« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

アドヴェントに入りました♪

日曜日から こちらはアドヴェント(待降節 または降臨節)に入りました。

Cimg0565_2

先週末から ドイツ、すんごい寒いです~

木曜日は 最高気温マイナス9度だって・・・・・・ ひゅ~

今年もクリスマスリース、 ドイツ語では アドヴェンツクランツ Advendskranz も
例年どうり 子供たちと一緒に作りました。
Cimg0566_2

12月1日からは これも毎年おなじみの アドヴェントカレンダーも始まります♪
Cimg0570

去年までは 30日の夜 子供達が寝てから壁にかけて 1日の朝 びっくり!!
させてたけど 

今年は 一日 じっくり眺めて楽しむ時間をあげてみたらどっかな?

我慢の練習にもなるし♪

ってことで 今日30日から飾りました。

明日の朝は 2人とも目覚ましがなる前に起きてくるんでしょうね~ confident

| | コメント (6)

大根の花

Cimg0547_3 

これが先週木曜に撮った大根の写真。
蕾をつけてました。

週末は金曜日からちょっと出かけていまして 帰って来た日曜の午後は・・・・・

Cimg0569_2
こんなん なっちゃってました~   すごい成長ぶりッ happy02 

お隣のは 第2号です♪

もうすぐ開花ですよ!

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

○さん、ずいずいずっころばしの意味を知る♪

昨日は第3回「日本」の授業。

昨日は前回とは打って変わって どの子も集中して意気揚々 授業に参加してました。

人間って生き物ですよね~♪

まずは挨拶の復習から~

ドアを開けて入ってくる生徒には もちろん

「おはよう~ ○○ちゃん!」「おはよう! □□くん!」

と挨拶。
どの子も 発音もよく返すことが出来ました。

新しい言葉、ということで 昨日は「えんぴつ」と「けしごむ」。
いろいろ考えてみたけど まずは すぐそばにある品物でやってみよう!
とこれを選びました。

私が黒板にひらがなで「えんぴつ」と書く。
読み方を順番に教えていると 第1回目の授業で渡しておいた「ひらがな表」で
そのひらがなを探し始める子供達。

「ぴ」と「ご」は 「ひ」と「こ」が変化することを簡単に説明しました。

書ける子、学年の大きい子には それを何回も書くように、
また 跳ねるところ、はらうところ、 書き順なんかを気をつけて書くと
もっと綺麗にかけるよ!

と留意。

今日のメインは「日本の遊び歌を唄って遊ぼう♪」ということで
「ずいずいずっころばし」 をやりました。

今まで知らずに唄っていましたが、やはり~ というか 意味、ちゃんとありました。

授業で外国の子に教えるってなると やっぱちゃんと質問に答えられるように
しておかないと(汗
自分の子供にも そういうRespekt, 必要だなぁ~ 反省・・・・・

頃は1600年代、 将軍さまに献上するお茶を江戸に運ぶ行列が 
それぞれの村を通る時村人は 

将軍様のお茶壷道中だ! ということで 家の中にひっそりと静かに息も潜めていないといけなかったそうです。

茶壷に追われて・・・・・とは そういう意味です。

とっぴんしゃん はドアをぴしゃりと閉める音。

抜けたら (行ってしまったら) どんどこしょ (やれやれだ)・・・・・

その静けさは 俵のねずみが米をかじる音や 井戸のそばで茶碗を割ってしまう音が聴こえてしまうくらい静かだった(以後記事参照)

将軍 徳川家康の肖像画を見せたら 大ヒットでしたよ。
ああいうの、好きですよね~ コチラの人たち♪

ちなみに 将軍は「Der Hoechste General」 と訳して説明しました。
江戸時代は 日本は軍事国家だったのですね~

あとは生徒達と 皆さんもご存知「ずいずいずっころばし」のあの遊びをしました。
何回目かには 口ずさめるようなった生徒もいましたよ。

生徒達から「折り紙はいつやるの?」という声が上がったので
来週は折り紙。
単純なものほど 説明できない魅力、ありますよね♪

| | コメント (0)

第2回目授業「日本」☆なんでもとにかく試してみる

先週の「日本」の授業は 僕ちゃんの発熱で 小児科待ちリスト~ で キャンセル~

11月11日の第2回目の授業 は、私もそうだったんだけど 
子供達も今一集中力にかけるというか

心ここにあらずというか・・・・・そういう日ありますよね~

まずは挨拶を教えました。挨拶、って絶対に大事だと私は思います。

日本の中学校で非常勤をしていた頃、いくつかの中学校を掛け持ちしていたという
時期がありましたが

いい学校っていうのは 先生も子供もちきんと挨拶が出来てるの。
学校に直接関係のない 外からの業者さんとかと校内ですれ違ってもちゃんと
元気に挨拶することができる。

な~んでもない当たり前の事・・・・・なんだけど

これが 荒れている学校に行くと 職員室のドアを開けても 誰一人として
挨拶するものがいなかったんですから
当然 生徒から気持ちのいい挨拶が聞けれるはずはなし~

まずは 基本の「おはよう」と「こんにちは」、「さようなら」、

そしてこれはとっても大切「どうぞ」「ありがとう」

を生徒達と練習しました。

初回はかなり困難きわまってましたが、
昨日の3回目の授業ではずいぶん挨拶が定着して来ましたよ。
ここは 急がずあせらず~
一年経った後の成果に期待しましょう♪ 

第1回目の授業で 「もっと字が覚えたいのかな?」

という感じがしたので ひらがな「く」と「へ」を書きました。

この授業、2年生から4年生までが参加しているのだけど、
2年生の子には「く」と「へ」は適当だけど、4年生には簡単すぎたようで
この2年の差が 課題を出す時に 私の熟慮を要する点だということを
この課題を持って 深く認識しました。

Ich versuche mal, waelche Aufgabe das Herz des Kindes begehrt!!

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

理科 その②☆「メイ」という名のペット

サラダを作ろうと 冷蔵庫からおもむろに取り出したレタスに 細々と寒さを耐え忍んで
行き続けていたと見える芋虫を発見~

まず僕ちゃんに知らせると

「飼ってもい~い?」

というので それ以来 餌もちゃんとやって 大事に育てています。

僕ちゃん、ネーミングが得意♪

彼の牛のぬいぐるみは 「クーミール」 
= Ku h(ドイツ語で牛) Mil (おそらくミルク(Milch)のことと想像しております)

鼻がニンジンの雪だるまのぬいぐるみは 「カロッテン シュミット」
= Carotten(ドイツ語でニンジン) Schmit は ドイツでよくある苗字

そんな僕ちゃんが この芋虫を見て 直感で命名したのが

メイ♪

今 我が家では 朝 メイのご機嫌伺いをしない者はいない。

お姉ちゃん「メイちゃん おはよう~♪」

僕ちゃん「メイ、 元気?」

パパさん「Na, Mei、Wie geht es?」

我が家に来てから メイは 一回脱皮をしました。
子供達はもちろん 代興奮でした。

なんてったって それまで灰色のような青いようなメイの身体は 
綺麗な緑色に変ったのですから♪

素人の所見では メイは美しい蝶の幼虫ではないと思うんだけど
それでも メイは 我が家に温かいモノを運んできてくれています。Cimg0541

「メイの歯は茶色やね」

「メイの足、かわいいね~」

メイは立派な我が家のペットですよ♪

| | コメント (2)

理科 その① ☆大根から菜の花を咲かせよう♪

子供達のドリルなどの付属でつい来る読み物に よく

「野菜の切れ端から野菜の花を咲かせてみよう」

という記事が載っているので

大根を使って菜の花を咲かせるチャレンジをしている我が家♪

Cimg0534

また経過を報告しますね♪

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

近況、そして食(飲)は幸なり♪

木曜日のパパさんの膝の手術も無事に終わり、土曜日からは自宅でのリハビリが始まり、
今週に入って近所のリハビリセンターにてリハビリとマッサージを受けに行ってます。

松葉杖なしでも歩行がずいぶんとできるようになりました、明日抜糸です。

金曜日から会社に出社するぞ~! と意気込んでいるパパさんです happy01

パパさんと入れ替わるように 土曜日からは僕ちゃんの咳 ゴホゴホっ

いやぁ~ もうすっかりおなじみになっちゃった僕ちゃんの敏感な肺ストーリーですが
それでも久しぶりですよ、彼の咳が再びここまでひどくなるのは~

咳、耳が痛い、熱・・・・・今週に入ってから毎日医者通いです~ coldsweats01 

今回 ウィーンの師匠より

「これが家族をもてた者の『喜び、幸せ』なのですよ♪」

と諭されて参りました。
自分であることを見失わないように 看病に精進いたしますワン~

さて~ 寒いっす、暗いっす  ドイツ・・・・・なので おいしいもの食べて
明るく幸せになりましょうよン♪

ドイツ、狩猟の季節に入りました。 
私は狩猟はしないけど(笑 野生の動物のお肉を頂くのは好きなんです。

↑っていうか ジビエ料理に合う赤ワイン wine を頂きたい! というほうが
むしろ 野生の動物のお肉を頂きたい~ って思いの根源なんですけどね。

先週土曜日は ALDI で売られていた「鹿肉」を頂きました。
肉は柔らかくてジューシー、 値段も納得。 
Cimg0513

野生動物の肉といえば ドイツ、 赤キャベツです。
市販の瓶詰めの赤キャベツをバターとりんごなどを加えて炒め煮します。
花野菜は簡単に湯がいただけ。
きのこは Austernpilze と ドイツで呼ばれているもの。

この日の赤ワインは オーストリア ブルゲンランド州の 「ET」というワイナリーの
Blauefraenkisch、2007年。

ワイン自体は申し分なかったのですが
赤キャベツの酸味と甘みと ちょっとぶつかっちゃって 残念~

もっと渋みの強い重い赤ワインがいいですよ・・・
次回このメニューを選ぶときは 心しておきま~す。

月曜日は 今年初めての鍋料理~♪

これまた ALDI なんだけど、 「Barolo」 が 6.99ユーロ って安過ぎ!!

安けりゃいい! ってもんでもないので ちょっと一本 奮発して お試ししてみました。
Cimg0532

最初は しっかりした感覚が口の中に広がりますが 飲み終わった後に
ベリー系の風味が後味として残ります♪

6.99ユーロ、 微妙な値段ですが、 なんてったって「Barolo」、なんで
買い足しに行って お倉に入れておこうと思います。

今週も折り返し地点だ    気合入れなおしていこっ!!

 

| | コメント (4)

2010年11月11日 (木)

巨漢撃沈

パパさんという人は 典型的なデスクワークタイプの人間で

庭仕事も ここ何年来

「今年こそ あの隅っこを綺麗にする~!!」

という目標を掲げながらも いまだに放置されているという 有言不実行派

そんなパパさんが始めたカンフー♪

もしかして 彼 ここにきて スポーツ派 になれるかも?!

なんて 密やかに期待してはいたんですよ 私。

彼の遺憾ところは これだ! と思ったらのめり込んでしまうところ。

いいほうに転べは 努力あっての賜物 shine ってんで 大成功をおさめるだろうけど

ナンにでも 適度っちゅ~ もんがあるじゃないですか・・・・・・
やりすぎは 良くないですよね。

年も考えて事を始めるべきでした・・・・・そこに来て 無行動派ときたもんだ。

そろそろ・・・・皆さんも 何が起こったか お分かりになってきた頃でしょう ふふ~

パパさん 半月版損傷~ しかも カンフー中に~  coldsweats01

今ちょうど手術してる最中です・・・・・

あまりにも肩を落としてしまっているので きついお叱りめいたことは 一切言ってませんよ、 気の毒すぎちゃって・・・・

普段当たり前に出来ることも手伝ってあげてるわけですが、

嗚呼 これが夫婦で年を取っていくってことかも~

とか しみじみ思ってます。

何でも 適当 適量が一番ですよ!

皆様も くれぐれも お気をつけくださいませ。

| | コメント (4)

2010年11月 3日 (水)

あの日あの時間に彼がそこにいなければ・・・・・

日曜日から冬時間になったコチラ。

秋休み後は 真っ暗  night な早朝に 登校していたのに 一気に再び明るい朝の登校に
変っちゃって なんか変な感じ~  

昨日は思いきり遅刻している感覚でした(月曜日はこちら祝日だったもので)

って遅刻したことないけど・・・・・

学校で日本、日本語を教えるようになった経緯というのは 
極々突発的に起こった それはまるで偶発的な事故? みたいな現象だったのです。

何故だったかは忘れましたが、その日は パパさんが家にいて お姉ちゃんを小学校に
迎えに行ってくれました。

家に帰ってきたパパさん、

「今日は Frau Hellmann(小学校の校長先生) に会ったんですね♪
で、彼女と挨拶をしてから 彼女 僕の顔を し~ばらく眺めていて

ハッ  annoy と ひらめいたような表情になって

『そういえば、 △▲小学校の特別編成のクラスでは中国語を取り入れているそうです。

うちも 日本語のクラスを編成するっていうのは 

すばらしい提案だと思われません?』

↑この時点ですっかり独り盛り上がっていたという校長  

・・・って 言われたんですけど 返事してあげてくださいね」

Warum nicht? こんなに面白そうでステキな話、どうして断る理由があろうかしらん~

校長先生に直接お話を伺いに行ってみると、 

年間30時間以内だけの授業だっていうし(2週間に一回の割合) 
生徒は校長先生の選抜したより抜きクラスっていうし(10人以下の) 

↑日本の授業のほかにも子供の興味と才能に合わせたクラスが3つほど計画されていて それぞれの興味と才能に適したクラスに選抜隊として派遣されていくシステムらしい

うちの小学校、ちょっと変ってるんで こんなんもありだそうです~

全然難しいことなさそうだったので あっさりお受けしてきました。

それに これも 
あの日ちょうどあの時間にパパさんがお姉ちゃんを迎えに行かなかったら
Frau Hellmann とも鉢合わせ?せずに 起こりえなかったことですからね。

一時間の授業を大事に教授していきたいと思ってます♪

| | コメント (2)

2010年11月 2日 (火)

「日本」をドイツで教えてみよう♪

今週の水曜日は お姉ちゃんの小学校で第一回目の
日本、日本語の授業でした~   happy02
どんな子が来るのかな?どんな顔をしてる子かな?
どんな風に私に、日本に興味を示すかな?
私の話にどんな反応をするかな?
そんなことを感じながら授業を進めることが出来れば 第一回目はよし!です。
内容的には
自己紹介として~
地図上の日本の位置と時間的な距離~ ドイツから飛行機で12時間airplane
首都、そのほかの大きな都市(名古屋くらいまでね)。
私の日本の故郷の場所→この村ではそのうちに東京よりも有名になっちゃったりして sign02
ひらがな、かたかなの簡単な紹介~
ひらがな、かたかな、50音表を配る
「の」 実践→文章から「の」を探す
       →「の」を実際に書いてみる
↑「の」がやっぱり一番覚えやすいようです。
うちの子供2人と義父は「の」から覚えました (私もだったりする)
名札にひらがなで名前を書いてプレゼントする
→前もって折っておいた折り紙で折った名札に名前を書く
例として 一つ、その場で「名札」を折ってみせてみる
文化紹介として~
折り紙を折ってみる→第一回目として 花が簡単かな?
これで今日の45分の授業はおしまい。
配られたひらがな、かたかなの50音表に どっちが上だかわからずに戸惑う生徒達confident
自分の名前をひらがなで書いてもらって大興奮だった生徒達。
折り紙で三角に折って開いた形が再び4角形になっただけで歓声を上げる生徒達♪
最後に開いた形が花になる瞬間も 感動していた生徒達tulip
学校で先生として教鞭をとったのは 1997年が最後・・・13年ぶりなのね~
でも やっぱり私、人に教えるの、好きだなぁ~  happy01
注) どうやっても 今回の記事は 行間を開けることができませんでした。
パソコン ちょっとおかしいかも?
読みづらくて申し訳ありません。 

| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »