなかったのですが、マイスタリン(女師匠)より
7月に隣の街である昇級試験に出るように、と 日本に行く前から試験を受けていい
許可をいただいていたので ここから一月あまり、ソレに向けて精進していく
わけであります。

で、水曜日のトレーニングの時に マイスタリンの前で試験の申込書を書いていた私。

お姉ちゃんのフルネームを書いていますと マイスタリン、お姉ちゃんの日本名に
興味を示されました。(お姉ちゃんは ドイツ名 日本名を持っています)

マイスタリン「これは意味があるのでしょう?どういう意味ですか?」

それぞれの漢字を書いてそれぞれの意味、そして名前となったときの意味を説明した
○さん。

水曜日は 戻ってきて初日ということもあり 久々にトレーニングの全行程を見学していた私。

マイスタリンは次の日の木曜日から休暇で荷造りが忙しい、ということで ほかの有段者がご指導してました。
(・・・・ソレが職場を休む理由になるところがすごいぞ、ドイツ)

また マイスタリンとは違う、独特な雰囲気を持った蛇拳を私達の目の前で疲労してくれた
師匠代理の彼。
ピシッ、ピシッ、と 各々の動きを点で止めていく動き、そして彼、ずいぶんとゆっくり動く。
腕の動きはまさに蛇、美しい~

そんな動きを見た後で マイスタリンに漢字を教えていて ふと・・・・・思った。

漢字を書く動きってもしかしてカンフーの動きと合い通じるものがあるかも?

流れる動き、しかもゆっくり動く部分、早く動く部分があり、
止めの部分、一旦止めてから方向を変えて動き出す筆先の動き。

この発見を、帰って早速パパさんに報告。

「そうですね、確かに似てますね。漢字も中国のものですから もしかしたら
文字を書く動きの中にも 気を静める作用のある動きがあるのかもしれませんね」

この運筆は ひらがなやカタカナにもいえると思う。

お姉ちゃんに字を教えるときは もちろん 日本人がそうであるように 
払う場所、止める場所、跳ねる場所、そして書き順も しっかりやってもらうように
努力し続けてます。

この話しを横で聴いてたお姉ちゃんも

「なるほど~」

と感心していた様子、きっとよく理解できたのでしょうね。

では そんな大発見? を踏まえまして 後一月、オレンジの帯を手にするべく
チャイナ」な動きを 再発見、楽しんでまいりましょう!!

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

日の丸から日の丸を取っちゃったら?

いよいよ明日からワールドカップですね!

ドイツでは車のウィンドーに国旗を付けて走る車が日に日に目立ってきてますよ。
こんな風にね~
Cimg9476

ドイツでは ドイツ以外にもイタリアとかフランスとかヨーロッパから大会に出場する国の
国旗は買えるみたいだけど さすがに 極東に位置する日本の国旗は売ってません。

・・・・・ということで
Cimg9475

早速作ってみた!

ワクワクさん ← 知ってます? もさながらの ちょ~家にあるものでお手軽に作った
日の丸国旗!

白い部分はスーパーの買い物袋。
赤い部分は 赤い半紙を丸く切って セロテープで張りました。
ドイツの国旗を取り外し そこへセロテープでうまくまきつけ貼り付けてみた。

お姉ちゃんを幼稚園に迎えに行く時に早速お試し!

家の近所は時速30キロ地帯なので そよそよ風にはためいていい感じだった。

しかし!!

国道68号線にでて 一気に60キロまで加速するや否や!!

バックミラーに映った なにやら 飛んでいく赤い物体・・・・・

その直後に もう一つ、私の車が出発地点と思われるだろう赤い物体が
後ろのほうへ飛ばされていった・・・・・

ありゃ やっぱ駄目だったね~

そしてその時、あたしゃ~ 初めて気がついたさっ!!

日の丸も 赤丸なければ 只の白旗~    

冷静になって一句詠んでみた

後ろの車や対向車が みょ~に不思議そうに あたしの車を見ながら走っていったさ~

幼稚園では ちょうど駐車場にいたフィリポくんが 

「どの国の旗をつけてきたんだろう?」

と わざわざ駆け足で うちの車に駆け寄ってきてくれたんだけど、
その後変な顔してあたしのこと見てる~!!

ちゃんと駐車するかしないかで もう 車外に飛び出し 2分前まで日の丸だった
今では 只の白旗を早々に引っ込めましたよ。


こ~いうの 赤っ恥っていうんやね・・・

これをもちまして 次は 絶対マジックで赤い丸を描こうと心に誓ったさんでありました。

一度チャレンジして通らなかったからといって 首相を辞めてしまうあなた。
太陽の落ちた ただの白旗を振ってしまうには あまりにも 努力と忍耐がなさすぎたのでは?

   

ベルリンの壁が崩れるまで 東西の国民がどれほどの犠牲を払って手にした自由
だったか、今一度振り返って見られるといいのに~

もっとも国民の知らぬところでは 彼以外の作為も働いていたかもしれないので
一概にそうだとは言い切れないけど・・・・

さてサッカーワールドカップ。

私の旗は あっさりと白旗になってしまいましたが、
大きなことは言わずともせめて みっともない負け方だけはして欲しくない!

・・・・というのが 異国にて日の丸を掲げて走る女の心からの
熱い?声援ででございます。

がんばれ 日本! がんばれ ドイチュランド!

 

| | コメント (4)

「里帰り」に思うこと

ここ3年位前から 里帰りをするたびに思うことは

座っていれば着いちゃうもんもんやね・・・・

ということ。

里帰りを決めるにあたり 一番難しいポイントは チケット購入時。
それをクリアしてしまえば、前に向かって走り出すのみ。

おととしくらいまでは ドイツと日本の生活習慣やメンタル的な部分でのギャップに
里帰りは苦しんでいたけど
去年辺りから 

あたしはあたし!

という結婚してから定まっていなかった自分の中の自分の基準が定まってきて
どちらにいても マイペースでいられるようになってきたかな?

ですから あまりにもこちらでの生活が確立してきたこの頃、故郷のことを 

あの町って 本当に地球上に存在しているんだろうか?

って思うことがある。

慣れてはきたけど あまりにも違う景色や空気、言葉や食、文化。
こちらで暮らしている時間が長くなって 子育てを介しながら日々忙しい生活を送り
こちらでのソレが当たり前になってきている今、

日本の故郷の存在が まるで幻か夢のように思えるときがある

それがもう全て存在していなくて 私の思いの中だけで揺れている希望や
憧れなのではないか?
と思うこともある。

逆に 去年祖母が亡くなって コチラで生活をしていると 祖母がいなくなったことも
あまり実感としてなく、いまでも あの幻の故郷の景色の一つとしてそこにいるような
錯覚に陥る時がある。

本当に あの場所は、 はたまたこの地球という星は存在しているんだろうか?

飛行機に乗り上空にあがり 遠くに丸く空の果てを見るとき

ああ・・・・地球って 本当にあるんだな~

と再確認し、 日本の最寄の空港に着陸すると

ああ~ 座っていると着いちゃうものなんだ~

と 感心し

伊勢湾岸道路から東海環状道路に入り 土岐市を眼下に見下ろせるポイントまで来ると
見えてくる恵那山を真横から目にしたとき ようやく

ああ・・・・・帰ってきた、ここは確かに在るんだ・・・

と納得し安心する。

それでようやく 自分の過去と現在が一致するかのように。

故郷とは 今現在 私にとってそんな場所であります。
Cimg9279
真正面から見た恵那山。私にとっての故郷の象徴。

| | コメント (3)

2010年6月 9日 (水)

カツ丼でドーパミンパワーを引き出せ!

ある日妹が一冊の本を買ってきました。

題は 申し訳ないけど 忘れてしまいました~

いろいろ書かれてある事を読んでくれたのですが、一番私の頭に残ったことは

ドーパミン

という言葉。

その本によれば、脳の海馬辺りからでているドーパミンという物質は、
たとえば

食べたい! とか みたい! とか 行きたい! 

とか または

着飾っておでかけよ~ん!

っていう気持ちの時に出ているものなんだそうで
それが適度に出ている人は 若々しく はつらつとしていて 
そして免疫力も高いのだそうです。

出すぎは今度は身体によくないらしいですのでお気をつけあそばせ~ 参照

で、話題に上ったのが うちのお姉ちゃん。

食べるの大好き♪
常に(食事が終わった直後から) 次の食事(おやつだったりするときもアル)を
楽しみにしている♪


な彼女。

彼女を知っている人はお気づきかもしれないけれど、すごい元気。
身体も生半可じゃないほど強い。

あ~ な~るほど☆ 
彼女はドーパミンが でっぱなし・・・なんだねぇ~

というところに落ち着いた。

ドイツのOmaは 彼女と似ていて(←逆か!)、彼女も食べるの大好き。
常に好奇心の塊。
70過ぎてから パソコンも始めた。
外食時には 常に食前酒から始まりデザート、コーヒー、食後酒までたいらげる。
おでかけ、パーティー、お祝い事大好き♪

そして やっぱり

も~れつに 元気!

里帰りすると行く鍼灸院に 今回子供をつれて行ったのだけど
そこの先生からも

「いい『気』しとるよねぇ~ あの子」

といわれた。

そんなお姉ちゃんの 今回の日本滞在中にぜひとも食したいターゲットは

平林のカツ丼。

去年 祖母の葬儀の時に葬儀場に届いた 平林のカツ丼 えびかつ丼が えらく
気に入ったんだそうだ。

ず~っと

「私は 平林のとんかつを食べに行く!」

といっていました。
日本に来るちょっと前には 寝るときに平林のカツ丼が目の前をちらついて
眠れなかったとか?(笑

平林というのは 実家のある町にあるとんかつやさんの屋号で、そこだけのオリジナル?なとろ~り としたアンがかかっているのが売りのとんかつやさん。

お姉ちゃんは2週間だけ学校だったので、滞在最後の週にパパさんと3人で
食べに行ってきました。

ここで食べさせないで 次の一年 恨み言を言われながら過ごすのは
やぁ~ ですからね!!
Cimg9467

「あたしは4杯は食べる!」  なんせ給食でやきそば4杯おかわりしたそうですから・・・(汗

な~んていってたけど 結局 特盛半分も食べられなかったね(苦笑

「あ~!!杉山先生(←近所の鍼灸院の先生、またそのうちに記事を書きます~
に食欲の出るつぼに 針打ってもらっとけばよかったぁ!!」

と 食べれなかったことに 挫折感を覚えて うなだれていた彼女。

ドーパミン 切れちゃったんでしょうかね?

笑える、うちのむすめ・・・・・

こっちにも シュニッツェル(かつ)というものがあるのだけれど
肉の厚みで 日本のかつに軍配が上がっているらしいです~ お姉ちゃんによると。

店によっちゃあ 厚い肉で出てくるシュニッツェルもありますけどね。
気分、雰囲気も大事ですからね やっぱり。

そして最後のダメ押しに 空港にて・・・・・Cimg9470

矢場とんの かつサンド~!! 朝からカツ!!

おか~はん ←あたしのこと に買ってもらいました♪

今週も 時はすでに水曜日。
金曜日からは サッカーワールドカップも始まってお祭り気分に便乗して
週末に向けてのドーパミン、徐々に数値が上がってきてますよ!!

ドーパミンで いつもはつらつ!ときめいて行きましょッ!!

 

| | コメント (8)

僕ちゃん☆4歳になりました

お姉ちゃんが小学校に行っている間に・・・・

僕ちゃんは いつも日本で通っている幼稚園に行ってました☆

本当は年少さんに入園するんだけど、5月、ということで入園して間もない年少さんは
バタバタしていて落ち着かないだろうから~

という先生の配慮で 去年もお世話になった「ウサギ組み(3歳児対象)」さんに 
今年も入れていただくことになりました。

ウサギ組みの先生は僕ちゃんの大好きな U先生♪
僕ちゃんが「いや!」というはずがありませんね。

ドイツの幼稚園は半日、日本の幼稚園は帰宅が3時半過ぎ、と全然内容が違うので
ちょっとくたびれちゃった時もあったけど
泣き言一つ言わずに 3週間、元気に通えたね!

日本の幼稚園は毎週水曜日に園外保育があって、幼稚園の近くの公園や神社に
ミニ遠足に連れて行ってもらって
そのたびに お母さんに シロツメクサの花束を摘んできてくれた優しい僕ちゃん。

母も あなたのこと 愛してるわん~♪

日本滞在中   僕ちゃん 4歳になりました♪

去年まではどちらかというと幼児体型だった僕ちゃん、このところ手足が伸びて
顔も面長になってきましたね。

健康面で 自信がない部分が去年から多かったけど、それも今回の日本滞在で
解決したかな?→また別に記載しますね

ひらがなは 「り」と「の」と「る」と「ん」だったらもう完璧に言い当てれるね。

4月からお姉ちゃんもやっているポピーのドリルに申し込みました。
お姉ちゃんのお古のドリルじゃあ やっぱりつまんないもんね。
色も塗ってないし、シールもはれるし・・・・
あせる必要はないので 気の向いた時にお姉ちゃんと一緒にやろうね!

4歳からお姉ちゃんの行っているカンフーに入れるので、6月末の手術がすんだら
お試しに行ってみよう。
日本では お姉ちゃんのを見よう見真似?で カンフーを じじやおばあちゃんにも
披露してくれていた僕ちゃん。
こちらも なかなか様になってましたよ!

恐竜好きはあいかわらず。
やっぱりアナトミー的に人体や骨に興味があるみたい。
病院にいってそんなポスターが張ってあると必ず興味を示してくれる。
宇宙、ロケット、スペースシャトルも大好きなもの♪

日本の幼稚園で作ってもらったお誕生日カードに書いてあった 大好物は・・・

焼き鳥beer

だって(笑

夏からお姉ちゃんが小学校なので、もう僕ちゃんの誕生日を日本でお祝いする、
ってことは 子供達が就職するまで無理になるだろうね。

日本で皆でお祝いしてもらって楽しかったね。
Cimg9355
4歳になった朝の 園に出発前の僕ちゃんのスナップ。

元気で大きくなぁれ!!

| | コメント (6)

2010年6月 8日 (火)

お姉ちゃん、日本の小学校に行く!

これは 今回の里帰りの目玉の一つでしたね!

お姉ちゃんもドイツからランドセルを背負い込み、気合漫々。

初日はパパも私も付き添って 地域の集団登校に混じって登校~♪
Cimg9291
この辺は 3年くらい前から 地域の人たちが登下校時に「見守り隊」と称し、
大人が登下校する子供達に注意を払ってくれているみたい。


ドイツにも「Walking Bus」という集団登下校のような仕組みがあるようだけど
地域ぐるみ、というのではなく 小学生を持つご近所同士が口々に話を付けて
成り立っている組織のよう・・・・

うち(ドイツ)のご近所は そういうのなくて個々で送り迎えなので
地域ぐるみで組織立っている日本のそういうところは とてもうらやましかったなぁ~

学校について 教頭先生、校長先生、担任の先生と簡単な自己紹介やらお話やら。

去年 アメリカ人と日本人を両親に持つ女の子が この小学校に1週間体験入学していたそうだけど、どうやら その子は日本語があまり出来なかったようで
一週間 ず~っと お母さんも一緒に教室にいたらしく・・・・

教頭先生「お母さんはご一緒に体験入学されますか?」

と 聞かれましたが・・・・・

お姉ちゃんは 日本語100%OKですし 
ここの方言もペラペラですから
私のサポートなんて必要ないですよ~

と とっとと担任の先生に娘を託し帰ってきちゃいました。

案の定、一切問題なし!

実際を見たわけではないけど 担任の先生と教頭先生からの途中報告では・・・・

給食おかわり 常連   ←これが一番の楽しみだったりして?(汗
挙手 発言 常連、
ひらがな 達筆、
図画工作 斬新かつ表現豊か、

いろいろお褒めの言葉をいただきました。
ありがとうございました。
ドイツでがんばってますよ、私達!

2週目には ドイツ語講座も開いたようで クラスのお友達にお姉ちゃんから
ドイツ語での簡単な挨拶が教授されたそうですよ。

最後の日に お別れの挨拶に小学校に伺ったのですが、
お姉ちゃんの所属していた教室でのお別れ会で 皆から別れを惜しまれていたお姉ちゃん。

知らない場所に、しかも 言葉も習慣も姿かたちも違う国へ 1人で乗り込んでいって
(ランドセルなんて 色も形も違うのに)
たった2週間の間に 学校にも友達にも馴染んで溶け込んで 
しっかり楽しい時間を過ごすことができたお姉ちゃん。

あんたは 本当に お母さんの誇りだよ!Cimg9385
お姉ちゃんの所属していたクラス。

受け入れを承知してくださり 手をかけてくださった小学校の先生方、
楽しい時間を娘と過ごしてくれたお友達、
ステキな時間をどうもありがとう!

来年はお姉ちゃんもこっちの学校が始まっちゃってて 夏休みが日本の夏休みに
まるっとかかっちゃているから 行くのは難しいかなぁ?

でも こんなに楽しんでくれたんだから 学校に行くことができるように強行日程で
イースターまたは秋休みの2週間を使って帰るかなぁ~?

そのための今後の母娘の課題は 来年の2年生の授業に支障のないように・・・・・
というか 楽しめるように
算数、特に国語(漢字)を 家で一生懸命娘と一緒にがんばり続けること、ですね。

よし!!

 

| | コメント (10)

2010年6月 7日 (月)

戻ってきました☆

昨日 帰ってまいりました。

4日にドイツには戻っていましたが、義母のお誕生日が5日ということで 
今回はまずそちらに寄り道しての帰宅となりました。

行く前から計画していたことなのですが~

いきなり 僕ちゃん  本日 手術でした~

おかげさまで それも無事終了~   やれやれ

手術立会いも3度目となる我は さすがに落ち着いたものでございました。

そして 4度目 も 6月末に控えているあたし。
僕ちゃんのアデノイド摘出と鼓膜に管を入れるやつです。

健全な身体になるために!! がんばりましょうね。

そんなんでスタートしました、今回。
また宜しくお願いします。

| | コメント (4)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »