風物詩

2009年6月11日 (木)

今年最後の・・・・・

うちの州は今日は祝日です、Fronleichnam「聖体の祝日」といいます。
この祝日は 州によって有無が違っていて うちのとなりのNiedersachsen州は 祝日ではなく学校もお店も平日営業してます。

お休みにはさまれた金曜日はパパさんの仕事もお休みになります。
うちはすでに週末ムードです。

ということで、夕べの食事は 期間ギリギリ!!「白アスパラガス」をいただきました。
近所の農家に買いに行きましたが、もうアスパラガスの先が緑のものや 紫色のものも売られていました、今年のアスパラガスの季節は終わりのようです。

Cimg7812
白アスパラガスは まず 皮をとります。
ドイツには 白アスパラガス専用の皮むき器というのが売っています。
別に普通の皮むき器や包丁でも皮をむくことが出来ますが
コレを使うと アスパラガスが安定してたいへんむきやすくなります。

1.5キロのアスパラガス、皮がむけました!!
仕事のお供は ドイツで流行のビールのカクテル~♪

Cimg7813
うちの好きな食べ方は、このアスパラガスに パルマシンケン(パルマ産生ハム)を巻きつけて
そこに オリーブオイルとパルメザンチーズをふりかけ
オーブンで 100度で 30分くらい じわじわ焼いたもの。
パルマシンケンは もちろん、ここでも紹介した 我が村のイタリア食材店「VINO TESSA」で調達。

Cimg7816 農家でアスパラガスと一緒に買ってきた新じゃが!!
今日は塩茹でにします。

Cimg7817 白アスパラガスに合うのはやっぱり白ワイン!!

今回主人が選んでくれたのは
フランケンのCuvee(いろいろな白ぶどうが混ざったワイン)と
モーゼル、Uerzigerwuerzgartenのリースリング Spaetleseの辛口。

さて・・・・できばえは?
Cimg7818

1.5キロがぺロリ!っと消えました。
じゃがいもも 新鮮!!でんぷんたっぷり!!

ワインは フランケンは 白アスパラガスとの相性はいまいちでした、残念。
のどを通る時に 押しがいまいちだ、と主人。
私は単に 味が合わない、ワインが強すぎる、と思っただけ~
ビールの後にチビチビ飲んでいたオーストリアの グリューナーフェルトリナーとのほうが
両者互角で しかも お互いに味を殺しあわず おいしくいただけました。
お腹が一杯で モーゼルまでは 手が届きませんでした。

今年はこれが我が家で最初で最後の「白アスパラガス」です。
ごちそうさまでした!
また 来年♪

| | コメント (2)

2007年8月 8日 (水)

Beer三昧

今年はなんでもBeeren類が安いのだそうだ。
今旬なのは BronbeerとHeidelbeer、Heidelbeerはブルーベリーのこと。
Bronbeerは野いちごをもう少し大きくした色の黒い果物のことである。
整備されていないうちの周りには そのBronbeerのいばらの茂みが まさにいばら姫の城を囲むようにしてはりめぐらされているのだけれど そのBrombeerの茂みに
今年はたくさんの実がついている。
去年は暑過ぎたのか Brombeerは不作だった。このあたりはうちの周りだけじゃなく
Brombeerがそこらじゅうに群生していてあちこちでBrombeerを採る事ができる。
Brombeerも野いちごなのでとげがあり 採る時には気をつけないとチクっと刺してしまう。
散歩に出かけるとき、夜庭を散策しているとき、熟れたのを採ってほおばる~
熟れたものは甘くておいしい~、うれてなくてもさっぱりとした味でこれもまたおいしい~

Heidelbeerはこの時期になると毎年決まった場所に露天が出る。
今すんでいるところには2004年に引っ越して B68沿いに一軒店が出るのだけど
私は今までに一度もHeidelbeerを買ったことがない。
嫌いじゃない、むしろ好きなのに、なぜ?
運転中「よし!今日は止まるぞ!買うぞ!」とよほど意気込まない限り あの場所は
ちょうどスピードも乗っているので な~んとなく通り過ぎてしまうんだ。
しかし何事もはじめの一歩、今日は止まろう、買ってみよう!

露天にはお姉さんが一人、お姉さんの前には1キロいりと2キロいりのHeidelbeerが売られていた。わたしは1キロを買った、5.5ユーロ、高いのか?安いのか?

家に帰って早速息子と味見。おいしい~
これは まるでかっぱえびせんの法則のごとく、伸びていく手が止められない。
取る、口に入れる、また取る、口に入れる・・・・
息子も娘もパクパク食べる、1キロなんてあっという間になくなってしまうに違いない。

ドイツにはほかにもBeerと名のつくものはたくさんある。
Johannisbeerは5月末ごろ熟すすっぱいぶどうのような実のつけ方をする赤い実の果物。ジャムやジュースに使われる。
Stachelbeerは ぶどうの一粒ぐらいの大きさのが独立した実になる、実は黄緑色、ちょっとすっぱい果物、ケーキやジャムに使う。
いちごはErdbeer、木苺はHimbeer、まだまだ私の知らないBeerがきっとあるはず。

家の敷地は広いので 家に何かBeerの木を植えるというのはいい案かもしれない~

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

Abgeblasene Eier

Abgeblasenes Ei、それは 中身を外に出されて殻だけの卵のこと。
何に使うか・・・・オースターの飾りに使います。

幼稚園の木曜日午後のクラスは工作で、今週は卵の飾りを作るのだそうだった。
「家から2つ Abgeblasene Eierを持ってきてください」
う~ん、卵の殻を壊さずに中身を出す、これもまた 私やったことがない。
しかし、愛娘のためだ、見よう見まね?でやってみました。
オースター初参加かもしれない。

まず卵のとがった先のほうとその反対に小さな穴を開ける。
一つ目は見事に割れてしまった、ナイフを回したのがよくなかったみたい。
では経験を生かし、2つ目はひたすらつつく。
なんとかひびも入らせずに穴あけ成功。
さて、中身を出す。逆さまにしててもなかなかでてこない。
竹串で上からかき混ぜ、したからかき混ぜ、上から押し出し、下からひっぱり・・・・
なんとか中身の取り出しは成功した!!
3つ分の卵はオムレツにして食べました。
木曜日、この卵に絵を描いたはずなんだけど まだ見せてもらっていないんだわん。

今日は朝8時からキッチンの引越し、これは業者に頼みました。
9時半にはじゅうたん屋さんが来て じゅうたんを子供部屋と主人の書斎に入れてくれることになっている。
今日はわたしはひたすら子守るのみ、今何がどうなっているのか、楽しみ。
午後は幼稚園のオースターバザー。
ああ、この話題、去年も日記に書いたなぁ・・・・・早!!もう一年か?!

どうも白ワイン飲んだ次の日は調子よくないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

カーニバル♪

夕べはなんとかなりましたぁ!!
先におねえちゃんに本を読んであげて、その間僕ちゃんは姉ちゃんの部屋で遊ばせておいて、いよいよ飽きてきたので「今日はパパがいないからここまででおしまいにしよう」と
読書を打ち切り 娘もすんなりと納得してベットに入ってくれたので やれやれ。
あとはいつもと変わらない、僕ちゃんにミルクを飲ませてそのうちに寝てしまうのでベットへ連れていって寝かせば 本日のお仕事はおしまい!
ちょっと寝付けなくてベットに入ってからもぐずぐずしてたけど、必殺貧乏ゆすり!!で
ゆすって 体をなでてあげてたらそのうち寝てしまいました。
その後 わたしは一本だけ、ひとり分のゼクトをがんばったご褒美に飲んで それでも
9時半にはベットに入り 今読んでいる宮本 輝の「焚火の終わり」を読んで眠りました。

さてさてドイツは今 カーニバルの時期!!!!!
特に盛んなのはライン川流域、ケルンは特に有名。
一日中?トラックの荷台などを装飾してそれに乗ったりその周りを歩いたり それはすごい騒ぎ。皆それぞれに仮装をして 化粧をして、とにかくすごい。
このへんは街をあげてっていうことはないけど(ちょっとつまんない)
 娘の幼稚園では月曜日、火曜日にカーニバルをするらしい。
月曜日は 色を一色決めてそれで仮装衣装を作って変装、火曜日は自分の好きな衣装を着ていい、というのが今年のコンセプト。
先週土曜日に娘と一緒に衣装選びにおもちゃやさんへ!
あるわあるわ、衣装、かつら、顔料。
娘はやっぱりプリンセス~♪ 水色のドレスを選びました。ピンクのドレスはバービーのマークがついてて ぬ、ぬぁんと!49ユーロ!!!!そんなの 買えません。
その水色のは7.99ユーロ、ティアラもつけて10ユーロ切りました、だったらワンシーズンでも許せるでしょ。
さてさて、残りは一色を使った衣装・・・・・・・・・・・わたし、裁縫嫌い、うちにもミシンがない・・・
いろいろ考えた末、ホッチキスでとめちゃえば~!!!ってんで サーモンピンクの布、
マジックテープ、サーモンピンクの毛糸(なにかにつかえるかも)、針金、をデパートで購入。何をどう作るか考えてもなかったので とりあえず3メートル布を買った・・・・・15ユーロ、げ!!こっちのほうが高くついた!
そして昨日、試行錯誤の上 ピンクの豚ちゃんの衣装が出来上がった!!!
当初の目標、ピンクの猫になるはずだった・・・・・しかし、色目のせいか どうしても
豚にしかみえず・・・・ しかたない、しっぽは長いのを結んでしまえ~!ここまでやったら
おまけだ~、鼻もつくっちゃえ~!ってんで 奮発しました。
最初はバチバチホッチキスでとめたけど 結局はそこをちくちく縫い直しました。
もう、これは愛している娘のため、ほかになんでもないわ!

さあ、月曜日が楽しみ!
顔も化粧やペインティングをして 家から仮装してでかけるんだそうだ。

来年はもう少し密に計画を立て ミシンも買って すごい衣装をつくっちゃおっかなぁ~♪



| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年12月 1日 (金)

アドヴェントが始まる

今日からいっせいにクリスマス市が始まる。
日曜日は第一アドヴェント、6日はセント ニコラウス祭としばらくはにぎやかで楽しい毎日。
うちも去年まではたいして見向きもしなかったけど 今年は3歳の娘がクリスマスやサンタさんがわかるようになったので積極的にクリスマスムードを盛り上げています。

まずドア、窓をクーゲルやモールで華やかに飾りつけ。娘も喜んで手伝ってくれます。
家の中のライトアップ、ろうそくなども準備万端。

クッキー、何種類も焼いて可愛い柄のついたカンカンにいれて置く。
とても生地をつくる時間はないので スーパーで買ってきた生地を これもまた娘と焼く。
市松模様クッキーは 娘に包丁で切ってもらい、型抜きクッキーは一緒に型を抜き
手で形を作る月型クッキーは個々に形を作って天板へ。

アドヴェンツカレンダー、12月1日から24日までい毎日一つづつ包みを開けていく。
何が入っているかは秘密・・・・・・・・・・
もちろん、娘のために これはベルリンのomaが用意してくれました。
今日は花束を持った小人の人形!!

ニコラウスハウス、ペッパークーヘン(香辛料入りのクッキー)で家をつくり そこに粉砂糖を水でといたものを糊としてつかって あめ、チョコレート、マシュマロなどなどを
くっつけてお菓子の家を作る、まさにヘンゼルとグレーテルの世界。。。。。。。。。

今晩はうちの村のクリスマス市におでかけ。明日からはあまり天気がよくないようなのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

春の風物詩

よい天気の週末でした。ほとんど夏!!
土曜日は 午前中は買い物、午後はガレ-ジの掃除、車の掃除、夕方からはお隣さんとBBQ。日曜日はゆっくり。。。。。午後から近所の農家のお祭りにでかけ イチゴと白アスパラガスを買ってきました。白アスパラガスはドイツ(だけではないとおもう)春の代名詞、
日本で言うたけのこのような存在だろうか・・・・・・
皮を薄くむき、30分くらい茹でる、調理はそれだけ、いたってシンプル。
それに 生ハム、茹でハム、鮭の燻製などを付け合せていただく。専用のソ-ス(Holaennder)や溶かしたバタ-をかけて食べる家庭もある。
今年は寒かったので 例年なら4月半ばくらいからでまわるけれど、ようやくここへきて
ス-パ-や 路肩に専門の小屋(といっても カラフルで 子供の遊具にあるような家のようにかわいい、このイチゴバ-ジョンもある)が建ち始めた。
白アスパラガスは どちらかというと高価な食べ物、最盛期にはいってもけしてお安くない食べものだけれど、 ドイツ人はコレを食べないと 春という気がしないので これをケチる人はあまりいないのではないのでしょうか?
イチゴも今年は遅い。去年は5月末ごろから イチゴ狩りができ 6月中旬には終わっていた。日曜日 農家のイチゴ畑を拝見したところ まだ花が咲き始めているところ。
今年のイチゴ狩り、わたしはできるかできないか、ちょうどそのあたりに出産するんだろうなぁ。

今週も日中の気温は20度を上回るらしいけど 夕立がおこりやすく 先週のような
わけにはいかなさそう。
ドイツは 夏、7,8月といっても必ずしも暑いわけではない。
おととしは夏と感じる日は 2週間しかなく、しかも熱帯夜と呼ばれる夜は一度もなかった、長袖のパジャマに掛け布団で寝ていた。
去年は 7,8月は日本にいたのでよくは知らないけれど 夏を通り越し秋に突入したらしい。8月13日、主人が日本へきたけれど 空港へ迎えにいき出口から出てきた彼は
ウインドブレ-カ-を着込んでいた、それほど涼しかったのだそうだ。
なので 天気予報で「暑い!!」と知らせがあると とにかく そのときに楽しんでおかないと次はいついい天気に恵まれるかわからない、それがドイツの気候。

さて 今日は午後から雨っぽいので 今から娘と遊びに行ってきます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)