« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月22日 (水)

冬休みだぁっ!!

学校の長期休暇を楽しみにするなんて・・・・・・いつ以来でしょうかね?

NRWの学校、幼稚園、冬休みに突入しました!!

早起きしなくていい!

時間を気にしなくてもいい!

宿題見てあげなくていい!  ←しかし この休みも日本の課題は休みませんわよ  ふふふ

学校、幼稚園、習い事の送り迎えしなくていい!

ちょっぴり夜更かししてもいい!!

ささやかな喜びですけど♪

今年もクリスマスはパパさんのご両親の家ですごします。

おさんどんもしなくていい!!

後片付けもしなくていい!! ←自発的にお手伝いはしましょうね

掃除もしなくていい!!

ええ ほんとに ささやかな喜びですけどね♪

2010年は思いがけずいろいろな方から 自分の力量をいかせられる仕事?
のお話を頂き

ここの村で 主人と家族のために自分がいる、というのではなく

自分がここの村で生きていくための何か、 自分の行き方に沿った何か、
を築いていけるかな? という予感をいただけたということが
やはり私にとっては 2010年の最大の出来事でした。

2011年は開始早々 副職教会音楽家の訓練コースの入学テストがあります。

それに受かると いよいよ そこからが 本当の意味で 
ここに根を張って生きていけるかどうか、の試練の授業が始まります。

Ich tue, was ich machen kann.

でも 私、 やっぱりここで家族と一緒に生きていきたいもん!!

どうぞ皆様にも 快適な ステキなクリスマスと 健康で幸の多い新年をお迎えくださいませ。

来年もよろしくおねがいします!

よい休暇を♪

| | コメント (2)

2010年12月20日 (月)

僕ちゃんの日本語力から思うこと~

恐竜カルタを手にした後 ひらがなが読めるようになった僕ちゃん。

字が読めるって楽しい♪ ことを堪能している毎日です

食卓にあがった ふりかけの袋に書いてある字を読んだり~

日本のDVDのケースに書かれているタイトルを読んだり~

彼の世界が一気に広がりました。

ちょっとわからないのは

け に てんてんがつくと げ になる・・・・・とか

ひ に まるがつくと ぴ になる・・・・・

っていうところ。

これ、小学校で教えていても ふっしぎだなぁ~ って思ったんだけど

ローマ字で書くと K と E で け、 G と E で げ、 でしょ?

け と げ って コチラの言語文化では 全く縁もゆかりもない発音なんですよね。

私は日本で 全くそんな疑問も感じずに 

けにてんてんは げ 

だったし お姉ちゃんも そこでつっかかることなく けにてんてんはげ だったから

僕ちゃんや 普通のドイツ人小学生の そこに生じる疑問が とても新鮮です。

かろうじて 僕ちゃんは 母親が日本人ってことで ドイツ人小学生よりも
日本語に触れる機会が多いから

「けにてんてんって・・・・・げ?」

といえるんだと思うけど  ドイツ人小学生は 

「なんで KE が GE に・・・・・?」

って 思ってるかもしれないよねぇ~

| | コメント (2)

2010年12月15日 (水)

お姉ちゃんの漢字力 読書力

10月中旬から始めたお姉ちゃんの 小学校一年生の漢字 88字。

なかなか努力する価値あり! です。

自分だって 漢字は嫌というほど練習してきて 今の自分の漢字力があるのだから
外国に住んでいて ほとんど 看板や広告などで 日本語を目にするチャンスがない
お姉ちゃんには どれだけ努力が必要なことだろうか、ってことは
容易に想像できる。

まずは お友達に教えてもらったやり方を参考に、 88字全てを一通り書き、
それからは 

読み、って よっぽどの漢字じゃない限り
(平等とか、あたしゃこれでずいぶん手こずった記憶あり)読めるので

ひたすら 文、熟語の書き取り練習。

最初こそ 足と虫の区別がつかなかったり、3本線が必要なところが2本になっちゃったり
してましたが

ぼちぼち 安定して 書ける様になりつつ・・・・・あるかな?
Cimg9811

右はらいも かなりいけてます!

夜の寝る前の本読みは、お姉ちゃんに小学校一年生の教科書から一単元選んで読んで貰うっていうのも やり始めてます。

読書となると 大まかに意味をつかんで声に出さないといけないので、
たま~に 単語をおかしな発音で読んでいる時や

自信がないところは 活舌が悪い、 なんてこともありますが

とても上手に読んでくれてますよ。

声に出して本を読むって 私も母からいわれてきたけど ここに来て
やはり大事だと思う。

いまだに 本人も好きで 好きの延長線上で伸びて行ってくれてますから
親には おそらく比較的にやりやすいだろうから ありがたい~

| | コメント (2)

大合唱♪

本日の授業「日本」。

先週の続きで 「色」。

Rot=あか A Ka

Schwarz=くろ Ku Ro

Blau=あお A O

Gruen=みどり Mi Do Ri

Gelb=きいろ Ki I Ro

Braun=ちゃいろ Ca I Ro

日本語を独学で勉強してほぼ成功を収めたパパさん、

「ひらがな の読み方を ローマ字で書いちゃ駄目だよ!」

といわれてるけど、興味付けが目的の授業だと わたしゃ思っているので
ローマ字振り仮名、たま~ につけてますが

ちょっと う~ん 難しいなぁ~ と困っていることは 

日本語の発音表記をドイツの子供達にわかるように 
どうやったら書けるかな? 

ということ。

今は 子供達に 

「ちゃいろ の ちゃ って Ca って書くけど これで 「チャ」って発音、理解できる?」

みたく 聴きながら黒板に書いてます。

ほかには 「つ」とか「じゃ」とか 日本人が話す日本語の発音に近く表記するの、
難しい~ coldsweats01

きっと パパさんはこういう理由で ひらがなをローマ字で表記するのは 反対
なんだろうなぁ~

やっぱ 考慮する価値ありだわ・・・・

先週 一応〆た 「ずいずいずっころばし」を受けて、「茶」「茶壷」関係で今日は

♪ちゃ ちゃつぼ ちゃつぼ ちゃつぼにゃ ふたがない 
底をとって ふたにしろ♪

をしました。

あの 手でふたを作って上下、両手変わりばんこ っていう動作が
子供達には難しかったみたいで

皆 大笑い  happy01

来週やろうと思っている「あやとり」をちょっと紹介して 最後は みんなのリクエストで

ずいずいずっころばし サバイバル

皆 すっかり覚えてくれていて 遊びながら 大合唱になりました♪

ちょっと感動  confident

♪ おっとさんがよんでも おっかさんがよんでも~

ここのフレーズ、子供達 大好きみたい 
特にノリノリで唄ってくれていました  notenotenote

 

| | コメント (2)

2010年12月12日 (日)

カンフー昇級試験!!

昨日は カンフーの昇級試験でした!

お姉ちゃんは8級から7級へ、 僕ちゃんは無級から9級へ進みました!!

おめでと~ がんばったもんね!!

なんといっても 昨日の試験中に 注目度ナンバーワンだったのが 僕ちゃん♪

4歳の子が 大衆の面前で 1人で動作を披露~っ

っていうので まず会場が度肝を抜かれ 

そして彼の4歳ながらにして正確かつそれなりにまとまった動きと 
彼のけなげでひたむきに取り組む姿勢に

会場にいた 下は10代から上は50代の女性、見事に 僕ちゃんの

チャーミング光線   しかも放射状態!sun

の 餌食になってました    辻斬り状態でしたよ~

テスト後 彼の行く先々で 彼にかけられる黄色い声 heart04

それに対して 全く反応しないつれなさが heart03 さらに女性の心をつかんでいくぅ~ heart02

母ちゃん、いろんな意味で大いに楽しませていただけた 
2010年最後のカンフー関係の大きな催し物でありました。

2011年もしっかり前見て 努力していこっ!!

  

| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

目撃者  Augenzeugin

11月のある朝7時ごろ お姉ちゃんと一緒に歯磨きをしていますと

何かが崩れる大きな音が!!

洗面所の窓から外を覗いてみたら 一台の乗用車がエンジンつけっぱなしで停止していてそのそばには 倒されたお向かいのお隣さんのうちの門柱。

どうやら その車の主、バックして門柱にぶつけてしまったらしい・・・・・

玄関には 髪を後ろでひとつに束ねた女性?が お隣の呼び鈴を必死に押している
のが見える。

「あらあら お気の毒にね・・・・」

彼女はしばらく呼び鈴を押し続けていた。

私達は引っ込んだり また覗いたり・・・・・

7時15分には小学校に出発するので 私達ものんびり野次馬はやってられない~
窓から最後に見たときには 彼女はまだ玄関の前で呼び鈴を押し続けていました。

お姉ちゃんと僕ちゃんの出支度をさせて外に出ると、もうその車はそこにはありませんでした。

その代わり お隣さんが外に出て 倒れた門柱のそばに立ちすくんでいました。

「お互いに話が出来たのかな?」

家の通りから国道に出る角に 先ほどの車が止まっていました。

「あれぇ? これ さっきの車やねぇ」

中では 興奮気味の(・・・と私には映った)先ほどの彼女が携帯で誰かと電話をしていました。
今の事件のことを家族か 恋人かに電話をしていたのでしょうか。

その夜~

晩御飯を食べていると お隣さんがやってきて 例の門柱を倒した時の状況を聞きました。

どうやら 門柱を倒してしまった彼女は 結局お隣さんと話しをする事無く
立ち去ってしまったようなのです。

この事件と現場を目撃した きちんと証言できる大人は私一人だったということで
次の日の午前中、警察がうちにそのときの話しを聴きにやってきました。

事件の起こった時間、女性の容姿、服装、年齢、車の形、車種、色、ナンバー・・・・・・
彼女はすぐに立ち去ってしまったか、それとも家主とコンタクトをとろうとしたかなど
も聴いていきました。

Augenzeugin 目撃者 ということで 住所、氏名、年齢はおろか 旧姓まで聴かれましたよ。国籍は当然聞かれたし~

その後もう1度警察から電話があり事件現場について同じことを再確認されました。

しばらくして、警察から手紙が届きました。
聴かれたことと同じことを 今度は文書にして警察に提出しました。

それからまもなくして 犯人は捕まったようです  風のうわさで聴こえてきた~typhoon

あの時・・・・・

遠巻きに覗いているだけじゃなくて ずけずけと 野次馬オバタリアン(ふ、古~)
根性丸出しで
外に出て行って 彼女に話しかけていたら・・・・・

もうちょっと気分よく この事件もすんだんだろうな~

よし!次に徹底的瞬間を目撃したら もっとずうずうしく話しかけるぞ!
(状況にも寄りますけどね)

とか

私の証言について 誰も「ご協力ありがとう」とか「犯人捕まりました」の一言もいってくれないのねぇ~

とか いろいろと思うことあります think

パパさんは「そりゃ当然のことをしたまでですから。」ですって。

そりゃそうだけど でも 何か一言あってもいいんじゃないの?って思うのは
私だけ???

ま、貴重な体験できましたけどさっ~

| | コメント (0)

2010年12月 9日 (木)

12月8日の授業「日本」

12月8日の授業「日本」。

「ずいずいずっころばし」、先週も歌を唄ってあの遊びをしましたが 昨日は最終回ということで

とうとう? ドイツ語にて「ずいずいずっころばし Geschichte」を披露しましたよ~

 って言葉は 小学生にもなじみがあるのか

「おお~!!」

と感嘆のうなりがもれました。

大名行列 は前もって印刷しておいた 大名行列シーンを見せましたが
これも 興味津々 見入ってましたね。
やっぱり 装束が違うのが 珍しいみたいですね。

日本語には 「きらきら」とか「ふわふわ」とかいった 擬音がありますが
ドイツ語には 日本語になるような擬音はないので

「ずいずい」の表現の説明にも  へぇ~ の表情。

すりばちを持って行って子供達に見せたので 想像しやすかったと思います。

また 茶壷?お茶を入れて保存しておく缶と その中の緑茶の葉っぱを見せたり
匂いをかいだり お茶を実際に飲んで試してみたり・・・・・

緑茶の反応は ぼちぼち~

「熱くて飲めん」といったのは2年生の男の子 (笑

「これおいしいわ!私は気に入った!」というのは3年生の女の子♪

******************

折り紙、 世界に通用する日本文化ですよね。
思わぬ形に変化していくのが 何回やっても楽しいみたい。

そう思うと当たり前に 折り紙に触れている日本人は 
四角が三角、 三角が四角、というような ある形が全く思いがけない形へと
変化していくという 創造性や 柔軟性 意外性に富んでいる国民性 ってのが
絶対にあるんでしょうね~

先週は女の子のリクエストで「箱」、昨日は男の子のリクエストで「イカ飛行機」を
折りました♪

イカ飛行機 すんごいよく飛びましたよ~!!

| | コメント (2)

2010年12月 8日 (水)

ドイツ人にも難しい!DER DIE DAS

12月1日の授業「日本」。

前回の「えんぴつ」と「けしごむ」を使って

Neheman Sie bitte えんぴつ、 けしごむ = 
えんぴつ、けしごむを取ってください~

を少し練習しました。

前々回の授業で 消しゴムのドイツ語 Radiergummi が 

DAS なのか DER なのか、

という観点で 生徒の間で論議がありました、 やっぱ ドイツ人にも難しいようだよ・・・・・

私は事前にパパさんと この問題を製作したので パパさんから

DER Radiergummi」  

と聞いていましたが、 現役バリバリの小学生は 6対2で 「DAS」優勢~

自宅に帰ってきて辞書で調べたら やっぱり 「DER」でしたよ。

生徒には 「辞書には「DER」と書いてあったけど、 貴方達のドイツ語の先生に
もう一回 ちゃんと聴いて 自分のために確かめてね ←自分はいいのか ○さん?! 」

と言っておきました~     それでも弱気な外国人~  coldsweats01

ドイツ語、正書法だとか 結構まめに規則が変るので この事件のことをパパさんに話したら

「僕が習った時は「DER」でしたけど、今はもしかしたら変ったのかもしれませんよ。
最新の辞書が必要ですね」

・・・・・・と 大の大人ドイツ人もこの有様~

私達が苦労するのも無理はないわっ!

| | コメント (0)

2010年12月 7日 (火)

お姉ちゃんと一緒に百人一首♪

この間届いた実家からの荷物に アマゾンで注文して実家に送ってもらった百人一首が
入ってきました!

うちには お姉ちゃんに買った「となりのトトロかるた」、僕ちゃんの「恐竜かるた」と
お友達に頂いた「国旗カルタ」があります。

だいたい いつも かるた取りするとお姉ちゃんが勝ちます・・・・・強いです。

私が百人一首を初めてやったのって  何歳の頃だったかなぁ~?

小学校5年生の時 学校で百人一首大会があったのを覚えているので
それより前に 少なくとも 坊主めくりくらいはやっていたと思う・・・・

今日は 坊主めくりに走らず 正統派 かるた取り しかし50枚だけ・・・・・
で試してみました♪

古語に触れるのは お姉ちゃん たぶん初めてじゃないかな?

日本にいる子供だったら 時代劇とかで 昔の人たちの語り口調や 短歌、俳句などを
耳にして育つんだろうけど。

読み札読みながら

「今日ってお母さんは読んどるけど 取り札には『けふ』ってかいてあるでね。」

とか

「ただ ってお母さんは読んどるけど 取り札には『たた』ってかいてあるから」

とか・・・・・

旧仮名遣いの「ゑ」にも 異様に感心して驚いてました。

そういうことを知らずに 日本語を日本人と同レベルに話すように育っている娘・・・

あ~ こういうことも ちゃんと教えてやらんといかんのやなぁ~

50枚とり終わったあとは 読み札の絵を見ながら、これは誰、これは何・・・・
という説明。

朝臣、中納言、前の誰々~、○○院・・・・

これは「あさきゆめみし」のおかげでしょうか、わりとしっかり説明つきましたよ(笑

持統天皇、内親王が屏風?御簾?に隠れているのを見て

「ねえ、 なんで この人たちは隠れているの?」

と不思議なお姉ちゃん。

○「高貴な人は顔を見られちゃいかんのよ~」

お姉ちゃん「高貴ってなに?」

○「うっ・・・・ 天皇とかお姫様とか・・・(くっくるし~!)」

お姉ちゃん「 でも 何で見られちゃいかんの?」

何故・・・・・

高貴な人は顔を見られてはいけない・・・・・

それ以外に説明のつかない、またその説明に説明がつかない
つたない母 ○なのでした トホホ~

百人一首、 この冬、 しっかり楽しめそうですぜっ!

| | コメント (4)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »