« 「外国」で生活するということ | トップページ | 10年ぶりのヴェネツィアに思う  8月17日火曜日 晴れ »

2010年8月27日 (金)

お姉ちゃん入学式 いよいよ目前!

お姉ちゃんの入学式が いよいよ 来週の火曜日~ と目前に迫ってきました。

今日ベルリンから OmaとOpaも お姉ちゃんのお祝いに早々にかけつけ、
9月1日まで滞在します。

なんせ コチラでの生活 公衆面前での お式 ってものが ほとんどないので

自分が何を着たらいいのか  お姉ちゃんに何を着せたらいいのか?

謎  全く見当がつかない!

チューリンゲンの入学式は 親も子も それはそれは豪勢 shine に着飾っていらして

shine  結婚式 でもあった?

かと思っちゃうほどでしたが

お隣のニーダーザクセン州のお友達の話では 
ジーンズで着ている親や子供が多かった、ということだし~

公衆面前でのうちが体験したお式といえば 子供達の洗礼式だけど
うちの子供たちの洗礼式は うちのグループは 男性陣はスーツにネクタイ、
女性陣は小奇麗にしていたけど

同じ日に洗礼をした別のグループは もう何日も履いているジーンズに普通のシャツ? 見たいな服装で

当時2006年 まだまだ ドイツを深く理解するにいたっていなかった私は

あれ? 

と思ったものでしたが・・・・

・・・・ってことは なんというか ここは

自分が着たいものを着ればいいんじゃあないの?

って話になってくるんでしょうかしら?
ほどほどに 場をわきまえて・・・・・ね。  

でも やっぱり何着たらいいんでしょねcoldsweats01

ドイツの小学校の入学式のシンボル的象徴といえば

Schultuete  でしょうね。

お姉ちゃんの通う小学校は いつの頃からか

Schultuete で家庭の格差が出る! ということで

学校が作った 一律に統一された Schuletuete をもらうらしいんだけど

うちは Omaが 

「私も Schultuete を用意したいの~♪」

といって もう一つ Schuletuete を作ってくるらしく  親の私はノータッチ。

昔は あの円錐形を逆にした入れ物の中に お菓子が一杯詰まってたそうだけど
今は時代の流れで 「甘いものは結構!」というお母さんが多いので

中身は 学校で使う小物~ と ちょっとだけお菓子? が主流というのが
私がこの辺りのお母さん達から仕入れた情報。

Omaも ちゃんと私の意向を伺ってくださっての中身なので
当日 開けられた彼女からの Schultuete の中身を見て 
私の目が点になるようなことはないだろう・・・・

と 思ってはいるのだけれど~(汗

入学式当日の流れとしては まずは 最寄の教会にて 

入学式の集会~ Einschulungsgottesdienst ~ というのがあり

その後 学校に移動して 子供達は各自の教室に入り一時間目としての授業を
受け

その間 親御さんは校庭で待機・・・・・ということで

あれ?やっぱ式なんて ないじゃん?

授業後 それぞれ家に帰ってパーティーをするなり 
レストランに行って食事をするなり~

うちは OmaとOpaのほかに 入学式前日からフランスからお祝いに来てくれる
お姉ちゃんの代理親ファミリーと 自宅でバーベキューパーティーの予定。

そりゃあ ちょっとしたお祭り騒ぎな ドイツの小学校の入学式ですよ! 

↑とりあえず今までは聞いただけの話。
チューリンゲンのあのお祝いは ドイツでも格別 特別らしい・・・・・

他の2人の代理親さんは 1人はもう先週末にお会いしたし、
もう一方であるBjornさんファミリーは 来週末にお祝いに駆けつけてくれることになっています。

祝ってばかりで 事を始めるにあたっての引き絞める部分が 

全くないわけ?

未知との遭遇~ annoy  になりそうな火曜日の入学式。

|

« 「外国」で生活するということ | トップページ | 10年ぶりのヴェネツィアに思う  8月17日火曜日 晴れ »

ところ変われば」カテゴリの記事

ドイツでの生活」カテゴリの記事

コメント

いよいよ入学式なんだね!
日本の入学式っていうと簡単に想像できるけど
ドイツ、そのほかの外国となると 日本とは又全然違うんだね~
またいろんなびっくり報告、楽しい報告、楽しみにしてるね!

投稿: ミニィキャット | 2010年8月27日 (金) 11時33分

ミニィちゃん>寒いよ~
ほんとに何着たらいいの、別の意味で~
いろいろ報告できるかな?楽しみにしててね!

投稿: ○さん | 2010年8月30日 (月) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「外国」で生活するということ | トップページ | 10年ぶりのヴェネツィアに思う  8月17日火曜日 晴れ »