« うちら ガンバレ! | トップページ | あちこちの小さな村を散策♪ その① 8月19日木曜日 晴れ »

2010年9月 6日 (月)

読書感想文 「じごくのそうべえ」

5月6月に里帰りした時に 買ってきたのが

 「じごくのそうべえ」(童心社)   写真は載せません

いつ頃から 子供達には出来るだけ 

日本のお話を読んであげたい~

外国の作家の翻訳のお話ではなくて・・・・

と強く思うようになった自分。

娘も息子の気に入ってくれて 一日おきの娘と息子との変わりばんこの本読みで
最近もっとも回数が多く リクエストが入ります♪

お話は 皆さんも たぶんなんとなく知っていらっしゃるとは思います。

軽業師のそうべえが綱渡りをしていて 足を滑らせ、気がついたら黄泉の道を
歩いていた・・・

というところから この痛快なお話は始まります。

まず 自分も面白い、と思うのですが ドイツという国で育っている我が子供達、
洗礼もうけておりますし、幼稚園、小学校とキリスト教の影響を受けて大きくなって
いるのですが

なんせ 母親が日本人なので 純粋にキリスト教の家庭(ドイツ人家庭)で
育ってきている子供達とは 全く異なる宗教観が すでに植えつけられてしまっている。

もちろん、私が 日本のお話をたくさん子供達に聞かせてあげたい、と思うところの
狙いは そこなんだけどね~

最近は 子供達の会話の中に

 「閻魔様、 閻魔大王」 が登場するようになった(笑

僕ちゃん「お母さん、閻魔大王って世界で一番強いんやに~!!」

お姉ちゃん「(僕ちゃんに) 悪いことばっかやっとると 閻魔大王に舌ぬかれるに~!!」

面白い・・・・・

以前、パパさんとと韓国映画 「Restless」 を観た感想を書いたことがあったけど(参照)
パパさん、死後 49日内のアノ世界のこと、なんにもわからなくって
説明に困ったことがあったけど

うちの子供たち、今じゃきっとパパさんより 日本人?日本ででお仏壇に手を合わせる
家庭が持っている 死後の世界観っていうのをわかっていると思う、

里帰り最中は 朝晩 「ばんばんちゃん」に手も合わすし(笑

まあ、お姉ちゃんに関しては すでにパパよりうまく 副詞なんかも使えたりするんだけどね(笑

子供用に書かれているお話とはいえ、結構難しい熟語なんかも出てきますし
日本で育っている子供達には当たり前でも うちの子供たちには初めての言い回しも出てきます。

子供達は どんどん ばんばん

「ねえ、『糞尿地獄』の 『糞尿』 って何?」 とか

「 『ちちんぷいぷいの ぷい~』 ってなに?」 とか

質問飛び交ってます~

お話の中に出てくる 「すっぱっぱ(真っ裸)」 っていう表現が気に入っているらしく
お風呂に入る時とか 着替えの時は 2人して

「すっぱっぱ~!!」  

と大はしゃぎしてたりとかね(苦笑

また このお話、大阪弁で書かれているので お姉ちゃんからはそんなに質問は飛ばないけど

僕ちゃんからは

「お母さん、 『・・・・してはりまんのや』 って なに?」 とか

 『・・・・でおますやろ』 って なに?」 とか

大阪弁の解説もしてます(苦笑

私は岐阜県出身なので まねは出来るけど 消して 本当の大阪人のように
大阪弁が使えるわけではないのですが
聴けば、読めば・・・・・大阪弁の意味、ニュアンスがわかる~

っていうのも 不思議なものだなぁ・・・なんて 思ってりしてみたり。

言語って 耳にしているだけで 話すことが出来ないけど わかるようにはなっていく、
ってことなんでしょうね~

|

« うちら ガンバレ! | トップページ | あちこちの小さな村を散策♪ その① 8月19日木曜日 晴れ »

ファイトだ!バイリンガル育児」カテゴリの記事

読書感想文」カテゴリの記事

コメント

なるほど~ 日本語を話しても日本文化に精通していないと日本人と話をしたり日本で学校や幼稚園に入ろうとしたら問題出てきますよね。
そういうところまでフォローしていかなければならない・・・・バイリンガル育児、たいへんですね。

投稿: ぽよ | 2010年9月 9日 (木) 08時59分

ぽよさん>バイリンガルはバイカルチャーでありバイスピリットでないと意味がないと思ってます。
でもそのように育てていくのは親にもいろいろと知恵と苦労とひらめきが必要です(苦笑

投稿: ○さん | 2010年9月13日 (月) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うちら ガンバレ! | トップページ | あちこちの小さな村を散策♪ その① 8月19日木曜日 晴れ »