Wein♪ワイン

2010年9月28日 (火)

フランケン地方 Kitzingenに寄り道

イタリアからの帰り道~

ドイツのワイン wine 産地で有名どころのフランケン地方、Kitzingen という小さな村に寄り道。

フランケンは バイエルン州の北一帯、大きな街で言うと Wuerzburg 辺り、
Main河 という川沿いに広がる土地のことを言います。

この辺りのことは またいつかここを訪れるときがありましたら
詳しく説明をいたすこととして・・・・・

Cimg0268

Kitzingenの中心にある教会。
このあたりも バリバリのカトリックです。

うちの近辺の教会とは 色といい造りといい 比べ物にならないくらい豪華。
建築様式はあまり詳しくないのですが・・・・・作られた時代もきっと違うと思う~

町のいたるところにはかわいらしい建物が。 
Cimg0267

Cimg0270

この町のレストランで 昼食タイム。

フランケンワインで名前の知られている葡萄の品種は Silvaner、Bachus, 
Muellerturgau (いずれも白)。
赤も作られてはいますが、極々少数で、特に「これ!」という葡萄の品種もないような・・・

Cimg0271

この日頂いた食事は Reibkuchen、ベルリンではKartoffelpufferとか言われてますが、

ジャガイモを敷き詰めて焼き上げその上にハムとチーズでオーブン焼きされている
料理と

ワインは Roeser という この Kitzingen のワイナリーの Muellerturgau を頂きました。

あいかわらず食べかけの写真でご容赦!

やっぱりそこで取れたお酒はそこで食べる食べ物と相性が一番合うわ♪

おいし。

自宅に野菜を買って帰ろうと 寄ったスーパーにて フランケンワインを物色。
Cimg0272

霊感ヤマ勘第六感にて 3本、フランケンワインを購入してきまして、
先の日曜日頂いたのですが、3本ともおいしかったでしたよ!!

う~ん これは行かねば フランケン!!

| | コメント (2)

2010年9月 9日 (木)

ワイナリー「Galider」を訪問♪ 8月19日 

Brixen を訪れた次は ワイナリーGalider を訪問。

Brixen と このワイナリーと この次に行く村、この辺りの谷は
Eisacktal と呼ばれています。

なので ここで頂くワインは 「Eisacktaler」 アイザック谷の~ といわれます。

Cimg0188

この写真に見える山間を入っていくと 私達の住んでいた Villnoestal
に入っていけます。
雲がたかっているあたりが Geisler Spitze でしょうね~

右側の山に見えているのが この日の朝訪れた Gufidaun

Cimg0189

ワイン畑~♪

Cimg0191
ワイン畑~♪

私達がワインの試飲をしている間 子供達は・・・・
Cimg0185
犬と遊んだり こちらのお子様の遊具であそんだり~

おかげで ゆっくりワインを堪能できましたよ♪

こちらでは白ワインは

2008年 Gewuerztraminer

2008年 Silvaner

赤ワインは

2008年 Blauburgunder

2007年 Klausner Laitacher  

を調達してきました。

このワイナリーは 9月1日から2009年物のワインが販売される、ということで・・・・

私達 ちょっと早かったなぁ~!!

自宅で Gewuerztraminer と Klausner Laitacher を頂きましたが
どちらもおいしかった♪
こちらのワイナリーもリピート間違いなしだワン catface

       

        

| | コメント (2)

2010年8月25日 (水)

Suedtiroler Weinstrasse~南チロルワイン街道を行く♪ 8月16日 その2

この日は Vilnoess を少し南にいったところに在る Kaltern という小さな村の南に位置する Kaltere See という湖を見に行こう!

水辺好きなもんで~

ということで 出発~   したのですが・・・・・

アウトバーンを Bozen (日本では ボルツァーノ という名前で有名ですね)
という大きな街で下りる時の表示に

Suedtiroler Weinstrasse~南チロルワイン街道wine

な~んて 乙なものを発見!

ちょうど 目的地の Kaltere See は そのワイン街道の沿線ということで
延々と広がるワイン畑を眺めながらのドライブとなりました~♪Cimg0012

途中 Kaltern の町で 情報を仕入れ
Kaltere See のそばで お昼ごはん? にアイスクリームを食べて~

ちなみに Kaltere See は リゾート湖でした。

ヨーロッパは湖で泳ぐこともできますが この湖も遊泳OK。
この日 結構暑かったので 水着持って着てたら (持ってきてました、宿までは)
泳げたのにね~

猛烈に残念がる子供達を尻目に・・・・

いざ!!ワイン農家荒らし  狩り     ?

Kaltern の もう少し南に Tramin という村を発見!!

そこはもうまさに パパさんの大好きな Gewuerz traminer

の生まれ故郷 heart04 

・・・・・ということで 足を伸ばしましたが・・・・・

さすが 南ヨーロッパ    snail    しっかりお昼休み取るんですよ~

午後は15時開店とか 17時から開店 とか   そんなんばっか~

も~ さっさと諦め、来た街道沿いにあった Aperto(営業中) と表示のしてある
ワイン農家へ 

Lets go~!

一軒目。
Cimg0014
ワイナリー Manincor

試飲の結果 2009年 Moscato Giallo  と 

2008年 Pinot Blanco, Chardonnay,Sauvignon のCuvee を購入。

Moscato の方は ちょっとシェリーっぽい、
やっぱ 「食前酒としていただいてね♪」  と お店の方もおっしゃってました。

続いて 2件目。Cimg0018

ワイナリー Ritterhof では 3種類のワインがおいしかった 
←ということで買って帰ってきた

2008年 Pinot Grigio イタリアではとても有名な葡萄の種類ですね。

2009年 Gewuerztraminer、 パパさんの好きな葡萄。

2008年 Weinberger Dolomiten Rot という名の Cuvee 赤。

この頃になると パパさん

「僕は運転手だから 口に含むだけで 後は 君の好みで選んで」

な~んて いっておきながら しっかり 自分の好きなものを選んで買ってきてる。

恐るべし、我が夫よ~

どんどん行きましょう~ 続いて 3件目、 ワイナリー Erste+Neue

この頃になると 自分もすっかりいい気分で 写真を撮ることなんて
てんで忘れておりました。

ここでは 

2009年 Chardonnay

2008年 Gewuerytraminer,

2008年 Cabernet をピックアップ。

たぶん このワイン農家が 今日訪ねたワイナリーで 一番私達好みだったかな?

今日試したワイナリーは 全体的に酸味が強い。
もしかしたら この地方の特色なのかも?

この後は Bozen により この地方特産のハムとかチーズを晩御飯に買って
泊まっている農家へ帰りました♪

Bozen は このあたりで一番大きな街だったけど 私にとっては取り立てて
どうという街ではありませんでしたので ここでは特に何も書きません~

ではでは 今宵は この辺りのハムとチーズとを肴にheart01

Cimg0026

Cimg0030

夕映えの Geislerspitze

今日もご苦労様でした。

| | コメント (2)

2010年8月12日 (木)

おいしかったのよ~ん♪

今回は Thueringenの記事は ちょっとお休みしまして  おいしいお話をね♪

ブログ 「酔いどれ夫婦のウチ飲みコレクション」 の のっちさんから頂いたレシピ

ウィッキーさんのナンチャラ~ 

を先週末 金曜日に頂きましたン~♪

Cimg9668

お~すぃ~!!    ヽ(´▽`)/

鳥の皮の部分がトロ~リととろけて とってもおいしかった♪

ガラムマサラがなかったので、今回は ウィーンのトルコやさんで買ってきた
Sumach という 香辛料を入れました。

スパイシーなところも ウチ好み  heart04

のっちさん ありがとう! おいしいご飯 これからも作ってね!

さて。

お相手のワイン・・・・・wine

肉料理だけど 肉が鶏なので 赤を持ってきては たぶん ワインが強すぎるだろう~

と 個性のしっかりした 白ワインをピックアップ。

Cimg9665

Itybera というワイン農家の作った

シチリア特産の葡萄 Cataratto と Vionier という2種類の葡萄が混ざっている
白ワイン  2007年  もちろんシチリア産です。

イタリアワインは 日照時間の関係で やっぱり個性的な味の葡萄が育つのか
白でも とてもパンチがある ワインが多いので

鶏のような 柔らかい味の肉なんかには こういうワインであわせていくと
肉の味も損なわないし ワインもワインの味をちゃんと楽しめるんだなぁ~♪Cimg9666

どんどん出てくる ベビーレタス!
やっぱり自家製取立て野菜サラダも ご一緒にね♪

ということで おいしくいただきました。

| | コメント (4)

2010年8月 2日 (月)

Pizza Sartinbocca と 自家製野菜のサラダ、もちろん ワインもね♪

久々に寝込みました

いやぁ~ 辛かった。木曜日からすごく身体がだるかったんだけど、金曜日の朝に
原因となる病が発病し 週末だってんで 子供達を幼稚園に送り届けてから
病院にすっ飛んでいきました。

Warte Liste で 1時間以上待ったけど ちゃんと診てもらえて 抗生物質処方してもらえて もうすっかり元気になりました!

ということで 土曜日は 復活パーティー♪   ←はやっ

本当は 金曜日の夜に ピザにしたかったんだけど とても 身体が起こせる状態じゃなかったわ・・・・・

でも 土曜日も ピザをこねる(うちにはマシーンがないので手でこねてますの)までには
体力が回復していなかったのか 結構辛ろうございました。

Cimg9646

今年4月10日の記事にも登場したこのピザ、僕ちゃんが大好きなの。

そのときは 私 思い切り名前間違えてました。

このピザは Sartinbocca というそうです   スミマセン~   coldsweats01

ベルリンのOpa、Omaのうちの近くのイタリアレストランに行くと 彼、コレを必ず
注文します。

先々週末の Opaのお誕生日のためのベルリン訪問でも ここのレストランに連れて行ってもらって コレ 頼んでました。

私はそのときは別のもの食べたんですけどね・・・・

あ~ なんか ピザ 食べたいかも~

ってなわけで ピザ!! 皆も好きだからいいじゃないの~

ワインは Kees Kieren さんの 2009年 Findling (白)で。
やっぱ このワインはうまい!!

7月の中旬に子供達と野菜の種をプランタに蒔きました。

その種が順調に育っています♪

Cimg9645   

自家製ベビーレタスとラディッシュのサラダ。

ベビーレタスの種は 5月の里帰りで 調達してきました。

とっても柔らかくって おいしいレタス。

ラディッシュもみずみずしくてほろ苦くっておいしい!!

やっぱ おいしいもの食べたい!!って気持ちは 元気をくれますよね!

お姉ちゃんのいわゆる ドーパミン効果、 ここでも立証!! (笑

| | コメント (2)

2010年7月12日 (月)

赤ワイン「Casale Vecchio」と HOT MAMA NR 14

先々週の週末のご飯です。  ひさびさで~す♪

日本に帰ったときに お友達のBH子ちゃん ←久々に登場♪ から頂いた赤ワイン

「Casale Vecchio」 を頂きました。

のっちさん に続く ワイン物々交換第2弾です!
Cimg9507

Montepulciano dAbruzzo 2008年

Denominazione di controllata、とありますが、これは 普通一本の木に8房の葡萄が
実をつけるところ 2房のみに制限して作られたワイン、ということだそうです。

パパさんに言わせると ドイツで言うところの「Auslese」だそうですが~

そういっちゃあ なんだか 味も素っ気もないじゃないよぉ~

一緒に頂いた食事は 4種類のチーズのピザ。
チーズは 家に残ってたパルミジャーノ、モッツアレラ、エダムともう一種類です、
名前は忘れちゃっです。  ←いつものことですが (汗

今回も ピザ生地から作りました。Cimg9506


赤ワインは うちの好みより ちょっと酸味が強かったかな?

温めるために日向に放置しておいたので ちょっとぬるくなりすぎだった・・・・・ごめんよ~

これはもうちょっと冷たいほうがおいしく飲めたでした。

でも これはこれで とてもおいしかったです。 ありがと~ BH子ちゃん!また物々交換しよう!

やっぱイタリア食には イタリアワイン♪

そして コレコレ!!Cimg9508

うちら夫婦、辛いもの大好きなんですよ。

タイ料理とか 韓国料理とか大好き♪
ドイツ人は 辛いものにあんまり免疫がないので タイレストランでは必ず

「現地人並みの辛さでお願いします」

と注文時に言い足します。

ピサやスパゲティには タバスコしっかりかけるしね~

あるとき ドイツのスーパー「REWE」の広告で見つけたこの香辛料、

その名も     HOT MAMA NR 14  impact

日本でもおなじみの ハバネロというから~い唐辛子が使ってあってね・・・・

辛いです。      ←コソッと伝えているイメージ~    

うちの実家の「あじめこしょう」と匹敵する辛さ!!

辛いもの好きには朗報ですよ、うちはもう手放せません♪

来年の里帰りのお土産は コレに決定だね!!

| | コメント (2)

2010年7月 2日 (金)

厳しいことは言いたくないが・・・・

日本での家族旅行は 八ヶ岳の とある宿泊所にて一泊しました。

そこで晩御飯に 赤ワインを一本注文したのですが

冷蔵庫で冷やされて 赤ワインが出てきました・・・・・ punch パ~ンチ!

日本では コレ 残念なことに たいへんよくある現象なんです down

グラスワインを頼んで 結露のついたグラスに注がれて運ばれてくる分にゃあ
まだ許そう~  いや 許さんか~

しかし このときはボトルでの注文だったので 
○さん、  運ばれてくるボトルをしっかりチェックし
結露が見えるや否や 思い切り 指摘いたしやした。

「常温で置いてあるものと 取り替えて持ってきてください」・・・・   とな~

赤ワインは 常温18度くらいが飲むのに適温とされています。
(これも赤ワインの種類によって違う)
個人差も もちろん ありますね。
私は それよりもちょっと ぬる目の温度で飲むのが好き♪

私が今までに飲んだ赤ワインで 最高に適した温度で出てきたものは
2009年の6月に ウィーンで飲んだ 「Blauefraenkisch」。
あの時の温度は あの赤ワインの味や風味を最大限にしかも効果的に醸し出させていた
温度だったと思う。
どこにでも在るありふれた メニューに載ってるグラスワインのお値段だったので 
特にソレがすごいいいワイン、だったわけじゃあないんだよね。
でも ワインにも飲ませ方にも そのお店のこだわりが伺える、おいしい出会いでした♪

日本のレストランで おいしいワインを、
ワインのおいしさを最大限に生かした状態のワインを飲む、ことは
残念ながら 私には あまり経験ないですなぁ~

折角 料理だっておいしいのだし、ちゃんとしたおいしいワインが備えてあるのだから、
お店がもっとワインのことを勉強して 

料理を引き立てる役割にワインを~

そして 

ワインを引き立てる役割に料理を~

セットアップしていけれるようになれば ますますよろしいのでないのかなぁ?

期待していなかったサッカー日本チームだって あんなにがんばれたんだもの。

これからの日本のワインによる接待の発展に 期待しておりますよ!   ちょっと違うか?

  

 

| | コメント (2)

2010年6月12日 (土)

赤ワイン「Arboleda」☆ お祭り騒ぎに便乗しちゃおう♪

金曜日、お姉ちゃんは午後3時からお友達のお誕生日会へ~

今日からサッカーワールドカップだ~!!

とソレに便乗する形で週末ご飯の計画を立てて 午前中に買い物を済ませちゃって
午後はのんびりサッカー観戦?

な~んて思ってたのに 思い切り 「しょうが」を買い忘れたので お姉ちゃんを送り届けた後 自転車で村のスーパーまでトロトロお買いもの~

さすがに!!

駐車場ガラガラでしたよ~ ←ワールドカップのおかげで?
いつもの金曜日だったら この時間 買い物客でごった返してるのに。

どなたも考えることは一緒?
風は強いものの お天気は上場♪
ワールドカップに便乗して お祭り気分な週末が幕を開けた こちら ドイツでございます。

さてさて・・・・

しょうがで何をしたかったというと~

「鶏レバーワイン煮」

が作りたかったから~    っていうか 食べたかったから♪  

レバーにしょうがはつき物っしょ!!

それもこれも 今夜の主役は 「KIOS 2003」をネットで検索していて出逢った
ブログ「酔いどれ夫婦のうち飲みコレクション」 の 「のっちさん」から
頂いた赤ワイン、

ARBOLEDA MERLOH 2006年 チリ産

が主役だったからです~!!

このワインの大きな特徴は 気の樽で寝かしてあるワインである、ということ。

私達は今まであんまりそれにこだわってきてなかっただけに 

どんなんだろ~♪

 ドーパミン でまくり状態で待ち構える夕餉!!

折角のワインなので はずしちゃいかん! と のっちさんのブログを念入りに研究し
のっちさんのブログより頂いたレシピが上記の「鶏レバーワイン煮」でございました。

自分 石橋を叩き壊してわたる ちょ~堅実タイプなんざんすよ~ これでも~♪Cimg9477_2

お~すぃかったですぅ~♪
鶏レバーワイン煮」、食感はチーズのソレに煮ていてバルサミコがしっかり手綱を引いておりました。
ワインのアテにはぴったり! ←粉山椒なとを振り掛ければ日本酒ともOKだそうですよ!

メインは 夏野菜と鮭のパスタ、そしてサラダ~ っと。

さて・・・頂いた Arboleda は~

う~ん♪ 飲みやすい!

というのが一口目の感想。
飲むごとに 深みを増していくというか どっしり しっかり個性を表現し始めるというか~

木樽の香りがほのかにして ほぼ意識した上での初体験だった我々には

ほほぉ~♪

感嘆のうなり~

今度 隣となり村のワイン商会に出向いたときは、必ず

「木の樽で熟成したワイン」

と注文してみますから!!

のっちさんに 私からは「Nero Davola」 をプレゼントしました。
さすが のっちさん、ワイン好きがうなりそうなご馳走で ワインを頂いてくださいました。
のっちさんの記事はこちら

ワイン交換、意見交換、レシピ交換 ←これは自分はないか?!

楽しかったです♪

ありがと~!!   サッカーは結局とこへいってしまったんだらう?

| | コメント (2)

2010年5月 4日 (火)

5月だ!ワインだ♪ 白アスパラだ♪ サイクリングだ♪

Cimg9181
ドイツは祭日だった5月1日, 我が家はご近所の農家のお祭りまでサイクリング♪

サイクリング自体が ものすごい久しぶり♪最後にしたのは2年前だったっけ?
それもこれも 私の花粉症が出ないおかげです。

お姉ちゃん、この日 初!! 自転車にて遠出です!

お姉ちゃん それまでは家の近所をチンタラ チンタラ~ 乗ってただけでした

先頭はパパさん、パパさんの自転車に付けられた牽引車の中には僕ちゃん、
そしてお姉ちゃん、最後は私 の順番で 休日の交通量の少ない道路を
しかし よく注意しながら 自転車は進みます。

↑乗りながら撮った写真。危ないので真似なさらないように~

Cimg9186

新緑のまぶしい5月、ドイツは温かい日が多かった今年の4月でした。
Cimg9182
目的地の農家のお祭りに無事 到着!
お姉ちゃん、しっかり安全注意して来れました!

自分、日本で 親子サイクリングは愚か サイクリングっていうこともあんまりやったこと
なかったのですが  チャリ飛ばして遊びに行こうぜ~ みたいのはあったけど・・・・

こちらでは 自転車で長距離移動って とっても当然で
電車やバスなんかも 自転車と乗り込んでもOKだし、親子でそれぞれが自転車を
漕ぎながら幼稚園に通ってたり・・・・そんな風景も当たり前~ なんだけど

いかんせん、 やっぱり自分がやったことなかったので 

子供と一緒に自転車に乗る?

みたいな 恐怖感がそれまではありましたが、今回やってみて お姉ちゃんの力量の
ほどを垣間見、これなら これからも サイクリングに出かけられるかな?
なんて 思ったりした私でありました。

でも多分 私一人じゃ~しないと思う、パパと一緒じゃなきゃやっぱり心配・・・・・

さてさて!
話は農家のお祭りへ~

ここでの今日の目的は・・・・・

白アスパラガス~!!Cimg9183

この農家でとれたて新鮮、ドイツのただいまの旬なお野菜でございます。
今年は ドイツも日本と同様 寒暖の差は激しいですが なんせ 4月が温かかったので
アスパラの成長も早かったんでしょうね。
例年なみ?やや早めの お目見えとなりました。

ちょっと太めの白アスパラガスと これもここで取れたての新じゃがを買って
サイクリング隊は 一路 我が家へと~♪

うちでの白アスパラガスの調理の定番は 

生ハム巻き パルメザンチーズかけオーブン焼き~
Cimg9212
↑今回はちょっと生ハムの量が足りんかったです~

ゆでた白アスパラより 風味と味がギュっと中に凝縮されるので うちは もっぱら
この食べ方♪

さてこうなると お供はもちろん 白ワイン♪
一本目は 今年の3月のウィーンで見つけてきた ワイナリーLiegenfeldさんの
Gruenerveltliner
このラベルの色のように フレッシュな味。
白アスパラにもぴったりです。
Cimg9211

2本目は 今日行った農家で見つけてきた パパさんが大好きな葡萄の種類、
Gewuerztraminer、フランケンワインです。Cimg9213
色からして コチラのほうが 濃い ~感じ。

今回は失敗を防ぐために 前もって ちょびっとづつ ワインの味を試しておいたので
順番にも問題なし!

でも このGewuerztraminerは味の割りに値段がしたので 
今回が最初で最後となりそうです~  ワインも一期一会やねぇ~

温かくなってきて日が長くなってきて 最近は白ワインを飲む機会が多くなりました。

ワインにより季節の移ろいを知る~♪

皆様にも よい5月になりますように。

| | コメント (6)

2010年4月10日 (土)

イタリアンなひと時♪

イタリアワインの在庫が切れたので 隣の隣の村のワイン商会まで また車をぶっとばして
買いに行ってきました♪

白ワインは前回のものを再購入、とてもおいしかったんだも~ん♪

「この方向の味が好みだったら コレをぜひ!」

とお店のお兄ちゃんが勧めてくれた一本もゲット!

今回は 特に赤ワインも探したくて その赤ワインとは・・・・

Riojaのようにボディがしっかりしてるけど タンニンは少なくて まろやかで
赤ワインだけでも飲めるような !!
ください~

で、お兄ちゃんが勧めてくれたフランスとイタリアの赤もそれぞれ一本ずつ購入~
この注文に答えられるあんたがすごい!!

・・・・・・ということで 久々に 我が家の晩御飯~Cimg9019
早速買って来たワインの一本をあけました。
ワイナリー Ploznerさん の Friulanoという葡萄から作られた白ワイン。
フローラルな香りっちゅうんでしょうかね、お花のよい香り~

食事は ピッツァ ルスティカーレ。
ピザ生地だけを焼いて その後 その上に ルッコラと生ハムとパルメザンチーズを
のっけただけの いたってシンプルなイタリア料理♪
生ハムとパルメザンチーズは 毎度おなじみの「VINO TESSA」さんより~

飲み物、食事、どちらからも照準を合わせたので 相性バッチリ!!

BUONO~!   ほっぺたクリクリ♪

あ~っというまに 白を飲み干してしまいましたよ!

その後は 赤。
シチリアの Cusumano というワイナリーより Nero Dávola という葡萄の赤ワイン。

さて・・・お兄ちゃんの勧めてくれたワインは 果たして 我々の注文どうり 我々の舌に
あうのかな?Cimg9020

う~ん♪

あまりのうまさに主人 うなった!!

まさに 

しっかりしたボディ しかも タンニンが少なく まろやか そして赤ワインだけでも飲める!!

ワインでありました。

この赤ワインの栓、ガラス製だったんですよ!
あることは知ってましたが、ガラス製の栓がしてあるワインの栓を抜くのは
私達にとっては この瓶が初めて!↑写真参照

お兄ちゃん、見事にミッション達成したね!
この赤、リピート間違いなし☆

| | コメント (10)

より以前の記事一覧