« 芍薬が満開です♪ | トップページ | セルビア戦だ! »

2010年6月17日 (木)

僕ちゃん Delfin4の2次試験が終わりました

今朝は 30日の僕ちゃんの手術の打ち合わせが朝8時半にGT市のHNOで入っていたので 皆で早起き。

日本に出発する調度前日、村の教会事務所から 再び 葬儀のオルガニストの依頼が
きたのですが、休暇で居ない~ ということで 無念にもお断り~

病院までの通り道に 教会事務所があるので 帰り道に途中下車。 

「休暇から戻ってきているので いつでも またお手伝いいたします」

の意を伝えて来ました。
こちらでは 自分の場所を確保するためには コレぐらいプッシュすることは
全然必要でしょう~ 

自分の中では かなり厚かましいと感じて嫌だったんだけど・・・・ 

仕事の依頼が来ることを祈りましょう。

さてさて~  

去る4月29日に幼稚園で実施された 語学力テスト「Delfin 4」で
不合格だった僕ちゃん。

本日 10時30分から2次試験がありまして

     

ギリギリ ふごうかくぅ~   coldsweats01

僕ちゃんが 全くできなかったのは

複数形

集合郡から言葉を引き出す

の2つ。

二つ目の「集合郡から言葉を引き出す」問題というのは、たとえば 6枚くらいのカードが
あり そこにいろいろな絵が描かれていて その中から

「果物はどれ?」「おもちゃはどれ?」

など指定されたモノを探し出すこと。

あ~ そういうこと、わからんかなぁ~(肯定のニュアンスね~

これは日本語でもたぶんわかんないかもしれないので 私からも自宅で促していきましょ!

複数形に関しては、   わたしも未だにわからん!

ドイツ人家庭で育っていても このあたりは難しい部分なので バイリンガルで育っている
息子が何も出来なくても不思議じゃない~

試験管の先生「ギリギリで落ちちゃってますが、補習はどうされますか?」

どうやら必要ない、と親が判断すれば受けなくてもいいらしい雰囲気~

○さん「 受けます 受けるべきです!!」

ということで 僕ちゃん、近い未来からドイツ語の補習を受けることになります。

お姉ちゃんの時は ギリギリで受かってしまって 
ドイツ語勉強の負担が 家庭内の努力だけ~ にかかっていたので、

さらに、お姉ちゃんより一年早く就学する僕ちゃんには 
きっちりとドイツ語の補習は必要だと 私とパパさんは考えていたので 
今回のこの結果に私とパパさんは満足。

ここで 不合格だからといって 彼のキャリアに傷がつくわけじゃないし~
っていうか 今のうちに出来るようにしておかないと! のほうが大事よね!

家で今後も続けていくべき努力は 寝る前の本読み。
これからは もう少し 僕ちゃんとパパが その本の内容を深く読み込めるような形に
変えて行くといいと思う。

あとは お姉ちゃんの時に うちがやってたことは 食後から寝る前のどこでもいい
30分間にパパと ゲームなり 何なり 遊ぶ時間を作ってたなぁ~
また復活させないと!

そのほかに考えられることは 午後、幼稚園に行かせること。
彼は健康面でなかなか午後クラスに参加できないできちゃった。
もっとも 3歳児(一番年下の学年)の時は お姉ちゃんだって そんなに頻繁に
午後クラスに行ってたわけじゃなかったなぁ~

日本から帰ってきて即手術で 今日 初 幼稚園だった僕ちゃん。
そんな初日にテストがあったというのも 何かの意味があったかな?

このテストの時点で 彼とは比較が出来ないほどドイツ語ができていなかった
お姉ちゃん。

今日の試験管もお姉ちゃんのこと覚えていてくれて 当時の彼女の不出来を語り合いました~(苦笑
お姉ちゃんだって ギリギリ受かっちゃったってだけで 補習してほしかったもん~
 

普段の僕ちゃんの ドイツ語会話聞いてたら ドイツ語が出来ないなんて 誰も思わないと思う。

試験管の先生も「たぶん普段はもっと話せるんだと思う」とおっしゃってた。

でも人前だと緊張して話せない、とか 語順が目茶苦茶、とか 他人の要求が通じない、
っていうのはいかんことですからね。

 
あせることはないけど 時間は確実に過ぎちゃうから 
監督する側は きちんとその時々に的確な手を打っていかないと!

とにかく お姉ちゃんの時の言語療法士に言われたお言葉

「4歳児でありながらにして 2ヶ国語を完璧に使いこなす」

ことのほうが すごいことなんだから!!

そこを 私とパパさんは忘れないように おおらかに 前向きに 育児していきましょ!

深刻に、 ではなく 真剣に・・・・・ね!! 

|

« 芍薬が満開です♪ | トップページ | セルビア戦だ! »

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

忙しい半日、お疲れ様でした。
お姉ちゃんをここまで育て上げた経験や感や実績があるわけだから 州からのサポートがさらに加われば
僕ちゃんのドイツ語発達も もう怖いもの無しじゃないですか!
私もテストは駄目なところを見つけてそれを直したり克服したりして前進するためにこそ意義があると思います。
ほんと、ここで僕ちゃんのドイツ語のレベルをしっかり確認しておいて ここから彼の不得意な部分を彼にあったペースで補ってあげればいいんですよ。

親は一生懸命になっちゃうと周りが見えなくなっちゃったりしちゃうこともあるかもしれませんが、
○さんの書かれているとおり 大らかに前だけを向いて進んでいけば 気がついた未来に 必ず大きな進歩が感じられるだろうと思います。

なんか、私もまたまたやる気にさせられました!!


投稿: ぽよ | 2010年6月18日 (金) 09時06分

ぽよさん>目的も物しか見えなくなってしまう性質なので1人で突き進まないようにブレーキをかけている次第です。
お近くにぽよさんのような育児で問答できる方が
居てくださったら心強かったかな?

投稿: ○さん | 2010年6月21日 (月) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芍薬が満開です♪ | トップページ | セルビア戦だ! »