ベルリンのレストラン

2009年2月 2日 (月)

老友記~Good Friends~

ベルリンのKantstrasseという通りにある中華料理のレストランです。

ドイツには多分ほとんどの町や村に一軒は必ず中華料理屋さんがある、といっても過言ではないほど 中華料理は親しまれているのですが~

日本は中国と近いので 中華料理への認識も厚く
日本人が「中華料理」と聞けば
四川あり、広東あり、上海あり、北京あり・・・・・とそれぞれにレストランが分かれていて それぞれに
味がある、と思うのが普通だと思うのですが
ドイツの中華料理レンストラン、どこへいっても メニューに「広東風」とか「北京風」とか書かれていても すべて同じ味だったりする、しょうゆ味が基本。

主人の父母は1999年、香港を経由してその頃主人が働いていた日本へ遊びに行ったことがあるそうです。
そのときまでにも 彼らはドイツで「中華」を食べていたわけですが
初、本場中華を食べてみて 今日にいたっても彼らの口から出てくる言葉は
「ドイツの中華料理は 本物じゃあない」
という言葉。
私も「はい、その通り」と同感。

しかし!!!

ここ「Good Friends」は違う!!

Kantstrasseに面した窓には、鶏?豚?がズラズラ~っと掛けられ そしていぶされながら客の胃袋を刺激して歓迎してくれています。
今までにも数回来たことはあったのですが だいたい、店内に中国人が食事をしている中華レストランというのは 私はここ「Good Friend」でしかお目にかかったことはありません。

今回注文したものは「2種類のイカとセロリの炒め物」と「蒸しすずきの香草かけ」。
「2種類のイカとセロリの炒め物」は塩味に生姜がピリッときいていて
「蒸しすずきの香草かけ」は しょうゆベースのソースが淡白なすずきをバックアップしていて しかも香草がキリっと味を引き締めていて・・・・
どんぶり一杯にもられたご飯と一緒に食べて・・・・・

おいし~!!!
ビールも進みます~

ほかの大きな町にも きっと本場!中華料理レストランというのがあるのかもしれませんが、
ここ、「老友記~Good Friends」は きっとドイツにある中華料理レストランで 1,2を争う
美味なレストランであること 間違いなし!!

| | コメント (4)

2008年3月31日 (月)

焼き鳥食べに行こう!

今回訪れたのは焼き鳥屋さん、「六甲」。
そのあたりに焼き鳥屋さんがあるのはな~んとなく 知っていたけどいよいよ今回足を運ぶことになりました。
感想~♪おいしかった!
遠火の直火、おばちゃん(店長さんの奥さんか?)がつきっきりでうちわでパタパタ焼いてくれました。ぎんなんなんて いつぶり~?!
居酒屋メニューもぼちぼちそろっていて わたし達は揚げ出し豆腐、揚げ出しナス、コロッケを頼みました、自宅で揚げ物はちょっとたいへんなので自宅でできないことを注文!
焼き物、なんだか忘れてしまったが いい気になってたくさん頼みましたね。
皮、うまかったっす!
食べながら気がついたのだけど、焼き鳥だったら 鶏肉買ってきて串にさしてバーベキュー用の炭で焼けば家でもできるよな・・・・・
でも、問題なのはタレじゃないですか?!ここ「六甲」さん、タレがおいしかった。
これは自宅では真似するのちょっと難しいと思う。
しこたま食べて 閉めに「鴨釜飯」まで食べてきました。これもおいしかったです!
そう、どれも味がよかった。

店内はとても静か、でもなにか音楽がかかっていたと思う。
場所も中心からちょっとだけ外れているので 隠れ家的場所を求めたい方にはいいと思う、といっても店内は日本人が多かったので 日本人社会から離れた夕べを楽しみたい方には向かないなぁ・・・・
店員さんもとても親切、適当に気にかけてくれて 後はほっておいてくれました。
主人がたいへん好印象を持ったのできっと「六甲」での2回目の夕べっていうのが そのうちあるんだろうなぁ・・・・
とにかく嬉しいわ!ベルリンにもとうとうあんなに質のいい居酒屋さんが登場しました。
ぜひぜひがんばって長く存続していただきたいと願うのみであります。

| | コメント (0)

2008年3月 4日 (火)

Currywurst!~レストランじゃないけどね!

Currywurst、カレーヴルスト、あえてカタカナふるとこうなるかな?
Bratwurstを一口大に切ってそこにケチャップに似たソースとカレー粉?をかけて食べるソーセージのことだ。
多分今はドイツのどこででもカレーヴルストが食べられると思うけど、本当の本場はベルリンなのだそうだ。
このあたりのクリスマス市などで私も何回かはカレーヴルストを食べたことはあった。
そして去年の夏、初めてベルリンのカレーヴルストを食べた。
場所はカイザーヴィルヘルム教会の下の露天。
陽気なおばちゃんのお店だった。
「皮がついたのがいいかい?なしがいいかい?」そんな質問初めてだ、かわなしソーセージなんてあんの、ドイツ?何のため?誰のため?
「どっちがおいしいの?」
おばちゃん「人にもよるけど私は皮付きが好き」
「じゃあ皮付きお願い♪」
うちの近所で食べるカレーヴルストは普通のブラートヴルストと同じように炭火(もしくはガス)で焼かれているけど、ここではソーセージが油のしかれた鉄板の上で揚げ物?と見まごうばかりに揚げられて?炒められて?いた。
多分、これ本場ならでは!だから!!

うまい!!!!!!!
私はこのカレーヴルストを食べて以来、うちの近所の催し物などでは一切カレーソーセージを断っている。なぜ?ベルリンでのあれこそがカレーヴルストだ!と思えるからだ!
皮がカリカリにあがっている、とても香ばしい、私からも絶対に皮付きがおすすめ。
焼いているソーセージと・・・、では 油で揚げてある?ソーセージのほうがソースとカレー粉との相性が絶対にいい!

もちはもちやに限る!
ニュルンベルガーソーセージはニュルンベルグへ!チューリンガーヴルストはチューリンゲンへ!
そして、カレーヴルスト食べるなら 絶対ベルリンやでぇ~!!!!!

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

「Dressler」

クーダムの「ストーリー オブ ベルリン」の入っている建物、劇場の並びにあるレストランに行ったのは去年の年末。子供たちをベビーシッターに預け義父母、私と主人の4人で出かけるはずだったのが主人は熱を出して行けれず、少し加減がよくなってきた義父(彼も風邪を引いていた)に義母が熱烈にせがんで(義父はなんといっても義母に弱いの)、結局3人で行ってきました。
この話が出た当初義母は「隣の劇場で観劇した後食事をして帰ったら気分がいいわよ、コメディーが主だから難しくないわ」と観劇もセットで提案してくれたのだけど、ドイツ語でお芝居見てもわからないし、コメディーならなおさら人が笑っているのに私だけ笑えないのはしゃくなので「お芝居を見なくて食事だけならお受けします」とその旨を伝えてたら、それでもOKという返事が来た。

一歩入ったその雰囲気、それほどかしこまる事もなく、しかしおしゃれ。お客さんも男性はネクタイをつけている人がほどんど、もしくはそれないりにおしゃれをしている方ばかり。女性もやりすぎず、すくなからず。
ウエイター、ウエイトレスは白、黒のコンビネーション、蝶ネクタイなので簡単なレストラン・・・というわけではなさそう。
ライトもほの暗く静かで落ち着いた雰囲気の中、食事が始まる。
食前酒は私はカンパリオレンジ、義父はマティーニビアンコ、義母はロッソ、お二人の定番。
前菜に2人はスープを選び、私はなんだか野菜不足の感じだったので、バルサミコソースのルッコラサラダ、ウサギ肉の細切りのせ、というのを注文。
ウサギは鶏肉のように淡白でした。バルサミコでさらにさっぱりといただくことができました。
メインには私と義父は鯛のムニエルと幅の広いヌードル、義母はウサギ肉の薄切りに野菜が巻かれているものの赤ワインソース、を選びました。
魚を選んだ私と義父は白ワイン、義母は赤を注文。何を注文したかは忘れてしまったけれど、私の白ワインは魚と合っておいしかったけど、義父の選んだものは彼には酸味が強すぎ残してました。
料理の量が多すぎ、義父も本調子でないので半身でリタイヤ、私も少し残してしまった、コックさん、すいません。
義母は本当に元気、すべての料理をタラ~っとたいらげ、「デザートはいかが?」と私に勧めてくれる、ならば受けてたとう!!
私が選んだのは「季節の果物のシャーベット」、義母は「クリームブリュレ」とコーヒー、義父は食後酒を注文。
デザートカルテを持ってきてくださった、店のオーナーと見える年配のこれまたおしゃれな女性が このシャーベットの盛り合わせを絶賛し、私に勧めてくれた。
本日すべて果物をこのレストランでプレスして果汁をとりだし作ったという力作らしい。
味は4種類、洋ナシ、カシス、いちご、レモン。
さっぱりして、あまり甘くなくおいしい!隣に座っていた義母も「今度来たら私もそれを注文するわ」とちょっと恨めしげ~
オーナーらしき女性、通りがかりに「どう?」と聞いてくれたので「Sehr Gut」と笑顔で答える。

私たちは7時に予約をしていたので、その当時はそこそこ空いていたけどそのころには満席。

この「Dressler」ベルリンには2店舗あるらしく、一つはここクーダム、もう一つは ウンター
デン リンデンだそうですが、こちらクーダムのほうが古いらしく、義父母はこちらのお店のほうが気に入っているらしいです。
トータル的な感想は、落ち着いていて騒がしくなく、忙しくなく、料理も手が込んでいておいしく、オーナーがかもし出す雰囲気のようにおしゃれで洗練されているなぁ・・・・
義父母が連れて行ってくださるレストランは、いつも雰囲気がいいんですけどね。(彼らが騒がしいこと嫌いで、それなりにおしゃれな場所が好き、チェック厳しいの)
朝は朝食もやっていて、夏はクーダムのほこりにまみれて?外で食事もできるらしい。

今度は主人と2人で来たいなぁ~・・・・・
行きたいこと、食べたいことだらけな私~





| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

「誠」!~ラーメン食べたい!

ラーメンって突然食べたくなる。
ドイツ生活で(デュッセルドルフや大きな都市は別)困ることは突然襲ってくる食欲に対応できる食材をすぐ手に入れることが難しいこと。
わが村の隣町にもアジアショップはあるけどラーメン(ここでいうラーメンは半生の麺のことよ!しかも中華本場の面はちょっと日本人のそれとは違うの)は売ってない、くすん。
で、仕方なく通販で乾麺を買って貯蔵しておいたりするのです。

その日も もともとはベトナム料理を食べに行くのが目的だった私と主人。
U2のRosaーLuxemburg Platzで地下鉄を降り、ちょっぴり小寂しい路地に入った。
ベトナム料理レストランがあるだろう路地に右折しようとするかしないかのそのとき・・・私は出会ってしまった、ラーメン屋さん、「誠」に。
旧東側にラーメン屋さんがある、という話はうわさに聞いていたけど、それ以上わからなかったし調べる手立てもなかったんだけど、まさか、ここで会うとは・・・・・・
「えぇぇぇ~!!ラーメン食べたい・・・・・・」思わず小走りに駆けていき入り口横のメニューを食い入るように見入ってしまった。
結局ベトナム料理レストランに入り食事をした私と主人。そこではビーフンをいただいたけど、タイ料理ほど強くなく しかし適当にスパイシー、お野菜いっぱいヘルシー、おいしかった・・・・・・・にもかかわらず、「ラーメン」への情熱は抑えがたく、主人にはいいわけっぽく「デザートとラーメンって別腹なのよね!知ってた?」とか行って見たりする。

ここで逢ったが百年目・・・・・人生何事も後悔してはならない、ここで食べなかったら次はいつになってしまうことだろう・・・ということで入店。
店内はいっぱい、日本人もドイツ人も!!
それでもさすがに回転の速いラーメン屋さん(箸使いのうまくないドイツ人ばっかだったらそうでもないかもしれない)、15分ほど待って席に案内された。
私の心はチャーシュー麺かワンタンメン♪(でも 今食べてきたばっかよ・・・・・)、腹も身のうち、控えめに行こう。。。。。ということで?その日は味噌ラーメンを注文。
主人、この日はまことに調子に乗らず「ぼくはこの小さい食欲(Klein Appetit)とあるしょうゆにします」(実際次の日から39度近い熱を出した可哀想な彼)を注文。
厨房の中から聞こえるのは日本人の声、やはり日本人の心、ラーメンは日本人が作るのか?!私たちのとなりに座っていたドイツ人カップル、さっきラーメン普通盛りを食べていたのに 次に中華丼のような丼モノが運ばれてきた、さすがドイツ人?ラーメンは前菜ですか?(イタリア料理はスパゲティーは前菜です)
日本のラーメン屋さんよりは若干待っただろうか?でもここはドイツ、そこをチクチク突っ込むつもりはないし、許せる範囲内でラーメンがわれらの前に運ばれてきた。
うれしい、ラーメン屋さんでラーメンって。。。。。いつぶり?日本でもいけなかったわん・・・・
おいしい♪ほかにコメントなし。
主人と私で思いっきり「ズルズルズル~!!!」と豪快にすすっていたのを 隣のドイツ人はちょっと困った顔で見ておりました。ヨーロッパですするのはご法度だけど、ここでは有効でしょう?!

デュッセルドルフには2軒ラーメン屋さんがある(1軒はつぶれたとも聞いているけど)けど
この巨大な都市ベルリンにたった一軒でがんばっている「誠」。
ウィーンもラーメン屋ができたのはここ3、4年ほど前くらいからなので、以外に進出しにくい分野なのかも・・・・・・
次のベルリン訪問は3月のオースター。
チャンスは自ら作るもの。「誠」、再びチャレンジしたい!!

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

日本食レストラン~その1~

ベルリンはたいへん大きな都市なのですべてを把握することは難しいけれど、結婚当初と比べると日本食レストランもどんどん増えてきて、また寿司ブームも手伝って寿司バーや今では回転寿司も珍しくない。日本人として やっぱり問題になってくるのは「経営者」や「調理師」が日本人ではないのに「日本食」「寿司」を売りにしているレストラン。
どうしても何かが違ってしまっている日本食を口にするのはたいへんがっかりした気持ちにさせられる。一概にすべてがすべてそう、だとは言えないけれど・・・・・・

今のところ、わたしの中でベルリンで一番おいしいのではないか?と思う日本食レストランはMarburgerstrasseの「たから」。経営者が何人であるかは不明だけれど(日本人である可能性が高いのですが質問したことはありません)接客は日本人女性です。寿司を握っているのは日本人ではないけど今までベルリン市内でいただいてきた寿司の中で1,2番目においしいと思うし、そのほかの日本食メニューも期待した味ででてきて安心。最近では主人と娘とバレエを見た帰りに寄り、回転すしに挑戦しました。ハッピーアワー内に入ったので12.5ユーロで食べ放題でした、当然もとを取ってきましたよ!
日本では回っていない巻物がいっぱい回ってましたもちろん、握りもどんどんでてきました、どれもおいしかったです。

寿司ならば これはStaeglizにある「Akiko寿司」。以前はWertheim内だけに店を出していたけれど大成功してAhornstrasseにも2号店を出した寿司バーだけれども、以前はベトナム人女性が握っていて しゃりへの力の入れ具合もほどよくたいへんおいしかったのだけど、彼女、店長さんとして出世してしまって 今はどちらのお店も別の東南アジア人が握っていて、以前よりおいしくなくなってしまったように感じるのは、気のせいだろうか?

まだまだ開拓の余地があるベルリンの「日本食レストラン」。
ウィーンでもそうですが、外国の料理をそっくりそのまま別の国に持ち込むのはどうも簡単なことではないみたい。
日本の「定食屋さん」の味がベルリンでいただけるようになるのは いつのことだろう・・・

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

「串の屋」さん~ベルリンのレストラン行脚

ネットでベルリンのレストランの検索をしていたら以外にベルリンのレストラン情報がなく、では私事ではあるけれど我々が訪れたレストランの感想なども踏まえて紹介しちゃったらどうかな、なんて思って新しいカテゴリーに加えて見ました。

「串の屋」さん、Charlottenburg、SーBahnのSavignyーplatz駅すぐそばにある串揚げのレストランです。初めて足を向けたのは2005年大晦日、Deustche Operにてバレエ「眠りの森の美女」を見た後でした。当時の店長さんは松本さんという若い女性、たいへん親切でした。次に行ったのは2006年夏、その後2006年年末にも一度行きました、そのときには店長さんはさらに若い女性に代わっていました。
本店は確か日本の神戸にあるこの串揚げやさん。3回も行ったのはもちろん料理も雰囲気も気に入ったから。私と主人が頼んだのは「串揚げのコース」、前もって「○本」と注文もできるけれど私と主人は毎回「もうこれでストップしてください」という直前申告の形を取ってオーダーしている。肉、魚介類、野菜、練り物など思考を凝らしたあつあつの串揚げがどんどん出てくる。
ソースも4種類ほどあり 一応付けるソースは決められてはいるけれど 自分の好みで好きなソースをつけていただけばよい。コースには わしゃ!っと手でちぎられたとみられるキャベツやだいこんスティック、にんじんスティック、きゅうり、ピーマンなどが盛り付けられたサラダとその日のデザートもついてくる。
このサラダのキャベツ、ほぼ日本のキャベツの食感があり嬉しい!ドイツの当たり前のキャベツはプラスチックでできているのでは?!と見まごうほど光沢がありしかも歯ごたえがありすぎる。ドイツの煮物料理などには適していると思うけどセンキャベツやお好み焼きに使うと「あれ?なんか違う」になる。そのサラダも4種類のソースにお好みでつけていただく。揚げ物のくどさにこのさっぱりしたサラダはたいへんよくあう。
デザート、私は毎回アイスクリームの回に当たるのだけど、あずきとか抹茶とかカルピスとかドイツでは食べることがまず不可能な味のアイスクリームがいただけて、すっかり満足~♪
焼酎や日本酒も種類があって、ゴマ焼酎や黒砂糖焼酎など試しました。
こま焼酎はたいへん気に入ったので2006年日本へ里帰りの際は 3本ほどもってドイツに戻りました。
お値段は少し?お高めだけど、ちょっと雰囲気のいいドイツ語で言うならば「Raffiniert」(日本語訳「洗練された、垢抜けた」)な夕べを過ごしたい方にはお勧め。

2001年結構当初、ベルリンはまだまだ今より全然レストランも国際的じゃなくって、日本料理レストランも日本人以外のアジア人が経営するところが多く、ウィーンの暮らし(といってもたいへん貧乏でしたが、いざというとき駆け込むことができました)と比べたらたいへん不便に感じていたけれど、Reichstagあたりが整備され おととし中央駅ができ、この2,3年でベルリンはめまぐるしく進化をしたと思う。結婚当時探しても探してもなかったベトナム料理レストランだって今じゃあ簡単に見つけられてしまう。
そんな進化し続けるベルリンの主人と私のレストラン行脚、以後続行~

| | コメント (5)